「チャイナタウン」食の宝庫!シンガポールのB級グルメを食べ尽くせ

赤いショップハウスとランタンシンガポールを代表する観光名所「チャイナタウン」。

近代的な高層ビルが立ち並ぶビジネス街(CBD)のすぐそばにありながら、古き良き時代の雰囲気を残すエリア。

地元の人たちに長く愛されてきたB級グルメ、イタ気持ちいい足つぼマッサージ中国雑貨のお土産など、チャイナタウンを120%満喫する方法を伝授します!

 


シンガポールのチャイナタウンへのアクセス


チャイナタウン(Chinatown)駅へは、MRTのダウンタウン線(青色)もしくはノースイースト線(紫色)で行くことができます。

チャイナタウン入口

駅のA出口から上がると、そこがチャイナタウンの中心地「パゴダ・ストリート」です。

 


チャイナタウンでシンガポールのお土産探し


■ チャイナタウンの大通り「パゴダストリート」

いつも多くの観光客で賑わっている「パゴダ・ストリート(Pagoda St)」は、チャイナタウンのメインストリート

チャイナタウンのメイン通り「パゴダストリート」

チャイナタウンのカラフルなショップハウス通りの両脇に軒を連ねるのは、ショップハウスと呼ばれる伝統的な家屋。色とりどりのカラフルな街並みが、目を楽しませてくれます。

■ 中国雑貨をショッピング

ショップハウスの1階に、ズラリと並ぶお土産屋さん。

チャイナタウンで売っている中国雑貨や食品類

茶器やお箸、ランチョンマットといった雑貨から、チャイナドレスや扇子、中華食材や漢方薬、はたまたアンティークと、チープなものから高級品までピンきりの品揃え。

チャイナタウンにある中国アンティークのお店

シンガポール土産を物色しながら、パゴダ・ストリートを進んでいきましょう。

 


チャイナタウンの観光スポット


■ ヒンドゥー寺院「スリ・マリアマン寺院」

パゴダ・ストリートの突き当たり、T字路の一角にあるのが、「スリ・マリアマン寺院」

無数のヒンドゥーの神々で飾られた極彩色の塔門が、チャイナタウンのど真ん中で異彩を放っています。

シンガポール最古のヒンドゥー寺院「スリ・マリアマン寺院」
インド南部ドラヴィダ様式の建築

入場は無料。ただ写真やビデオで撮影する場合のみ、撮影料が必要。

寺院内は土足厳禁なので、入口の横で靴を脱いでから入場しましょう。

 

■ 絢爛豪華な「新加坡佛牙寺龍華院」

スリ・マリアマン寺院の角を右手に曲がり、しばらく進むと見えてくる巨大な赤い仏閣。これが仏陀の歯を祀るために建てられた「新加坡佛牙寺龍華院」

新加坡佛牙寺龍華院金と赤で彩られた寺院内部の豪華な装飾は圧巻の一言。
佛牙寺の内部

Buddha Tooth Relic Temple and Museum

 


チャイナタウンでシンガポールB級グルメを食い倒れ


■ ホーカーズのNo.1チキンライス「天天」

佛牙寺が面する道路の向かい側に位置するマックスウェル・フードセンターは、ローカルフードが一堂に集まるホーカーズ(屋台街)。

シンガポールで有名なホーカーズ「マックスウェル・フードセンター」
約100軒ものホーカーが集まるマックスウェル

ここで一番人気の天天海南鶏飯は、現地のグルメ通によってNo.1に選ばれたチキンライス専門店。

天天の名物チキンライス
天天特製のソースが絡む柔らかなチキン

ランチタイムにできる長い列は、もはやマックスウェル名物

『これを食べずして、シンガポールを去ることなかれ!』

シンガポールの国民食チキンライスを、地元ローカルに混じってご賞味あれ。

天天海南鶏飯(Tian Tian Hainanese Chicken Rice)

■ エリザベス女王も訪れた中国茶館「茶渕」

マックスウェル・フードセンターからほど近い茶渕(ティーチャプター)は、英女王エリザベス2世も訪れたこともある由緒ある中国茶館

1階は茶葉や茶器の販売、2〜3階がティーサロンになっています。
お茶と点心カフェでは、中国の伝統的な「茶芸(Tea Ceremony)」をやり方を教わりながら、中国茶がいただけます。

Tea Chapter(茶渕)

■ エッグタルトの老舗店「東興」

東興のエッグタルト食後のデザートに「東興」のエッグタルト(1個$1.7)を買い食い。

外はサクサク、中はトロトロ。甘さ控えめなので、ペロッと食べられます。

■「味香園」のスノーアイス(かき氷)

メインストリートの1本隣に伸びるテンプルストリートに位置する老舗甘味処味香園

名物スノーアイスのフレーバーは、なんと20種類以上!

南国フルーツの代名詞マンゴーの風味を閉じ込めた「マンゴー・スノーアイス」が一番人気。

チャイナタウンの老舗甘味処「味香園」のスノーアイス

かき氷よりもキメ細かくて、口に入れた瞬間、フワっと溶ける新食感。シンガポールの暑さを吹き飛ばすのに最適なデザートです。

Mei Heong Yuen Dessert(味香園)

 


チャイナタウンのおすすめマッサージ


チャイナタウンといえば、忘れてはならないのがマッサージ。

観光で歩き疲れた足には、足裏からふくらはぎ全体を揉みほぐす中国式フット・リフレクソロジーが効果てきめん!

■ 激安「テオチュウミン・リフレクソロジーセンター」

チャイナタウンの駅前に建つ「ピープルズパーク・コンプレックス」は、超ローカルな雰囲気漂う古いショッピングセンター。

シンガポールのチャイナタウンのおすすめマッサージ店「テオチュウミン・リフレクソロジー・センター」

数多くのマッサージ店が集まっていることで有名な3階フロアの中でも、ひときわ人気を集めているのが「テオチュウミン・リフレクソロジーセンター」

「テオチュウミン・リフレクソロジー・センター」の料金メニューと店内

45分のフットマッサージが、$18という激安価格。

店内は雑然としていますが、マッサージ師さんの技術はピカイチ。

TeoChew Meng Reflexology Centre

■ 旅行者も気軽に入れる「バス・カルチャー・フットセラピー」

ローカル過ぎるところに、ちょっと抵抗を感じる人には、「バス・カルチャー・フットセラピー(足浴閣)」がおすすめ。

シンガポールのチャイナタウンのおすすめマッサージ店「バス・カルチャー・フットセラピー」

料金は、1時間のフットマッサージが$48とシンガポールでは標準的なお値段。

中国風のオリエンタルなインテリアで纏められた綺麗な店内。暗めの照明と、お茶のサービスなど、リラックスして施術を受けられます。

「バス・カルチャー・フットセラピー」のお茶のサービス

深夜12時と、夜遅くまでやっているのもポイント。

Bath Culture Foot Therapy

 


立地・コスパ良し!チャイナタウン周辺ホテル


■ ポルセリンホテル

チャイナタウンのメインストリートの一つ隣の通りに面する「ポルセリンホテル」

チャイナタウン駅まで徒歩2分

乗り入れている2つの沿線を使えば、ダウンタウン線(青色)でマリーナベイサンズへは3駅、アラブストリートへは5駅、ノースイースト線(紫色)で3駅と、乗り換えなしで行けるという抜群のアクセス

ポルセインホテルの部屋(エグゼクティブクイーン)
© Porcelain Hotel

コンパクトながら、必要なものが揃った清潔な部屋。シンガポールでは貴重な1万円前後というホテル代金。

アクティブな行動派一人旅リピーターに支持されているホテルです。

Porcelain Hotel Singapore

ランク ★★

エリア チャイナタウン(チャイナタウン駅まで徒歩約2分)

地図 48 Mosque St, Singapore 059526

料金目安 8000円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

 


シンガポールで絶対見逃せないグルメの宝庫「チャイナタウン」。だいたいの所要時間は3時間くらい。お腹を空かせて、食い倒れツアーに出発しよう!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ