ジェットスター直行便で行く!シンガポールからの週末旅「沖縄」3泊4日

先日、シンガポールからジェットスターの直行便を利用して、 沖縄旅行へ行ってまいりました。

実は、初めての沖縄。定番スポットを中心に、3泊4日で満喫した旅の記録です。

 


フライトの日程&費用


シンガポールと沖縄間の直行便は、現在のところ「ジェットスター(Jetstar)」のみ。月・金・日の週3回、運行されています。

■ シンガポール(SIN) ⇄ 沖縄(OKA)

出発 到着 運航日
SIN発
3K791
02:00 08:10 月/金/日
OKA発
3K792
09:10 13:20 月/金/日

シンガポールからのフライトは午前2時発の深夜便。週末に、前後2日(金曜・月曜)の休みをプラスして、3泊4日の日程で行くことに決定。

■ 直行便なのに格安!ジェットスター航空券

航空券は、ジェットスターの公式サイトから予約。往復・直行便で$425.93は破格!さすがLCC。

ジェットスターのシンガポールー沖縄往復航空券の料金

 


1日目:沖縄到着〜南部


出発当日。

普通に仕事を終え、一度家に戻り、夕食・シャワーを済ませてからでも十分間に合うのが、深夜便の利点。

日付が変わる頃に、ジェットスター便が発着するチャンギ空港のターミナル1に向かいます。

ジェットスター沖縄直行便

離陸後すぐ、眠気に任せて、そのまま就寝。

シンガポールから沖縄までの飛行時間は約5時間。空が白み始めるのが見えると、沖縄はもうすぐです。

■ 元祖おにぎらず!ポークたまごおにぎり本店

那覇空港に到着したのは、午前8時過ぎ。とりあえず国際線ターミナルから国内線ターミナルへバスで移動し、まずは朝食。

空港ビル1Fにある「ポークたまごおにぎり本店」で、今や沖縄名物の一つとなった「スパムおにぎり」の元祖をいただきます。

ポークたまごおにぎり
お店のカウンターにはスパム缶がずらり

腹ごしらえしたら、いよいよ観光に出発!

レンタカー会社で車をピックアップして、空港から南下。1日目は、島の南部を周ります。

■ 世界遺産・琉球王国の聖地「斎場御嶽」

2000年、世界遺産に登録された「斎場御嶽(せーふぁうたき)」

代々、王族の女性が最高神女「聞得大君(きこえおおきみ)」として、国ので神事を執り行ったという琉球王国最高の聖地です。

世界遺産「斎場御嶽」
御嶽内には「イビ」と呼ばれる神域が6カ所

ひんやりとした空気が流れる、うっそうとした森の中。外界とは隔離された神聖な雰囲気が満ち溢れています。

斎場御嶽の三庫理
三庫理

中でも圧巻なのが、二つの巨大な岩が支え合う「三庫理(さんぐーい)。三角に開いた岩と岩の隙間を抜けた奥からは、神の島として崇められた「久高島」が望めます。

■ 高台からの絶景「カフェくるくま」

ランチに寄ったのは、斎場御嶽からほど近い場所にある「カフェくるくま」

外のテラス席から沖縄の美しい海が一望できる、最高のロケーション!

沖縄のカフェくるくまテラス席

絶景ビューを楽しみながら、タイ料理をベースにしたランチに舌鼓。

沖縄のカフェくるくまのタイ料理

■ 世界遺産「首里城」

ランチの後は、ホテルを目指して、島を北上することに。

途中、沖縄のシンボルともいえる「首里城」を観光するため、那覇市内に立ち寄り。

首里城

中国の影響を感じさせる琉球王朝の文化や建築を、興味深く見学しました。

首里城の守礼門
守礼門(左)、正殿の玉座(右)

■ 恩納村「カフーリゾートホテル」に3連泊

その後も北上を続け、沖縄本島の中央部に位置する恩納村(おんなそん)までやってきました。

この海沿いに、今回の沖縄旅で3連泊する「カフーリゾート フチャクホテル&コンド」があります。

カフーリゾートフチャクホテル&コンドのプール
ホテル棟のインフィニティープール

ホテル棟、コンド棟、アネックスの3棟からなるカフーリゾート。宿泊したコンド棟の部屋は、リビングルームに 2つのベットルーム、キッチンを備えた2LDKタイプ

広々としたスペースに、リゾート感のある家具、バルコニーから見える海と、南国ムードたっぷり。

カフーリゾートフチャクホテル&コンド

沖縄中部にあって、南部、北部両方にアクセスできる立地も、大変便利で良かったです。

宿泊料金は、1泊あたり朝食込みで2万8,889円。3泊合計(税込)で約9万3千円ほど。

そのとき一番安かったエクスペディアで予約しましたが、日程によってはAgodaが安いときもあったので、要チェック。

カフーリゾート フチャクホテル&コンド

ランク ★★★★

エリア 恩納村

地図 沖縄県国頭郡恩納村冨着志利福地原246−1

料金目安 2万8000円〜(2名1室)

>> Expediaで空室・料金をチェック

>> agodaで空室・料金をチェック

■ 「琉球BBQ BLUE」で焼肉ディナー

ぶっ通しの移動続きで、さすがに疲れたので、部屋でひと休みした後、ホテル内のレストラン「琉球BBQ BLUE」で夕食。

琉球BBQ Blue

くり抜いたパイナップルの壺で肉を漬け込んでいたり、サンチュや野菜がバスケットで出てきたりと、味はもちろん、プレゼンテーションも素敵なレストランでした。

 


2日目:ドライブで離島めぐり


2日目は、前日にもまして、長距離の移動。

まずは沖縄のお惣菜と鍋が楽しめる朝食ビュッフェで、腹ごしらえ。

本島の東側に浮かぶ「宮城島」から、北部の「古宇利島」まで、海を見ながらのドライブに出かけます。

■ 果報バンタ(ハッピークリフ)

まず、恩納村から島を横断。うるま市の東側から橋で、「平安座島」・「宮城島」へとアイランドホッピング

ハッピークリフ
別名ハッピークリフとも呼ばれる果報バンタ

ぬちまーす観光製塩ファクトリーの敷地内にある、ビューポイント「果報バンタ」

崖の下には、息を飲むほど美しいエメラルドグリーンの海が広がっています。

■ 沖縄そば

うるま市から、今度は一気に北上。今帰仁村の北に位置する離島「古宇利島(こうりじま)」を目指します。

沖縄そば

途中のランチ休憩では、「沖縄そば」を味わいました。

■ 干潮時のみ現れる道「ピュアロード」

沖縄北部に位置する名護市に到着。

先端にある屋我地島(やがじじま)周辺は、透明度の高い遠浅の海が特徴。

干潮時に現れる島への道
屋我地ビーチの「ピュアロード」

偶然にも、ちょうど通りかかったときが干潮の時間帯だったようで、ビーチと向かいの小島をつなぐ道が出現。これは渡らずにはいられません!

途中下車して、急遽、岩島探検となりました。

■ 古宇利大橋

ビーチを後に、さらに屋我地島を進んでいくと、「古宇利大橋」が見えてきました。屋我地島と古宇利島を結ぶ大橋は、全長1960m。

古宇利大橋

『海の上を一直線に伸びる橋を駆け抜ける』、思い描いていた沖縄でのドライブが体験できて大満足でした!

■ 和食レストラン「無垢」

2日目の夕食は、ホテルの離れにある和食レストラン「無垢」でとることに。

「アグー豚のしゃぶしゃぶ」「ゴーヤチャンプル」など、沖縄の食材・メニューを上品の取り入れた日本食を楽しみました。

カフーリゾートフチャクのレストラン無垢

 


3日目:美ら海水族館〜フクギ並木


3日目は、朝から激しい雨。

昨日とは違うレストランで洋食ビュッフェの朝食を取った後、雨脚が弱まるまで、部屋でゆっくりすることに。

小康状態になってきたところで、本部町方面へと車を走らせます。

■ 「沖縄美ら海水族館」でジンベイザメにご対面

まず向かったのは、天気に関係なく楽しめる「沖縄美ら海水族館」。この日は、日曜ということもあり、多くの人がつめかけていました。

沖縄美ら海水族館の大水槽
最大の魚類「ジンベイザメ」

「美ら海水族館」の目玉といえば、高さ8.2m・横幅22.5mを誇る大水槽。1階〜2階を貫く正面のアクリルパネルは、スケールが違います。まるで海の中にいるような臨場感!

ジンベイザメ回遊魚たちが泳いでいる姿を、間近で見ることができます。カメやマンタもいましたよ。

沖縄美ら海水族館カメとクラゲ

■ 備瀬のフクギ並木道

雨がちょうど止んできたころに、水族館の近くにある「備瀬のフクギ並木道」を散策。

備瀬のフクギ並木

両脇にフクギが植えられている小道は、まるで緑のトンネルのよう。雨に濡れたせいで、黒い幹と緑の葉のコントラストが、一層鮮やかに映ります。沖縄のアロハな塀

ハワイアンなサーフボード型の壁があったり、シーサーのお店があったり。

オキナワサンスムージー
ピンクの壁がフォトジェニックな「オキナワサンスムージー」

可愛いお店で、フレッシュスムージを飲んだり。ぶらり歩きにちょうどいい素敵なエリアでした。

■ ナゴパイナップルパーク

名護市で、お土産さがしに寄ったのが「ナゴパイナップルパーク」

ありとあらゆるパイナップル製品が並んでいる店内で、パイナップル・ワインやパイナップル・ちんすこうなどを購入。

ナゴパイナップルパーク
入口にそびえる巨大なパイナップル

パークを出るころには雨もすっかり上がって、気持ちのいい青空に。

沖縄サンセット

ホテルへの帰り道。海沿いを走っているときに、目にした綺麗なサンセット。沖縄滞在、最後の日を締めくくる美しいフィナーレです。

■ 三線の生ライブに踊り出す!居酒屋ぱいかじ

最終日の夕食は、ホテルから徒歩10分ほどの飲食街にある沖縄料理居酒屋「ぱいかじ」へ。

沖縄の台所ぱいかじ恩納本店

食事を楽しんでいると、正面の壇上に色鮮やかな「琉装」に身をつつんだ2人組女性が登場。生ライブが始まりました!

三線を片手に、「涙そうそう」「島唄」などの数曲を熱唱。最後には「カチャーシー」の踊り方をレクチャーされ、みんなが踊り出す展開に!

最後の最後まで、沖縄を楽しむことができました。

 


4日目は、早朝にホテルを出て、午前9時10分の便で帰国の途に。シンガポールには午後1時すぎに着きました。

このとき沖縄で買ったシーサーは今、我が家の玄関を守ってくれています。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ