日本のパクリ騒動に負けるな!本家シンガポール「ティラミスヒーロー」

[更新] 本家ティラミスヒーローを応援します!

2012年にシンガポールで創業されたティラミス専門店「ティラミスヒーロー(The Tiramisu Hero)」。このお店の名を世に知らしめたのが、こちらの瓶詰めティラミス

瓶がかわいいティラミスヒーロ

このキュートなルックスは、日本のテレビや雑誌などに取り上げられ、口コミで大人気に。以降、百貨店への催事出店やオンラインを中心に、日本での販売活動を続けていた「ティラミスヒーロー」

そこに、日本でパンケーキ・カフェを展開するgram社が、ティラミス店「HERO’S」をオープンしたことから、暗雲が立ち込めます。

HERO'sの瓶入りティラミス
HERO’Sの瓶入りティラミス。ネコが可愛くないのよね〜

ネコのマスコット、瓶入りなどコンセプト、gram社の「HERO’S」は、ティラミスヒーローのそのもの。さらにgram社は、ティラミスヒーローという商標まで登録。

本家ティラミスヒーローからの名前変更についてのお知らせ
公式HPより https://thetiramisustar.com/oshirase/

本家ティラミスヒーローが、日本ではティラミスヒーローと名乗れず、ブランド名を変更しなければならないという事態に!

このパクリ批判に、gram社は『ロゴの使用権を渡す』と発表。しかしながら、商標やHERO’sの継続など、未だに不明点は多く、まだ全面解決となっていないのが現状です。

今回、本家「ティラミスヒーロー」を応援するべく、シンガポールにある本店をご紹介します!

 


ティラミスヒーロー本店へのアクセス


お店があるのは、ベンデマー(Bendemeer)駅、ノースイースト線のファラーパーク(Farrer Park)駅、イーストウエスト線のラベンダー(Lavender)駅の中間あたり。

どの駅からも、徒歩8〜10分くらいのTrywhitt Rに位置しています。

Tyrwhitt Rd

この周辺は、もともと金属部品の問屋や工場などが集まる古い下町でしたが、最近では、ティラミスヒーローを始め、おしゃれで個性的なカフェやバーが次々とできたことから、注目度が急上昇。

ティラミス・ヒーローのお店の外観
Tyrwhitt Rd沿いのショップハウスを改装した店舗

通りに連なる古いショップハウスを改装した一軒が、ティラミスヒーローのシンガポール本店であり、唯一の実店舗です。

 


シンガポール版ゆるキャラ「アントニオ」登場


アントニオがお出迎え

入口で、満面の笑みで出迎えてくれるのはティラミスヒーローのマスコット「アントニオ」。

ティラミスヒーローの店内

ティラミス・ヒーロー店内コンクリート打ちっ放しの壁や天井の至るところに登場するアントニオ

無機質でスタイリッシュな空間と、ゆるキャラ?アントニオの対比がもたらす「ティラミスヒーロー」の世界。

アートギャラリーのような雰囲気です。

 


日本では手に入りにくい幻のティラミス


■ 豊富なフレーバーは10種類以上

さてさて、早速お目当のティラミスを発見!ガラスケースにティラミスが並ぶ

常時だいたい10種類以上のティラミスが並ぶガラスケース。

カヤやドリアンといったローカルフレーバーがあるのも、シンガポールの本店ならでは。

値段は1個$7.5〜と、日本円では約600円くらい。

ティラミスヒーローのストロベリー味
赤いイチゴの色鮮やかな断面が美しいストロベリー

アントニオのマグカップに入ったカフェラテと、瓶に入ったティラミス。うーむ、女子受けのツボを良く分かってらっしゃる!

悩みに悩んで選んだティラミスの種類は、ストロベリー。生イチゴと下のスポンジがあいまって、ティラミスというより、もはやショートケーキ領域?

ティラミス王道オリジナルフレーバーは、お酒の味が効いた大人の味。

口当たり滑らかなマスカルポーネクリームと、しっとりしたスポンジとの相性も抜群。ペロリと一瓶を平らげても、胸焼けのしない上品な甘さのティラミスです。

その他、ラベンダーやオレオのフレーバーもハズレなし。

時期によっては、限定フレーバーもあるというので、訪れるたびに違うフレーバーを味わえるのも楽しみの一つですね。

■ ティラミス以外のカフェメニューも侮れない

ティラミス以外のメニューも充実している「ティラミスヒーロー」。

お茶の時間だけでなく、ランチやディナー利用もできる万能カフェなのです。

ティラミスヒーローのベルギーワッフル
トッピングをカスタマイズできるベルギーワッフル

外側のカリッとした食感と、中のふわふわ感が絶妙な「ベルギーワッフル」

ティラミスヒーローのシュリンプパスタ

素材も味付けも本格的な「ガーリック バター シュリンプ・パスタ」

スープやトーストとのセットで、ボリュームも申し分のないランチやディナーの一皿です。

 


キュートなアントニオ・グッズをお土産に


レジの周りには、アントニオグッズからシンガポールのおしゃれ土産を集めたお土産コーナーが。

ティラミス・ヒーローのグッズコーナー

あのアントニオのマグカップも、ここで売っています。

ティラミスヒーローのアントニオ・カップ
アントニオのマグカップ$23.90なり!

ティラミスはさすがに日本に持ち帰るのは難しそうですが、ココアやカヤジャムはどうでしょう?ティラミス・ヒーローのココア&カヤジャム

アントニオが描かれたお馴染みの瓶に入っているので、パッケージの可愛らしさは折り紙つき。

女性が喜びそうなお土産が、たくさん揃っています。

 


ティラミスヒーローの近くには、シンガポールのお土産選びの殿堂「ムスタファセンター」があります。

ファラーパーク駅からムスタファセンターでの買い物、その後、ちょっと足を伸ばして、ティラミスヒーローでお茶するという行程が、効率的でおすすめ。

正真正銘シンガポール発のティラミスを、ぜひシンガポールで味わってみてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ