シンガポールで世界一周⁈ 朝食グルメで海外旅行「ワイルドハニー」

[更新] 再訪時の情報を追加・改稿

コロナ禍の渡航制限により、世界中の国境がクローズされて1年以上。

自由に旅行していたころが、はるか昔に思えてくる今日この頃。

ワイルドハニー、スコッツスクエア店の入口
スコッツスクエア店(3F)

少しでも旅気分を味わうためにやってきたのが、「ワイルドハニー」。

『世界の朝食が一日中楽しめる』という今までにないコンセプトが人気のカフェ・レストランです。

 


オーチャードのおしゃれカフェで朝食を


シンガポール内に3店舗を展開するワイルドハニー。

スコッツロード沿いの「スコッツスクエア」と、オーチャードロード沿いの「マンダリンギャラリー」と、オーチャードエリアに2店舗。

ワイルドハニー、マンダリンギャラリー店の入口
マンダリンギャラリー店(3F)

2019年には、マリーナエリアに3店舗目となるサウスビーチロード店もオープンしました。

ワイルドハニー、マンダリンギャラリー店の店内
趣向を凝らしたインテリア(マンダリンギャラリー店)

どの店舗もショッピングモールの一角にありながら、ゆったり広々とした空間に、おしゃれなインテリア

ワイルドハニー、スコッツスクエア店のテラス席
開放感あふれる人気のテラス席(スコッツ店)

週末ごとに、多くの家族連れやグループで、朝早くから賑わっています。

 


世界の朝食グルメでめぐる海外旅行


■ 終日楽しめる朝食メニュー

ワイルドハニーは、「All Day Breakfast(終日朝食)」のお店。

朝食の時間に限らず、ブランチ、ランチ、ディナーと、どの時間帯でも朝食プレートを味わえるのがウリ。

ワイルドハニーのメニュー
肉料理、魚料理、スイーツ系と幅広いラインナップ

メニューには、20以上の国名・地名がズラリ。

その場所・土地にちなんだ朝食が出てくるという趣向。

ワイルドハニーのアイスラテやモカドルチェ
ドリンクもおしゃれで味もGood

今回、今までに試したことのある朝食を、地域ごとにご紹介。

ヨーロッパ→アフリカ→アメリカ→オーストラリア→アジアと、一緒にヴァーチャル・トリップに出発しましょう!

 


ヨーロッパ


■ ノルウェーの朝食:エッグベネディクト

ノルウェーの朝食は、スモークサーモンを使ったエッグベネディクト。

サーモンのピンク、アスパラのグリーン、とろ〜りとかけられたオランデーズソースのイエローと、見た目にも美しい一皿。

ワイルドハニーのノルウェー風(Norweigian)朝食
ノルウェーの朝食(Norweigian)

ベルギーの朝食:ワッフル

スイーツ系をお探しなら、ふわふわワッフルのベルギーの朝食

王道メープルシロップで味わうもよし、マンゴーとココナッツクリームというトロピカルなトッピングで楽しむもよし。

マンダリンギャラリー店限定メニュー。

ワイルドハニーのベルギー風(Belgian)朝食
ベルギーの朝食(Belgian)

 


アフリカ


■ チュニジアの朝食:シャクシュカ

ワイルドハニーの一番人気が、こちらのチュニジアの朝食

スパイシーなトマトソースに卵を落とし入れた中近東の家庭料理「シャクシュカ(Shakshuka)」に、ふわふわのブリオッシュがセット。

トマトソースは、見た目以上にあっさりで、ピリっとした辛さが食欲をそそります。

ワイルドハニーのチュニジア風(Tunisian)朝食
チュニジアの朝食(Tunisian)

 


アメリカ大陸


■ ニューヨークの朝食:ベーグル

ニューヨーカーの朝は、ベーグルから。

もちもちのベーブルに、とろふわのスクランブルエッグ、クリーミーなサワークリームを合わせれば、パーフェクトな朝食の出来上がり。

「ワイルドハニー(Wild Honey)」NYの(I love NY)朝食NYの朝食(I love NY)

■ サンタフェの朝食:トルティーヤ

メキシコに近いサンタフェの朝食は、トウモロコシで作った薄焼きパントルティーヤ

目玉焼きの上に、アボカド、ハラペーニョ、トマト、コーンなどが乗った、カラフルなオープンサンド

ワイルドハニーのサンタフェ風(Santa Fe)朝食
サンタフェの朝食(Santa Fe)

■ メキシコの朝食:ブリトー

メキシコの朝食は、野菜にスクランブルエッグ、黒豆を包んだブリトー

グァカモーレ(アボガドのディップ)に、サワークリーム、赤チリマヨの3種類のソース付き。

「ワイルドハニー(Wild Honey)」メキシコの(Mexican)朝食
メキシコの朝食(Mexican)

■ アマゾンの朝食:アサイーボウル

パイナップルがくり抜かれた容器に、色とりどりのフルーツがトッピングされた美しいアサイーボウル

これがどこの朝食かといえば、アサイーの原産地アマゾンの朝食

アサイーベリー、ココナッツ、チアシードなど、たっぷりのスーパーフードで、朝のエナジーチャージはバッチリ。

「ワイルドハニー(Wild Honey)」アマゾンの(Amazon)朝食
アマゾンの朝食

 


オーストラリア


■ シドニーの朝食:ホワイトオムレツ

ヘルシー志向やオーガニック志向など、食に対する意識が高いシドニーの朝食は、ふわふわの卵白でつくられたホワイトオムレツ

塩が効いたシンプルな味付けと、オムレツをつつむ薄切りアスパラ、添えられたカッテージチーズとトマトと、食材の旨味を味わう一皿。

「ワイルドハニー(Wild Honey)」シドニーの(Sydney)朝食
シドニーの朝食

 


アジア


■ 韓国の朝食:ステーキサラダ

メニューの中でも、サラダのところに載っているのが、韓国の朝食

野菜の上にどーんと載ったのは、オーストラリア産サーロイン150g。単なるサラダではなく、ステーキが主役のパワープレートです。

「ワイルドハニー(Wild Honey)」韓国の(Korean)朝食
韓国の朝食(Korean)

 


朝食での世界一周、いかがでしたか?

一体どんな料理が出てくるのかと想像するのは、旅先での食事のワクワク・ドキドキ感と似ています。

楽しい朝食で、素敵な一日のスタートを!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ