天天だけじゃない!シンガポール庶民派ホーカーズ「マックスウェル」

[更新] 改稿・4店追加

シンガポールで一番有名なホーカーズといえば、「マックスウェル・フードセンター(Maxwell Food Centre)」

朝から晩まで、いつも大勢の観光客と地元客で賑わっています。

マックスウェルフードセンター外観

ただ多くの旅行者にとって、『マックスウェル=天天海南鶏飯』というイメージ。ガイドブックに載っている天天」のチキンライスだけを食べて、帰ってしまいます…。

『なんて勿体ない!』

実は「マックスウェル・フードセンター」は、天天以外にも人気ストールが目白押し。

そこで今回はマックスウェルで食べるべき」絶品ローカルフードを大特集!

$10もあれば胃袋を満たしてくれる庶民の台所で、B級グルメを食べ尽くします。

 


マックスウェル・フードセンターへの行き方


「マックスウェル・フードセンター」があるのは、チャイナタウンの端。

チャイナタウン駅もしくはタンジョンパガー駅から徒歩で10分前後くらいでしょうか。

旅行者の場合、チャイナタウン観光のついでに寄るのが最も多いパターンかと思うので、チャイナタウン駅からの行き方を説明します。

① チャイナタウン駅出口Aを上がる

ノースイースト線(紫色)とダウンタウン線(青色)、2つの沿線が乗り入れているチャイナタウン駅。

改札を出て、出口Aを上がると、チャイナタウンのメインストリートである「パゴダストリート」に出てきます。

マックスウェルへのアクセス1「チャイナタウン駅の出口A」

② パゴダストリート(Pagoda St)を直進

両脇に並ぶ、お土産屋さんや飲食店がを冷やかしながら、パゴダストリートを突き当たりまで直進。

マックスウェルへのアクセス2「パゴダストリート」

T字路(サウスブリッジ・ロード)に出たら、右折します。

突き当たりの角に建つシンガポール最古のヒンドゥー寺院「スリ・マリアマン寺院」が目印。

③ 「新加坡佛牙寺龍華院」の斜め向かい

そのまましばらく進むと、今度は中華風の巨大寺院「新加坡佛牙寺龍華院」が見えてきます。

新加坡佛牙寺龍華院

「新加坡佛牙寺龍華院」から道路を挟んで反対側、斜め向かいにあるのが「マックスウェル・フードセンター」。

サウスブリッジ・ロードは車線も多く、交通量もあるので、無理して横断しようとせず、近くの信号のところを利用しましょう。

④ 「マックスウェル・フードセンター」入口

現在、新駅の建設工事が行われている「マックスウェル・フードセンター」の周囲。

工事用の覆いで囲まれているために見えにくくなっていますが、サウスブリッジ・ロード側の入口が使用可能。迂回する必要ありません。

マックスウェルフードセンターの看板

 


100軒もの屋台が集まるマックスウェル


マックスウェルフードセンター内部

半屋内のアーケード内に、小さな屋台が集まったホーカーズ。

「マックスウェル・フードセンター」に軒を連ねるストールの数は、およそ100店ほど。

マックスウェルフードセンターの平面図
クリックで拡大

上図のように、3つの列に#1〜103まで番号順に並んでいる各ストール。たくさんの屋台があっても、ストール番号を頼りにすれば、迷わずに探すことができます。

マックスウェルフードセンターのトイレ
手洗い場やトイレ(そこまで汚くない)も完備

ストール間にある通路には、たくさんのテーブルがありますが、基本的に空いていればどこに座ってもOK。

マックスウェルは、内側の列だと風通しが悪く、熱が籠りやすいので、道路(マックスウェル・ロード)側の席がおすすめ。

テーブルが決まったら、シンガポール流にウェットティッシュを置いて、『席、キープしてます!』のアピールを忘れずに。

 


天天海南鶏飯(#01-10/11)


■ 泣く子も黙るチキンライス有名店

ストール2つ分を占めているのが、マックスウェルの本丸「天天海南鶏飯(Tian Tian Chicken Rice」

言わずと知れた、「チキンライス」の超人気店

天天のストールとメニュー

チキンの出汁で炊き上げられた、ふっくらご飯に、しっとり柔らかなチキン。

マックスウェルに来たら、いやシンガポールに来たら、『絶対食べたいものリスト』の最上位。

天天の名物チキンライス

 


阿仔(#01-07)


天天と浅からぬ因縁があるのが「阿仔」

オーナーは、もともと天天で働いていた料理人。喧嘩別れをした天天の4軒隣に、自分のストールをオープンしたことから、「マックスウェルのチキンライス戦争」と話題になりました。

阿仔のストール

小サイズで阿仔$3 vs.天天$3.5と、阿仔のほうが若干リーズナブルな値段設定。チキンライスに、野菜とスープがついた$5のセットも有。

天天の元料理人ということだけあって、味は天天とほぼ同じ

『天天のストールが閉まっていた』、『天天の行列に並んでいる時間がない』という場合に、阿仔を試してみるのもあり。

阿仔のチキンライス
Sサイズで$3

 


マリーナサウス・デリシャスフード(#01-35)


■ 絶品!ふわトロの牡蠣オムレツ

炒め物が食べたいなら、「マリーナサウス・デリシャスフード(Marina South Delicious Food)」へ。

チャークイティオ麺や、キャロットケーキなどの定番ローカルフードが揃うなか、イチオシなのが「牡蠣オムレツ(フライドオイスター)」

マリーナサウス・デリシャスフードのストール

卵と一緒に炒めた新鮮な牡蠣は、外はカリッと中はふわトロ。

添えられたチリのピリッとした辛さは、ビールのお供としても最高です。

マリーナサウス・デリシャスフードのフライドオイスター

 


同心居(#01-92)


上海風料理や点心を扱う「同心居(Tong Xin Ju Special Shanghai Tim Sum」も、お客が絶えることのない人気ストール。

同心居のストール・メニュー

麺やスープなどのメニューもありますが、一番のおすすめは「揚げ餃子」。揚げたてのクリスピーな皮の中に、ジューシーな具がたっぷり。

パクっと、おつまみ感覚で食べられる小ぶりなサイズもGood。

同心居の揚げ餃子
8個で$4

 


真真粥品(#01-54)


■ 朝食に人気の優しいお粥

太陽が昇る前、早朝5:30からオープンしているのが、「真真粥品(Zhen Zhen Porridge)」

朝にぴったり、「お粥」の専門店。

真真粥品(Zhen Zhen Porridge)のストール

トロトロになるほど煮込まれたお粥の優しい味。目覚めたばかりの臓腑に染み渡ります。

$3の一番小さいサイズでも、どんぶりくらいのボリュームがあるので、ご注意を。

真真粥品(Zhen Zhen Porridge)のチキン粥
小サイズで、このボリューム

 


Maxwell Fuzhou Oyster Cake(#01-05)


■ おやつにおすすめ!オイスターケーキ

ローカルの人たちの間で根強い人気を誇るのが、「洪家福州蠔餅(Maxwell Fuzhou Oyster Cake)」

直径7cmほどの小ぶりな円形生地を揚げた「オイスターケーキ」のお店です。

Maxwell Fuzhou Oyster Cake
直径7cmくらいのオイスターケーキ1個$2

カリッと香ばしく揚げられた外側をかじると、中には牡蠣、ひき肉、野菜、エビなど、しっかり下味のついた具がたっぷり。

ちょっと小腹が空いたときの、スナックや軽食におすすめ。

Maxwell Fuzhou Oyster Cakeのオイスターケーキ
出来立て熱々を召し上がれ

 


老伴豆花(#01-91)


「老伴豆花(Lao Ban Soya Beancurd)」は、昔ながらのデザート「豆乳プリン」を販売するストール。

老伴豆花(Lao Ban Soya Beancurd)のストール

ラインナップは、オリジナルの豆乳プリン、ほのかに甘い杏仁豆腐ハーバルゼリーの3つ。

暑いシンガポールで食傷気味なときでも、ツルんと喉越し滑らか、冷えた豆花でクールダウン。

老伴豆花(Lao Ban Soya Beancurd)の豆乳プリン
絹のように滑らかなオリジナル豆花$1.7

 


【閉店】林記(#01-61)


■ 伝説の揚げバナナ

「リムキー(林記/Lim Kee Banana Fritters)」は、東南アジアで親しまれている揚げバナナのスナック「ゴレン・ピサン(Goreng Pisang)」のお店。

林記Lim Keeのストール

林記こだわりの厳選バナナは、揚げることで、さらに甘みがアップ。熱々のサクッとした衣と、ねっとり濃厚なバナナのコントラストが絶妙

残念ながら、ご主人の引退に伴い、惜しまれつつ2018年に閉店

林記Lim Keeの揚げバナナ

 


Weng Pancake(#01-26)


食後のデザートにぴったりなのが、「Weng Pancake」。オレンジの看板に書かれた翁(Weng)マークが目印

翁パンケーキ(Weng Pancake)のストール

ピーナッツ、ココナッツ、小豆、緑豆の4種類の中で、イチオシは小豆

キツネ色になるまで焼かれた外側のパリッと感と、ふわふわのスポンジ。ロールケーキのように巻かれた間には、滑らかな小豆餡がたっぷり。

ほっこりとした甘みが、懐かしさを感じさせるオヤツです。

翁パンケーキ(Weng Pancake)の小豆パンケーキ
1個$0.7

Maxwell Food Centre

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ