麻婆豆腐から北京ダックまで「シルクロード」で巡る中国4千年の美食

タンジョンパガー駅からほど近い、アマラホテル2階にある中国料理レストラン「シルクロード(Silk Road)」

「麻婆豆腐」が評判なことから、四川料理店と誤解されることも多いのですが、四川省だけではなく、陝西(せんせい)省、遼寧(りょうねい)省、北京市など、いにしえのシルクロードで栄えた各地方の伝統郷土料理が楽しめるお店です。

 


ビジネス接待もOKなホテルの中華レストラン


Silk Roadアワード
受賞したアワードの数々

片側には竹林、もう片側には中国酒・酒器の数々がディスプレイされた入口は、モダンでオリエンタルな雰囲気

Silk RoadエントランスSilk Road店内

大小のテーブル席がゆったりと配置された店内は、かなり広く、奥には個室も完備。シックで落ち着いたインテリアは、さすがホテル内のレストラン

高級感・清潔感があって、ビジネスの接待などで、よく利用されるというのも頷けます。

 


中華の主役級メニューが勢揃い


Silk Road食前セッティング

■ 前菜

前菜としてやってきたのは「架子白肉」

薄切りきゅうりと豚肉のスライスがラックに掛かっているという、見慣れないビジュアルで登場。これらの中身を、北京ダックのように小麦粉の薄皮に巻いていただきます。

SilkRoadポークバンブー
Sliced Pork with Cucumber on Rack

ホタテとアスパラガスのにんにく炒め「蒜香爆带子」は、ぷりぷりのホタテと、シャキシャキしたアスパラガスの、歯ごたえのコントラストが楽しめる一品。

Silk Roadホタテとアスパラ
Wok-fried Scallop with Asparagus & Garlic

■ 小籠包

メニューにあれば注文せずにはいられない「小籠包」は、みんなが大好き中華のマスト・アイテム。熱々まま口に頬張れば、ジュワッと溢れ出すジューシーなスープがたまりません。

Silk Road小籠包
Xiao Long Bao

■ 北京ダック

ツヤツヤとした光沢感のある飴色が美しい「北京ダック」は、高級中国料理の代名詞。

シェフが目の前でカットをしてくれるので、盛り上がること間違いなし。

Silk Road北京ダック

きれいにスライスされたあとは、店員さんが一つずつ薄皮に包んでサーブしてくれます。会話を中断したり、順番を気にすることなく、取って食べるだけなので楽チン

Silk Road北京ダック
Traditional Beijing Roasted Duck (Half)

■ 麻婆豆腐

そして「シルクロード」の名物ともいえる「麻婆豆腐」もハズすことはできません。

山椒がたっぷり効いた風味と痺れるような辛さは、四川料理の真骨頂。分かってはいたけど、本当に辛いのでご覚悟を!

Silk Road麻婆豆腐
Traditional Ma Po Tofu

■ 刀削麺

「刀削麺」は、刀状の包丁で生地をそぎ落とす、山西省独特の削り麺。モチモチと弾力のある麺に、スープがよく絡みます。

Silk Road刀削麺
Fried Shaved Noodle with Seafood

■ 炒飯

Silk Road海鮮炒飯
Seafood Fried Rice

最後に間違いのない「海鮮炒飯」で、大満足の締めくくり。と思いきや、

■ 中華デザート

はち切れんばかりのお腹を抱えながらも、デザートは別腹ということで、さらに「マンゴープリン」「ハーバルゼリー」を注文。

Silk Roadデザート
Mango Pudding(左)、Herbal Jelly(右)

シンガポール在住の日本人の中でもファンが多いことでも知られている「シルクロード」。

本格的中国料理ながらも、日本人の口に合う味で何を頼んでもハズレがないことや、店員さんのサービスレベルが高いこと、そしてホテル内レストランの割にリーズナブルな料金など、支持される理由は数知れず。

麻婆豆腐、北京ダック、小籠包など、中華の4番バッター級の料理を一度に味わい尽くしたいときに、ぴったりのレストランです。

[Silk Road]

165 Tanjong Pagar Rd, Level 2 Amara Singapore, 088539
http://singapore.amarahotels.com/dining/silkroadrestaurantsingapore/

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ