【保存版】シンガポール市内から30分!セントーサ島への行き方・アクセス

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールやシーアクアリウム、アドベンチャーコーブなど、多くのアミューズメントパークが集まる「セントーサ島」。

シンガポール旅行中に一度は行くであろうセントーサへの行き方を、分かりやすく詳細解説

初めての人も、これさえ見れば大丈夫!

 


セントーサ島へのアクセス一覧


セントーサ島に行く方法はタクシー、電車、ケーブルカー、バスそして徒歩など、大きく分けて以下の5つ。

行き先・料金・時間によって、最適な手段を選択しましょう。

  料金・時間・乗り場
徒歩(ボードウォーク)

無料
24時間
MRTハーバーフロント駅直結のショッピングモール「ビボシティ」1F(ロビーF)からボードウォークへ。通常一人1ドルの入島料が2020年12月31日まで無料。

VivoCityとセントーサ島をつなぐ歩道橋ボードウォーク

バス(RWS8) $1
6:00〜23:30
MRTハーバーフロント駅のC出口近くのバス停(14141)から乗車。
セントーサ・エクスプレス(モノレール)

$4
7:00〜24:00
MRTハーバーフロント駅直結のショッピングモール「ビボシティ」3F(ロビーL)にあるモノレール乗り場へ。

セントーサエクスプレスのモノレール車両

タクシー 乗車料金+入島料$2〜6(1台)
24時間
入島料は時間によって異なる。
ケーブルカー

大人$33/子供$22
8:45〜22:00(受付は21:30まで)
MRTハーバーフロント駅の出口BからハーバーフロントタワーIIにあるケーブルカー乗り場へ。

シンガポール・ケーブルカーでセントーサ島

 


電車(MRT+モノレール)での行き方


ここでは、最もメジャーな電車での行き方を詳しく説明していきます。

① MRTでハーバーフロント駅へ

まずは、セントーサ島への入口となるハーバーフロント駅を目指します。

MRTハーバーフロント駅

大きなターミナルである「ハーバーフロント駅」には、MRTのノースイースト線(紫色)もしくはサークル線(黄色)の2線が乗り入れています。

② セントーサ・エクスプレス乗り場へ

駅のE出口から直結しているショッピングモール「ビボシティ」へ向かいます。

VivoCity「E出口」への案内板そこから表示にしたがって、エスカレーターで3階にあるセントーサ・エクスプレス乗り場へ。

セントーサエクスプレスへの案内板
案内表示が至るところにあるので分かりやすい

③ チケット売り場

ビボシティ3階のセントーサ・エクスプレス乗り場に着くと、目に入るのがチケット・カウンターの列。

初めての人は、ここがセントーサ・エクスプレスのチケット売り場かと思って、訳のわからないまま行列に加わってしまう人も多いのですが、ここに並ぶ必要はありません

VivoCity3階にあるチケット売場

ここで売っているのは「FUN Day Pass」といって、セントーサの各アクティビティに使えるトークン制チケット。

FUN Passのアクティビティ
クリックで拡大表示 © Sentosa

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールやシーアクアリウムなどへ行く場合、入場券は各テーマパークの窓口で買うことが可能。

ここで列に並ぶより、セントーサ・エクスプレスのチケットだけを自動券売機で購入して、さっさと改札へ向かいましょう。

セントーサ・エクスプレスの券売機とチケット
セントーサ・エクスプレスの券売機とチケット

セントーサ・エクスプレスのチケットは、乗車券というよりセントーサ島への入島料で、大人も子供も$4(0〜2才は無料)

一度払ったら、当日はモノレールは乗り放題。帰りの乗車料も取られません。

メモ

シンガポールの交通ICカード「EZ-Link(イージーリンク)」は、セントーサエクスプレスでも使用可能。持っている人は、そのまま改札へGo!

④ セントーサ・エクスプレスでセントーサ島へ

セントーサ・エクスプレスの改札は、こんな感じ。

7時から24時まで、約4分間隔と運行されています。

VivoCity3階にあるセントーサエクスプレスの乗り場

 


セントーサ・エクスプレスの駅と主要スポット


セントーサ・エクスプレスは、シンガポール本島とセントーサ島を結ぶモノレール

駅の数はトータル4駅。終点のビーチ駅まで行くのに、片道10分もかかりません。

駅名 主要スポット
ビボシティ駅
(旧セントーサ駅)
  • MRTハーバーフロント駅
  • ビボシティ

リゾートワールド駅
(旧ウォーターフロント駅)

  • ユニバーサル・スタジオ
  • シーアクアリウム
  • アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク
インビア駅
  • ケーブルカーのマーライオン駅
  • セントーサ・マーライオン(閉鎖)
ビーチ駅
  • シロソビーチ
  • パラワンビーチ
  • タンジョンビーチ

2019年4月に一部、駅の名称が変更になりました。

    • セントーサ駅→ビボシティ駅
    • ウォーターフロント駅→リゾートワールド駅

セントーサでの過ごし方は、以下の関連記事を要チェック。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ