シンガポールでアラビカ旋風!京都発のコーヒー専門店「% Arabica」

京都で誕生したコーヒー専門店「% Arabica(アラビカ)」

『日本から最高のコーヒーを!』という信念のもと、世界展開を押し進める中、シンガポールにも上陸

「% Arabica」の看板サイン

今、一番ホットなコーヒーブランドとして注目を集める「アラビカ」のシンガポール店を特集します。

 


シンガポールを席巻する「アラビカ」


■ シンガポール国内に3店舗

「アラビカ」が、シンガポールのアラブストリートに第1号店をオープンしたのは、2019年6月。

「% Arabica」のアラブストリート店
アラブストリート店

その5ヶ月後の11月には、サマセット駅前のショッピングモールに2号店

「% Arabica」のサマセット店
313サマセット店

さらに2020年1月には、ホランドビレッジのチップビー・ガーデンズ店と、シンガポール上陸から半年足らずの間に3店舗を展開

「% Arabica」のホランドビレッジ店
チップビー・ガーデンズ店

今後も、チャンギ空港のジュエル内に4店舗目を計画中ということで、「アラビカ」の怒涛の勢いは止まりそうにありません。

■ コーヒーを通して見る世界

「アラビカ」の店内は、白を基調としたミニマルなデザイン

「% Arabica」のミニマルな店内

シンプルでモダンな雰囲気の中に、無駄なものを削ぎ落とす日本の美意識を感じます。

「% Arabica」の%マークが至るところに

紙コップやコースター、床やブロック塀など、何気なく使われているシンボリックな「%」マーク。おしゃれです。

「% Arabica」のカウンター

アラビカの哲学『See the world through coffee』を表明するかのように、壁に掲げられている世界地図。

「% Arabica」のコーヒー豆

数種類のコーヒー豆が並ぶカウンター。焙煎するためのロースターも、店内に設置されています。

 


バリスタが淹れる最高のコーヒー


早速、コーヒーを注文します。

メニューに並ぶのは、エスプレッソ、カフェラテ、アメリカーノ、スパニッシュラテといった、エスプレッソベースのコーヒーが基本

「% Arabica」のメニュー

こちらは「アイス・カフェラテ」$8。

酸味の少ないコーヒーとミルクで、さらりとした飲み心地。

「% Arabica」のアイス・カフェラテ

バリスタさんが一杯ずつ、丁寧にラテアートをしてくれる「カフェラテ(ホット)」

きめ細かいクレマで、コーヒーのコクとまろやかさが更に引き立ちます。

「% Arabica」の抹茶ラテ

緑のグラデーションが美しい「抹茶ラテ」。アラビカの本拠地、京都のプライドにかけて、上質な抹茶を使っているに違いない!

抹茶の香りとほどよい苦味に、ミルクの甘味にほっこりします。

■ 世界で唯一ここだけ!フードメニュー

アラビカ・シンガポールの各店では、コーヒーと一緒に、クロワッサンやデニッシュなどのペストリーをいただくことが可能。

「% Arabica」のデニッシュ&クロワッサン

それだけじゃありません!

チップビー・ガーデンズ店では、なんとフードメニューを提供。

「% Arabica」のトマト・スパゲッティ

「トマトとチーズのスパゲッティ」「クロックマダム」など、併設されたキッチンで作られる料理の味は本格的。

ただ、ちょっと量が少ないかも…。

「% Arabica」のクロックマダム

今のところ、世界各国に広がるアラビカ・ネットワークの中で、食事できるのは唯一この店舗だけらしいので、要チェック。

 


最後に、アラブストリート店のすぐそばにあるサルタンモスクと一緒にパチリ。

「% Arabica」のサルタンモスクを背景にパチリ

% Arabica Singapore Arab Street

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ