味も見た目も大事なの!インスタ映えするシンガポールの「食べ物編」

[更新] バタフライピーを追加

グルメ天国シンガポール。ローカルの名物料理に、有名店のシグニチャーなど、食べたいものは尽きません。

でもSNS全盛期の昨今、美味しいだけじゃダメなんです。見た目もフォトジェニックでなくっちゃ。

今回、第1弾として公開するのは、インスタ映えする「食べ物編」

シンガポール旅行を彩る「味よし、見た目よし」のグルメが大集合。

 


シンガポール名物からスタート


美味しい食事は旅行中の楽しみの一つ。シンガポールならではのフードスナップは欠かせません。

■ シンガポールの国民食「チキンライス」

まずは、シンガポールを代表する国民食「チキンライス」。王道のご当地フードは、マストです!

友吉飯店のチキンライス

独断と偏見で選ぶチキンライスの名店ベスト10は、下の記事を参照してください。

■ 異国情緒だっぷり「バナナリーフカレー」

バナナ葉に盛られたカレー
リトルインディアの人気店「ムトゥース・カレー

本場南インド式にバナナの葉っぱで食べる「バナナリーフカレー」も、多民族国家シンガポールならではの体験。

異国情緒が感じられるローカルフードも旅行気分を盛り上げます。

■ バラ色のカクテル「シンガポールスリング」

夜の乾杯は、もちろんシンガポールの名を冠したカクテル「シンガポールスリング」で!

ラッフルズホテル「ロングバー」発祥のシンガポールスリング
ピーナッツ殻は床に投げ捨てるのが「ロングバー」流

どうせ飲むなら、やっぱりシンガポールスリング発祥の地ラッフルズホテルのロングバーがおすすめです。

 


インスタ映えで進化する中国4千年の食文化


中華文化圏のシンガポールでは、中国料理のバリエーションが豊富。

日本ではお目にかかれない色や形にこだわった可愛い点心はインスタ映え抜群!

■ カラフルな8色小籠包

「8色の小籠包」は、シンガポール生まれのモダン中華料理店パラダイス・ダイナシティのシグニチャー。

Paradise Dynastyの8色の小籠包
「パラダイス・ダイナシティ」名物の8色小籠包

フォアグラや黒トリュフ、蟹みそといったプレミアムな餡がつまった小籠包をご賞味あれ。

■ 可愛すぎるキュートな饅頭

中国4千年の常識を覆す次世代の中華まんは、ミニオンあり、子豚あり。

キュートな「ミニオン饅頭」や「ブタ饅頭」は、インスタ映えする次世代中華まん

思わず食べるのをためらってしまうほどの可愛すぎる饅頭は、子どもはもちろん、大人にも大人気。

リバーワンダー「ママ・パンダ・キッチン」のキュートなパンダまんとカフェラテ
リバーワンダー内のカフェ「ママ・パンダ・キッチン」

シンガポール三大動物園の一つ「リバーワンダー」では、園内の人気者パンダをモチーフにしたあんまんとカフェラテをどうぞ!

 


デザートは別腹!インスタ映えスイーツ


お腹だけでなく、心までも満たすフォトジェニックなデザート。

■ 「アフタヌーンティー」で優雅なひととき

英国領時代の伝統が息づく「アフタヌーンティー」

名門ラッフルズホテルのグランドロビーでのアフタヌーンティーは、一度は体験してみたい女性陣の憧れです。

ラッフルズホテル「グランド・ロビー(Grand Lobby)」のアフタヌーンティー
ラッフルズホテル「グランド・ロビー」

最近では、オーソドックスな3段トレイだけでなく、鳥カゴやジュエリーケースなど趣向を凝らしたアフタヌーティーが次々と登場。

アフタヌーンティー
Arteastiq」(左)、「Anti:Dote」(右)

紅茶をいだだきながらの優雅なひとときは、旅の素敵な思い出になること間違いなし!

■ シンガポール本家「ティラミスヒーロー」

ありそうでなかった瓶詰めティラミスで一躍有名になったティラミスヒーロー

ティラミスヒーロー
かわいい猫のアントニオ(マスコット)が目印

日本では注文殺到で数ヶ月待ちという人気ティラミスを、シンガポール本店でチェック!

■ マーライオン型アイスキャンディー

シンガポールのランドマーク「マリーナベイ・サンズ」をバックに食べたいのが、「マーライオン型アイスキャンディー」

シンガポールのシンボル「マリーナベイサンズ」をバックに「マーライオン・アイス」

これでシンガポールの2大シンボルは、あなたの手中に⁉︎

 


視線を奪う!色いろマジック


■ カラフルな虹色!レインボーフード

シンガポールのフード業界では、「レインボー」が合言葉。

インスタ映えで大人気の「レインボーケーキ」
「I am…」のレインボーケーキ

7色のスポンジが目にも鮮やかな「レインボーケーキ」や、常夏シンガポールにぴったりの「レインボースノー」

Woowレインボースノー

プラナカンの伝統菓子「クエ(Kueh)」にまで押し寄せているレインボーの波!

ニョニャ菓子の専門店「Ji Xiang Ang Ku Kueh」や「HarrisAnn」にも、「レインボークエ」が並んでいます。

プラナカン伝統のニョニャ菓子クエ(Kueh)
「Ji Xiang Ang Ku Kueh」や「HarriAnns」のレインボークエ

カラフルなレインボーフードで、気持ちもハッピー。Love&Peace!

■ 神秘のブルー!バタフライピー

蝶々のような形をした青い花が咲く「バタフライピー(Butterfly Pea)」

東南アジアで、天然の着色料として知られるマメ科の植物です。

「ル ジャルダン(Le Jardin)」マーメード・ティアーズ
「Le Jardin」のマーメード・ティアーズ

「ル ジャルダン」のマーメード・ティアーズは、レモン・シロップを加えると、青色から紫色に変化する摩訶不思議なドリンク

酸性になると紫色に変化する青い色素(アントシアニン)の特性を生かしたバタフライピー・ティーです。

バタフライピー・ブルーのフードたち

点心(Sum Dim Sum)に、ケーキ(Keong Saik Bakery)、アイス(Holy Cow Creamery)やブルーラテ(Sweetea Caffe)、そしてナシレマ(Simple.簡)に至るまで、視線を奪う美しいブルーの数々!

バタフライピー・ブルーライス付のナシレマ
「Simple.簡」のナシレマ

神秘のブルーをまとったバタフライピー・フードは、インスタ映え間違いなし!

 


もう普通のドリンクじゃ、物足りない?


観光で疲れたら、休憩タイム。

カフェ戦国時代のシンガポールでは、各店、フォトジェニックな看板メニューの開発に余念がありません。

■ 綿あめコーヒー

Mellower Coffeeのスウィートレイン
シンガポールに2店舗を展開する「Mellower Coffee

コーヒーの湯気で溶けた綿あめが雨のようにふり注ぐ「Sweet Little Rain」

実用性(手・トレー・机全体がベタベタになる)はさておき、見た目にこだわったインスタ冥利に尽きる(?)一杯です。

■ 3Dアートラテ

今や、3D(立体)にまで進化したラテアート

グラスから、ちょこんと顔を出しているのは「ピカチュウ」

古今東西、老若男女を問わず人気を誇るキャラクターものは、インスタでも鉄板です。

3Dラテアートの「ピカチュウ」インスタでも無敵のキャラクターもの
チャンギビレッジにあるカフェ「Chock Full of Beans」

■ 電球ボトル

おしゃれカフェの必須アイテム「電球ボトル」は、シンガポールでも流行り。

もちろんドリンクを飲んだ後、ボトルは持ち帰り可能です。

インスタで話題の「電球ボトル」はシンガポールでも流行中
チャイナタウンの端にある「My Awesome Cafe

■ クッキーモンスター・シェイク

モコモコのホイップクリームで、セサミストリートの人気キャラを型どった「クッキーモンスター・シェイク」はアイデア賞!

サイズと甘さは超ド級の海外仕様なので、注文する際はご用心。

インスタ映えする「Cookie Monster Shake」
オーチャードにあるカフェ「Benjamin Browns」

 


シンガポールのインスタフード、いかがでしたか?

いやー、お店の皆さんも、大変ですね。味はもちろん、見た目も気にしなきゃいけないなんて…。

第2弾インスタ映えする「景色・スポット編も、あわせてご覧ください!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ