ユニバーサルスタジオ・シンガポール攻略①:割引チケット〜行き方

アジアで2番目となるユニバーサルスタジオとして、2010年にオープンにした「ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)」

映画を舞台にしたアトラクションや、キャラクターによるショーなど、一日中楽しめるテーマパークです。

巨大な地球儀「Universal Globe」はユニバーサルスタジオのシンボル
USS前の巨大な地球儀「ユニバーサル・グローブ」

今回、旅行者たちからも人気の高い「ユニバーサルスタジオ・シンガポール 」を徹底解剖。営業時間や行き方などの基本情報、チケット料金や購入方法を、まとめてご紹介しちゃいます。

最後に、お得な割引情報や裏ワザもあるので、お見逃しなく!

 


ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)の営業時間とショーのスケジュール


ユニバーサルスタジオ・シンガポールの営業時間は、日によって異なります。

基本的には10時〜19時ですが、19時以降〜22時まで営業する日も不規則に存在

また日本のテーマパークでは、ほとんど毎日開催されているパレードや花火なども、USSでは毎日は行われているわけではありません。

ユニバーサルスタジオ・シンガポール公式HPのPlan Your Visitには、営業時間・ショーのスケジュールが公開されているので、行く前にチェックしておきましょう。

ユニバーサルスタジオ・シンガポールの営業時間&スケジュール
(例) 2019年1月の場合

上の例では、18日・19日・25日・26日のみ、22時まで営業で、夜のパレードやショーがあるということがわかります。

 


ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)の混雑・行列・待ち時間について


次に気になるのが混み具合。テーマパーク嫌いの理由も、この「混雑」が一番に挙げられます。

■ USSのピークシーズンって、いつ?

一般的に、ユニバーサルスタジオ・シンガポールが混むのは、GWやお盆休みといった日本の旅行シーズンというより、現地シンガポールのホリデーシーズン

学校の休み期間(6月一杯、11月中〜12月末)
・クリスマス&年末休暇
旧正月(2019年は2月5日・6日)周辺。

上記の時期は、いつもより多くの人出が予想されるため、ピークシーズンとされています。

■ ピークシーズンの混雑レベルは?

万が一、旅行の時期がピークシーズンに当たったとしても、諦めないで!

今まで何回もUSSに行ったことがある在住者や、日本からきたゲストたちの感想を総合すると、

『ピークシーズンでも、混雑は許容範囲レベル』

日本のテーマパークのウンザリするほどの激混みを想像していると、『全然マシっ』というのが、満場一致の結論。

週末やピークシーズンに怯むことなく、行くべし!

■ 待ち時間・行列の目安

ジュラシックパークの待ち時間午後になって人が増えてくると、アトラクションによっては30分〜90分くらいの待ち時間になることも、しばしば。

しかし、これらについては、

・人気アトラクションは朝イチor18時以降に

エクスプレス・パス(後述)を購入する。

などによって、緩和・回避することは可能です。

さあ、行く気になってきましたか? きましたよね??

 


ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)の場所・行き方・アクセス方法


■ エンターテインメントが集まるセントーサ島

USSがあるのは、シンガポール南端にある小さな島「セントーサ」

ビーチリゾート、ホテル、アミューズメント施設、カジノ、ショッピングなど、あらゆるエンターテイメントが集約された一大レジャー・アイランドです。

シンガポール全体図
クリックで拡大表示

Universal Stadio Singapore

 セントーサ島へ行く方法

セントーサ島へ行く際、本島側の起点となる場所がハーバーフロント。

ホテルからタクシーで行く場合を除き、まずはMRTでハーバーフロント(HarbourFront)駅を目指しましょう。

そこからセントーサ島に渡る方法は、下記のとおり。

料金・時間・乗り場
徒歩(ボードウォーク) 無料(2020年12月31日まで)
24時間
MRTハーバーフロント駅直結のショッピングモール「Vivo City」1F(ロビーF)からボードウォークへ。

寸評➡︎USSへ着く前に、徒歩で余計な体力・時間を消耗するのはおすすめしません
バス(RWS8) $1
6:00〜23:30
MRTハーバーフロント駅のC出口近くのバス停(14141)から乗車。

寸評➡︎待ち時間(運行間隔)がある。
セントーサ・エクスプレス(モノレール) $4
7:00〜24:00
MRTハーバーフロント駅直結のショッピングモール「Vivo City」3F(ロビーL)にあるモノレール乗り場へ。
タクシー 乗車料金+入島料$2〜6(1台)
24時間
ケーブルカー 大人$33/子供$22
8:45〜22:00(受付は21:30まで)
MRTハーバーフロント駅の出口BからハーバーフロントタワーIIにあるケーブルカー乗り場へ。

寸評➡︎セントーサ側の降車ポイントが、USSのエリアとは離れている。

USSに行くことを目的として考えると、おすすめなのは「タクシー」か「セントーサエクスプレス」。

■ セントーサ・エクスプレスで行く

① Vivo City3階の乗り場へ

MRTのハーバーフロント駅の出口Eからショッピングモール「Vivo City」へ。

Vivo Cityに直結するE出口

案内表示にしたがって、エスカレーターでVivo City3階にあるセントーサ・エクスプレス乗り場へ。

セントーサエクスプレスの案内表示
案内表示が至るところにあるので分かりやすい

② セントーサ・エクスプレスの乗車券を買う

乗り場の前には、自動券売機と有人のチケットカウンターがあります。

自動券売機は、カード使用(Visa/Master/NETs)のみなので、現金で支払いたい場合はカウンターに行きましょう。

セントーサエクスプレスの駅前にあるチケット・カウンター

モノレールの乗車券は、セントーサ島への入島料込で、大人も子供も$4(0〜2才は無料)。一度払ったら、当日はモノレールは乗り放題。帰りの乗車料も取られません。

また、シンガポールのEZ-Linkカードを持っている人は、セントーサ・エクスプレスでも使えるので、そのまま改札に向かいましょう。

セントーサ・エクスプレスの改札
セントーサ・エクスプレスの改札

③ 一つ目の駅「ウォーターフロント駅」で下車

モノレールに乗車後、一つ目の駅「ウォーターフロント駅」で下車

ここは、USSだけでなく、シーアクアリウム(水族館)やアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークなどのアミューズメント施設の最寄り駅。大半の人がこの駅で降ります。

駅を出たら、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールは、すぐそこです!

ウォーターフロント駅前のカラフルなマーライオン
駅前広場ではカラフルなマーライオンがお出迎え

■ タクシーで行く

タクシーでUSSに行く場合、降車ポイントは、リゾートワールド・セントーサの地下駐車場になります。そこから、USSまでは案内板の表示にしたがっていけば、大丈夫。

タクシーは、小さなお子さん連れだけでなく、実は4人グループ(家族)にもおすすめ。

セントーサ・エクスプレスで行くと、一人一律$4(4人で$16)に、ハーバーフロント駅までのMRT代がかかるので、大体$20ちょっと。

ホテルの場所によっては、タクシー(入島料$2〜6/台)で行くのと金額的には大差がないので、サクッとタクシーで行くのもアリ。

 


ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)のチケット料金&購入方法


ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)の入口前の広場

USSの入口に着いたら、まずはチケットの購入を。

チケットの料金・購入方法

入場チケットは、ユニバーサル・グローブ(地球儀)の左手側にあるチケットブースで購入できます。

ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)入場ゲート前にある一般チケットの売り場

一般料金 Voyagin割引
大人
(13〜59才)
$79
(約6,760円)
10%オフ
6,084円
子供
(4〜12才)
$59
(約5,070円)
10%オフ
4,563円
シニア
(60才以上)
$41

ただ、窓口で買うチケットの料金が大人$79・子供$59に対して、楽天グループの旅行サイトVoyagin(ボヤジン)では10%オフで販売されているので、チケットは前もってオンライン購入しておくのがおすすめ。

 Voyagin割引チケットの購入・引換え方法

Voyaginのサイトから、チケットを購入します。

ポイント

予約確定メールはすぐ送られてくるので、当日購入もオッケー!

万が一、予約した日にチケットを使えなくても、予約完了日から4ヶ月以内であれば使うことができるので安心。

② Voyaginの予約確定メール内のリンクから、Eチケットをダウンロードしておきます。

Voyagin(ボヤジン)のメールからチケットをダウンロード
Eチケットをダウンロードするのをお忘れなく!

ポイント

外でネットにアクセスできない旅行者の場合、上記のオンライン購入〜EチケットのダウンロードまではWiFiのあるホテルなどで、やっておきましょう。

EチケットのQRコードはスマホ画面からも読み取り可能なので、印刷不要。

③ USSに着いたら、一般のチケットブースに並ぶ必要はありません。ユニバーサル・グローブ(地球儀)の右手側奥にあるロッカーにある自動発行機で、Eチケットを紙チケットに引き換えます。

Voyagin(ボヤジン)の割引チケット引き換え
ロッカーにあるチケット発券機

最初の画面で、「日本語」も選べるようになっていますが、操作はいたって簡単。

EチケットのQRコードを、発行機のスキャンで読み取ります(もしくはコード番号を入力)。画面にチケット内容が表示されるので、「引き換え(Redeem)」ボタンを押すだけ。

USSのチケット発行機でEチケットをスキャン

下の取り出し口から、レシートのような紙チケットが発行されて完了。

この紙チケットを持って、入口ゲートから入場しましょう!

USSのチケット発行機でチケット受け取り

ポイント

チケット発行は10:00〜18:00の時間帯のみ。

 


エクスプレス・パスについて


混雑対策のために、ディズニーリゾートで導入されている時間指定制の整理券「ファストパス」。

ユニバーサルスタジオには「ファストパス」という制度はありませんが、入場券とは別に「エクスプレス・パス」というオプショナルの有料パスがあります。

このパスの購入者は、エクスプレス・パス用に設定された特別レーンからアトラクションに入場することができるため、一般の行列に並ばずに優先搭乗ができるというシステム。

エクスプレス・パス用のレーン
エクスプレス・パス用の入口(左)と一般の入口(右)

各アトラクションに1回ずつ優先搭乗できるの「ワンタイム」と、何回でも優先搭乗できる「アンリミテッド」の、2種類のエクスプレス・パスがあります。

ワンタイム $40〜
アンリミテッド $70〜
ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)のエクスプレス・パス
1回使用したアトラクションは塗りつぶされる

料金はピークシーズンや日による変動制で、$40〜

入場券だけで既に6千円以上払っているので、このパスを更に追加購入するかは迷いどころ。

そういうときは、まず一旦パークに入場して、実際の行列具合・待ち時間を見てから決めるのが得策かもしれません。

エクスプレス・パスは入口のチケットセンターだけでなく、園内にある15箇所以上のショップでも購入可能です。

ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)の「エクスプレス・パス」は園内でも入手可能
「エクスプレス・パス」の園内販売所は地図を参照

ただ、価格が高いだけあって、長い列をスキップできる「エクスプレス・パス」の威力は無敵待ち時間が1時間以上になる週末やピークシーズンでも、このパスさえあれば、苦もなく全てのアトラクションを制覇することも夢ではありません!

 


一般開園時間前に入場する裏ワザ


通常午前10時開園となっているUSSですが、その一般開園の前に入場できる裏ワザがあるんです。

日本の大手旅行会社JTB」のオプショナルツアーには開園前のUSSに優先入場できるという特つき!!

まだ一般客がいない園内で、人気アトラクションを目指すもよし、とっておきの写真を撮るのもよし。またとない優先入場のチャンスを、最大限に活用しましょう。

JTBのサイトはこちら

 


チケットも無事入手したところで、いよいよユニバーサル・スタジオ・シンガポールへ入場します!

>> 攻略②「エリア紹介」へつづく

 

《10%OFF》ユニバーサルスタジオ・シンガポールの割引チケット

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ