【2023年】シンガポール観光名所「マリーナベイサンズ」でできること

※ 記事内に広告を含む場合があります

今やシンガポールを代表するランドマークとなった「マリーナベイサンズ」

高級ブランドが集まるショッピングモール、セレブリティシェフのレストラン、施設内で体験できるアクティビティ、一攫千金のカジノなど、宿泊する人もしない人も楽しめる巨大施設を徹底解説

夕暮れのマリーナベイサンズ

ガイドブックには載っていない、お得な情報も必見です!

 


マリーナベイサンズの基本情報


■ MRT最寄駅「ベイフロント駅」直結

マリーナベイサンズの最寄駅は、ダウンタウン線(青色)もしくはサークル線(黄色)のベイフロント(Bayfront)駅

MRT(地下鉄沿線には、他にマリーナベイ(Marina Bay)駅が別にあって紛らわしいのですが、こちらは港の方に行ってしまうので間違えないようにご注意を。

マリーナベイサンズやガーデンズ・バイ・ザ・ベイのMRT最寄駅「ベイフロント(Bayfront)駅」

マリーナベイサンズの入口は、駅の改札からすぐ。地下で直結しています。

 

■ マリーナベイサンズのフロアマップ

マリーナベイサンズは、ホテルだけでなく、ショッピングモール・カジノ・会議場・劇場からなる大型複合施設

シンガポールのランドマーク「マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)」正面

ホテルとショッピングモール(ザ・ショップス)は、道路を挟んだ別々の建物で、地下通路で行き来するようになっています。

また、3棟のタワーからなるホテルに関しては、タワーが違うと同じ階でも行き来ができません。各タワー専用のエレベーターを使う必要があります。

マリーナベイサンズのフロアマップ

マリーナベイサンズに行く前に、

  • ホテル側に行きたいのか、ザ・ショップス側に行きたいのか
  • ホテル内の屋上レストラン&バーに行く場合、3つあるタワーのどの棟にあるのか。

をチェックしておきましょう。

ちなみにホテルは、船の穂先の方向がタワー3、船尾の方向がタワー1です。

 


ホテルからカジノまで!巨大複合施設


■ シンガポール人気No.1「ホテル」

シンガポール旅行で、『一度は泊まってみたいホテル』として、不動の人気を誇る「マリーナベイサンズ」

宿泊者しか入れないインフィニティプールなど話題の尽きないホテルですが、今回のテーマは観光スポットとしての「マリーナベイサンズ」

宿泊者しなくても楽しめるホテル以外の部分に光をあてて、全貌をご紹介いたします。

Marina Bay Sands

★★★★★

地図 10 Bayfront Ave, Singapore 018956

エリア マリーナ(ベイフロント駅直結)

空室・料金チェック

Agoda Expedia Booking

 

■ 56階の展望デッキ「スカイパーク」

マリーナベイサンズの56階に位置する展望デッキ「スカイパーク」

マリーナ湾やシンガポールの街並み、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、シンガポール海峡と、シンガポールの絶景を大パノラマで見渡すことができます。

マリーナベイサンズ56階にある展望デッキ「スカイパーク(Skypark)」
© Marina Bay Sands

「スカイパーク展望台」へ行くには、

  1. ホテルのタワー3ロビーの端から一旦外に出る
  2. 左手側に見える専用階段で、B1階のチケットカウンター&入口へ。
  3. 地下1階の専用エレベーターで56階へ向かう

マリーナベイサンズの展望デッキ「スカイパーク」へはタワー3の外にある専用通路から地下へ

料金
大人 $26
子供(2〜12歳)・学生・シニア(65歳以上)等割引 $22
ファミリーパッケージ(大人2名+子供2名) $74

スカイパークのオープンは、午前11時から午後21時まで。午後5時以降の入場には、時間帯指定の予約が必要なので要注意。

 

■ ショッピングモール「ザ・ショップス」

ホテルタワーとは分かれた、低層建物の大部分を占めるのが「ザ・ショップス・アット・マリーナベイサンズ」

世界中のブランドやセレクトショップ、レストラン約300店が集まるショッピングモールになります。

ザ・ショップス・アット・マリーナベイサンズ

ルイ・ヴィトンやシャネル、エルメス、カルティエなどの高級ブランドから、シンガポール土産として人気のTWGバシャコーヒーまで、人気店がズラリ。

ほとんどの店舗が夜23時まで営業しているので、ディナー後にお買い物ができるのも嬉しいポイント。

 

■ シンガポール最大の「カジノ」

シンガポール最大・最高級カジノを併設しているマリーナベイサンズ。

4フロア・総面積15,000平方メートル超えるカジノフロアには、約600台のテーブルゲーム・2,300台のスロットマシーンがあり、バラエティ豊かなゲームを楽しむことができます。

シンガポール最大級!マリーナベイサンズのカジノ
© Marina Bay Sands

外国人(非シンガポール居住者)がカジノに入場するには、パスポートが必要。また、21歳未満の未成年者は入場不可。カジノ内での写真撮影は禁止。

 

■ 「アートサイエンス・ミュージアム」

「アート、文化、科学・テクノロジーの融合」をテーマに、数多くのユニークな展示を実施している「アートサイエンス・ミュージアム」

蓮の花を思わせる外観が、ひときわ目を引くマリーナベイサンズ併設の美術館です。

アートサイエンスミュージアム
© Marina Bay Sands / © teamLabo

日本のアート集団「teamLab」が作り上げたフォトジェニックなデジタルワールドが体験できる『Future World』が常設展として人気を集めています。

 


買い物:王道のシンガポール土産


■ 高級紅茶ブランド「TWG」

シンガポール発祥の高級紅茶ブランドTWG

TWGの外観

キラキラとゴールドに輝くゴージャスな店舗には、さまざまな種類の紅茶缶・ティーバッグ・お菓子(マカロン・クッキー・スコーンなど)が、並んでいます。

高級感溢れるパッケージは、大切な人のお土産や自分へのご褒美にぴったり。

シンガポール発の高級紅茶ブランド「TWG」の商品ラインナップ
© TWG

マリーナベイサンズには、2店舗を構えています。

  • B1階(#B1-122/125):ブティック(物販)&ティーサロン
  • B2階(B2-65/68A)):ティーサロンのみ

 

■ コーヒー専門店「バシャコーヒー」

TWGの姉妹ブランドとして、人気急上昇なのがバシャコーヒー

20世紀初頭、モロッコの宮殿で愛されたカフェ文化を、現代によみがえらせたコーヒー専門店です。

「バシャコーヒー(Bacha Coffee)」高島屋B2階のブティック

芳醇なコーヒーの香りが漂う店内には、生産国35カ国から200種類以上のコーヒーがラインナップ。

シンガポール土産として人気急上昇中の「バシャコーヒー(Bacha Coffee)」
© Bacha Coffee

ブティックの隣には、ゴージャスなコーヒールームが併設。優雅なアフタヌーンコーヒーを楽しむことができます。

 


グルメ:シンガポールの人気店が集結


■ シンガポール名物・有名レストラン

レストランも充実しているマリーナベイサンズ。セレブリティ・シェフが率いる高級ダイニングから、シンガポール名物グルメまで、選りどりみどり。

ジュエル(Jewel)でチリクラブを食べるなら「ジャンボ・シーフード(Jumbo Seafood)」#03-202/203/204

【チリクラブ】

ジャンボ・シーフード

ザ・ショップスB1階 #B1-01B

ジュエル(Jewel)で小籠包を食べるなら「鼎泰豊(Din Tai Fung)」#03-214

【小籠包】

鼎泰豊

ザ・ショップスB1階 #B1-01

「インペリアル・トレジャー(Imperial Treasure)」の北京ダック

【北京ダック】

インペリアル・トレジャー

ザ・ショップス2階 #L2-04

シンガポールでチェーン展開するパン屋さん「トーストボックス(Toast Box)」のカヤトースト

【カヤトースト】

トーストボックス

ザ・ショップスB1階 #B1-01E

TWGのアフタヌーンティー

【アフタヌーンティー】

TWG

ザ・ショップスB1階 #B1-122 / B2階 #B2-65

 

■ フードコート「ラサプラ・マスターズ」

ショッピングモール北側の突き当りにあるフードコート「ラサプラ・マスターズ」

マリーナベイサンズのフードコート「ラサプラ・マスターズ(Rasapura Masters)」

シンガポール料理だけでなく、中国、マレーシア、インド、そして日本や韓国など、アジア各国の料理を、リーズナブルな値段で味わうことができます。

朝10時から夜23時までオープン。

Rasapura Masters

場所ザ・ショップスB2階 #B2-50

 

■ 続々オープン!人気のおしゃれカフェ

マリーナベイサンズには、シンガポールの人気カフェが集結。

前述した「TWG」や「バシャ・コーヒー」のカフェスペースでは、アフタヌーンティーが楽しめます。

ラルフローレンがプロデュースする「ラルフズ・コーヒー(Ralph's Coffee)」
ラルフズ・コーヒー

ラルフローレンがプロデュースする「ラルフズ・コーヒー」や、日本のコーヒーブランド% Arabica

「ピーエス・カフェ(PS.Cafe)」マリーナベイサンズ店
運河の上にある「PS.カフェ」

そして、シンガポールのおしゃれカフェ番長PS.カフェも、ついにマリーナベイサンズに登場。

行きたいところがありすぎて、1日では足りません!

     

    ■ 天空のルーフトップバー

    マリーナベイサンズに来たのなら、最上階へ行ってみたくありませんか?

    56階の展望台「スカイパーク」よりも高い、57階には3つのルーフトップ・バー&ダイニングがあります。

    • CÉ LA VI (セラヴィ):ホテルタワー3、57階
    • Spago(スパゴ):ホテルタワー2、57階 
    • LAVO(ラヴォ):ホテルタワー1、57階 

    Spagoインフィニティープールを望むソファーシート

    一番のおすすめは、インフィニティプールの真横に位置するSpagoラウンジのテラス席からは、宿泊者しか入れないプールがバッチリ見えます。

    最高のロケーションで、シンガポールに乾杯!

     


    遊ぶ:ショー&アクティビティー


    ■ 毎日開催!光と水のショー「スペクトラ」

    毎夜、マリーナベイサンズで開催されている『スペクトラ ー 光と水のシンフォニー』

    水上を舞う噴水に、レーザー光線・プロジェクションマッピングを駆使した華麗なショーです。

    マリーナベイサンズの光と水のショー「スペクトラ」

    場所は、マリーナベイ側に面した外の広場「イベントプラザ」入場無料

    Spectra

    日時日~木:20時・21時、 金・土:20時・21時・22時

    場所イベントプラザ

    料金無料

     

    ■ モール内の運河を巡る「サンパンライド」

    マリーナベイサンズのショッピングモール内には、人工の運河と橋があり、まるでベネチアのような雰囲気

    マリーナベイサンズの人工運河を巡る「サンパンライド(Sampan Ride)」

    「サンパンライド」とは、東南アジア伝統の小型船「サンパン」に乗って、この運河を巡るアトラクション。約20分、ゆったりとした船旅が楽しめます。

    Sampan Ride

    日時毎日11時~21時

    場所ザ・ショップスB2階

    料金$13

     

    ■ 「デジタルライト・キャンバス」

    日本のクリエイティブ集団「チームラボ」監修、最先端のデジタルを使った「デジタルライト・キャンバス」

    チームラボ監修!マリーナベイサンズ地下2階で体験できる「デジタルライト・キャンバス(Digital Light Canvas)」

    頭上に輝くシャンデリアと、足元に広がる床一面を舞台に、自分の動きによって、花や魚たちに命を吹き込むというインタラクティブなアートが体験できます。

    場所はショッピングモールB2階、フードコート「ラサプラ・マスターズ」の横にある広場。

    Digital Light Canvas

    日時毎日11時~21時

    場所ザ・ショップスB2階 #B2-50

    料金$10

     

    ■ 天井からの大放水「レイン・オキュルス」

    アーティスト、ネッド・カーン(Ned Kahn)により制作されたインスタレーション「レイン・オキュルス」

    時間になると、天井ドームから水が放出される「レイン・オキュルス(Rain Oculus)」

    時間になると、直径22メートルの天井ドームに溜まった雨水が、毎分2万2,000リットルの勢いで放水されます。中国の風水的にも大変縁起が良いパワースポットです。

    Rain Oculus

    日時毎日10時、13時、15時、17時、20時、21時半、23時

    場所ザ・ショップスB2階

     


    癒やし:スパ&マッサージ


    ■ 極上の「バンヤンツリー・スパ」

    マリーナベイ・サンズの55階にある「バンヤンツリー・スパ」

    オリエンタル風のウォーターガーデンや、プライベートルームを備えた空間で、ボディマッサージやフェイシャルトリートメントなど、幅広いスパメニューを提供。

    マリーナベイサンズ55階にある「バンヤンツリー・スパ(Banyan Tree Spa)」のトリートメント・ルーム

    五感を解き放ち、心身をゆったりと癒す極上のひとときを過ごせます。

    Banyan Tree Spa

    場所ホテルタワー1、55階

    サイトbanyan-tree-spa.html

     

    ■ 在住日本人御用達「ネイチャーランド」

    シンガポール国内で11店舗を展開するネイチャーランド。店内は清潔で、リゾート感溢れる清潔な店内と、リーズナブルな料金設定で、在住日本人御用達のスパ&マッサージ店。

    フットリフレクソロジーから、ボディ・マッサージまで、豊富なメニューが揃っています。

    Natureland

    場所ザ・ショップスB1階、B1-149

    関連記事下記をチェック

     

    ■ 日の出を独り占め「スカイパーク・ヨガ」

    マリーナベイサンズ56階の「スカイパーク」は、シンガポールの摩天楼を一望できるスポットとして、観光客に大人気。

    営業時間前、まだ誰もいない展望デッキで午前7時から開催されているのが、「スカイパーク・ヨガ」

    ヴァージン・アクティブ主催!早朝のスカイパークで体験する「天空のヨガ」
    © Marina Bay Sands

    ちょうど昇り始める太陽の光を浴びながらの早朝ヨガは、一生に一度の体験。

    各回45分間、初心者から上級者まで楽しめる内容になっています。3日前までに要予約。

    Skypark Yoga

    日時木〜日、午前7時

    場所ホテルタワー3、56階スカイパーク

    料金$30

     


    裏ワザ:特定の曜日・時間を狙え!


    ■ サンズの会員プログラムで、割引ゲット

    マリーナベイサンズのサンズリワード・ライフスタイルは、サンズ内のホテル・ショップ・レストランを利用する際に、ポイント(Destination Dollars)や特典が受けられる会員プログラム

    マリーナベイサンズの会員プログラム「サンズリワード・ライフスタイル」

    特に、会員なら下記アトラクションの料金が30%割引になる特典は見逃せません。

    • スカイパーク
    • デジタルライト・キャンバス
    • サンパンライド
    • アートサイエンス・ミュージアム
    • スカイパーク・ヨガ

    会員登録は、オンライン(Web・アプリ)もしくはサンズ内にあるカウンターへ。即時発行で即利用可能!

    Sands Rewards Lifestyle

     

    ■ カクテルが半額「ソーシャルアワー」

    毎週火曜日、サンズ内の11店舗が実施しているソーシャルアワー午後18時〜21時の間、各店の自慢の特製カクテルがなんと半額でいただけます。

    特製カクテルが半額になる「ソーシャルアワー(Social Hour)」
    © Marina Bay Sands

    SpagoやLavoも対象なので、屋上のルーフトップバーに行くなら、この時間が狙い目です。

    Social Hour

    日時火曜日18時〜21時

    サイトsocial-hour.html

     

    ■ CÉ LA VIの「レディースナイト」

    マリーナベイサンズの最上階に位置する「CÉ LA VI」は、シンガポールで圧倒的な人気を誇るクラブラウンジ。

    マリーナベイサンズ57階のルーフトップバー「セラヴィ(CÉ LA VI)」
    © Marina Bay Sands

    毎週水曜日22時〜24時からの「レディースナイト」では、女性は入場無料&ワンドリンクサービスという太っ腹なサービス。

    クラブが苦手でも、ちょっと無料で屋上へ登る&ワンドリンク飲むだけでも十分価値あるので、女性陣は是非活用してみて。ただし男性には$38のカバーチャージ(ワンドリンク込)がかかるので、ご留意ください。

    Ladies Night Special

    日時水曜日22時〜24時

    場所CÉ LA VI(ホテルタワー3、57階)

    サイトce-la-vi-club-lounge.html

     


    お得に泊まるならHISのツアー


    ■ 最終日だけマリーナベイサンズ泊

    ショッピングからグルメ、ショーやアクティビティまで、すべてが揃っているマリーナベイサンズ。

    『泊まってみたいけど、予算がない』とあきらめかけていた人に朗報です。HISのツアーなら、最終日だけマリーナベイサンズに泊まるプランもあり。航空券とホテルがセットになって、このお値段はお得です。

    【東京発】

    【関西発】

    Marina Bay Sands

    ★★★★★

    地図 10 Bayfront Ave, Singapore 018956

    エリア マリーナ(ベイフロント駅直結)

    空室・料金チェック

    Agoda Expedia Booking
    にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ