休日ブランチ!緑の溢れるボタニックガーデンのレストラン「ハリア」

2015年、シンガポール初の世界遺産として登録された「ボタニックガーデン」

オーチャードの近くにありながら、緑溢れる植物園は、まさに都会のオアシス

ゆっくり起きた休日、園内の人気レストラン「ハリア」へブランチに行ってきました。

 


「ハリア」への行き方・最寄りゲートは?


■ 要注意!ボタニックガーデン駅からの徒歩

MRTサークル線には「ボタニックガーデン駅」があるので、『アクセスは簡単!』と思いきや、これには注意が必要。

なんせ約82ヘクタール、東京ドーム約17.5個分という広大な敷地。

北端にあるMRTの駅から南側のハリアへと、園内を移動するだけでも、かなりの距離。炎天下の中、約20分歩く自信がある人以外には、おすすめしません。

■ 「タイヤサル・ゲート」から徒歩2分

じゃあ、「ハリア」へアクセスするには、どうすればいいのか?

何の捻りもなく申し訳ないですが、タクシーで行くのがベスト。

ハリアに近い「ボタニックガーデン」ティサール・ゲート

このときも、ボタニックガーデンの各所に存在する入口の中から、ハリアに最も近い「タイヤサル・ゲート(Tyresall Gate)」を指定するのがポイント。

「ボタニックガーデン」のオーキッドガーデン
蘭が植えられたゲートの入口

目指すレストラン「ハリア」は、タイヤサル・ゲートから徒歩2〜3分です。

 


テラス席が気持ちいい!ガーデンレストラン


■ 緑に囲まれたテラス席が最高

マレー語でジンジャーを意味する「ハリア」があるのは、「ジンジャーガーデン」エリアの一画。

ボタニックガーデンのレストラン「ハリア」の入口

木のナチュラルな風合を生かした外観。植物園の緑に囲まれたコテージのような佇まい

店内は、エアコンの効いた屋内席と、半オープンのテラス席に分かれています。

3分の2がテラス席であることからの分かるとおり、人気なのは断然テラス席

ボタニックガーデンのレストラン「ハリア」のテラス席

吹き抜ける風を感じながら、周囲に広がる鮮やかなグリーンに癒される空間。休日のリラックスした時間を過ごすのにぴったりです。

ボタニックガーデンのレストラン「ハリア」のテラス席

 


五感で味わうモダンヨーロピアン料理


■ 「ハリア」オリジナルのドリンク

様々なフルーツ、ハーブ、ジュースをミックスした「ハーバリウム・コレクション」「シグニチャー・ブレンズ」は、「ハリアならではのオリジナル・ドリンク。

美味しいだけではなく、目にも美しいドリンクが楽しめます。

ボタニックガーデンのレストラン「ハリア」のドリンク

■ スターターやサイドも充実

スターターに頼んだ「その日のスープ」はブイヨンの効いたクリーミーな味。

ボタニックガーデンのレストラン「ハリア」のスープ

フカフカふわふわの「ミルクロール」。カヤジャムと、バターが添えられています。

ボタニックガーデンのレストラン「ハリア」のミルクロール

■ 人気のワンプレート朝食

ブランチでの一番人気は「ハリア・ブレックファスト」

ライ麦パンのトーストに、好きなスタイルの卵料理、ローストビーフ、ベーコン、野菜などを添えたワンプレート。

ボタニックガーデンのレストラン「ハリア」の朝食セット
ハリア・ブレックファスト

フワフワで美しいオムレツに、朝から幸せを感じます。

■ ハリア名物「チリクラブ・スパゲティー」

ハリアのシグニチャー「チリクラブ・スパゲティー」は、ブランチでもオーダー可能。

ピリッと辛いシンガポール名物チリクラブのソースと、トマトソースの妙。

東洋と西洋が見事にミックスした味は、是非試してもらいたい一皿です。

ボタニックガーデンのレストラン「ハリア」のチリクラブ・パスタ

 


美しい自然の中で、ゆったりとした時間を過ごせる「ハリア」。週末は大人気なので、予約は必須。

食後に、ボタニックガーデンを散歩するのもいいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ