「セントーサ島」ワクワクが止まらない!シンガポールの楽園リゾート

シロソビーチのオブジェ
シロソビーチのオブジェ

シンガポールの南端に位置する小さな島「セントーサ」。テーマパークやカジノ、ビーチリゾートなどが集まった、エンターテイメントの一大拠点です。

市街地から車や電車で、たったの20〜30分。

面倒なフェリーの予約や出国手続きも不要。『思い立ったらすぐ行ける』リゾートアイランドです。

 


セントーサ島へのアクセス


セントーサ島に行くには、様々な交通手段(タクシー・ケーブルカー・バス・徒歩etc)があります。

料金・時間・乗り場
徒歩(ボードウォーク) 無料
24時間
MRTハーバーフロント駅直結のショッピングモール「Vivo City」1F(ロビーF)からボードウォークへ。通常一人1ドルの入島料が2020年12月31日まで無料。
バス(RWS8) $1
6:00〜23:30
MRTハーバーフロント駅のC出口近くのバス停(14141)から乗車。
セントーサエクスプレス(モノレール) $4
7:00〜24:00
MRTハーバーフロント駅直結のショッピングモール「Vivo City」3F(ロビーL)にあるモノレール乗り場へ。
タクシー 乗車料金+入島料$2〜6(1台)
24時間
入島料は時間によって異なる。
ケーブルカー 大人$33/子供$22
8:45〜22:00(受付は21:30まで)
MRTハーバーフロント駅の出口BからハーバーフロントタワーIIにあるケーブルカー乗り場へ。

ここでは電車にしぼって説明します。

①MRTでハーバーフロント駅へMRTのHarbourFront駅セントーサ島への入口となるハーバーフロント(HarbourFront)駅へは、MRTのノースイースト線(紫色)もしくはサークル線(黄色)

 

②セントーサ・エクスプレスのりばへ

ハーバーフロント駅のE出口から直結しているショッピングモール「Vivo City」へ向かいます。Vivo Cityに直結するE出口そこから表示にしたがって、エスカレーターでVivo City3階にあるセントーサ・エクスプレスのりばへ。

案内表示
案内表示が至るところにあるので分かりやすい

 

③チケット売り場

Vivo City3階のチケット売り場セントーサ・エクスプレスの入口改札とは反対側にあるチケット売り場。

初めての人は、ここがセントーサ・エクスプレスの窓口かと思って、訳のわからないまま列に加わってしまう人も多いのですが、ここで売っているのは「FUN Day Pass」(詳細は→こちら

セントーサで楽しめる有料アクティビティがセットになった一日券や二日券です。

FUN Passのアクティビティ
クリックで拡大表示 © Sentosa

ユニバーサル・スタジオやシーアクアリウムなどのテーマパークへ行く場合、ここで入場券を買うこともできますが、各施設の窓口で購入することも可能です。

その場合、セントーサ・エクスプレスのチケットだけを自動券売機で買いましょう。

 

④セントーサ・エクスプレスでセントーサ島へセントーサ・エクスプレスの改札セントーサ・エクスプレスは、シンガポール本島とセントーサ島を結ぶモノレール。駅の数はトータル4駅。終点のビーチ駅まで行くのに、片道10分もかかりません。

セントーサ・エクスプレスの駅

 


ユニバーサル・スタジオ・シンガポール


巨大な地球儀のシンボルセントーサ・エクスプレスの最初の駅、ウォーターフロント(Waterfront)駅にあるのが「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」

子供連れ、家族連れだけでなく、大人も楽しめるハリウッド映画のテーマパークは、セントーサ島で一番人気のスポットです。

日本にはないアトラクションもあるので、目一杯楽しんでください!

[Universal Studio Singapore]

8 Sentosa Gateway, Sentosa Island, Singapore 098269

 


セントーサの巨大マーライオン


ユニバーサルスタジオのゲート前広場から、南に延びる大階段(Festive Walk)を進むと、その先に見えてくるのが「セントーサ・マーライオン」

高さ37mの巨大なマーライオンが、セントーサ島全体を見下ろすようにそびえています。頭部に展望台からは、マリーナベイの高層ビル群を望むことができます。

セントーサマーライオン
夜になると目からビームが!

マーライオン像のすぐ横は、セントーサ・エクスプレスのインビア(Imbiah)駅。アクセスも簡単です。

[Sentosa Merlion]

30 Imbiah Rd, Singapore 098676
http://merlion.sentosa.com.sg/

 


ビーチでサンセットディナー


セントーサ・エクスプレスの終着点は、島の南端部分にあるビーチ(Beach)駅

目の前に海と砂浜が広がり、リゾートムード満点のエリアです。

セントーサ島パラワンビーチ
パラワンビーチ

ビーチ沿いには、おしゃれなレストラン・カフェやバーが並んでいるので、冷たいドリンクを飲みながら遊び疲れた身体をクールダウン。

セントーサ島にあるビーチカフェCoastes
シロソビーチにある人気カフェ「Coastes
セントーサ島タンジョンビーチクラブ
最先端ビーチクラブ「Tanjong Beach Club

午後7時前後のサンセットを見ながらのディナーは、セントーサ島での一日を締めくくるのに最高です。

セントーサでのサンセット
タンジョンビーチに沈む太陽

 


シンガポールから一番身近な日帰りリゾート・アイランド「セントーサ」。

もし、シンガポール滞在日数が3日間あれば、セントーサでの1日をプランに組み込んでみるのは、いかがでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ