元祖インディーズ系カフェ「フォーティハンズ」でチョンバルを満喫

[追記] 閉店

『シンガポールの代官山』とも称される、おしゃれエリア「チョンバル」

今や、Plain VanillaMerci Marcel」Priveといった人気店が集まるカフェ激戦区となった一帯ですが、このチョンバル・カフェ・ムーブメントの先駆けといえば、「フォーティハンズ」

古い住宅街に、サブカルチャーの中心地として新たなる息吹を吹き込んだ、チョンバルを代表するカフェです。

 


「フォーティハンズ」の場所・アクセス


■ ローカルな街で生まれたインディーズ系カフェ

2010年、レトロな低層HDB(公団)の1階に誕生した「フォーティハンズ」

MRTのチョンバル駅からは、徒歩10分ほどの距離にあります。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」店舗前の巨大カップ

道端にドーンと置かれた巨大な紙コップのオブジェが、看板代わり。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」チョンバル店の外観

こじんまりとした入口。

外にも、大小のテーブル席が数個、設けられています。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」チョンバル店の半地下スペース
チョンバル店の半地下スペース

中は思ったよりも広く、奥に長い間取り。

突き当たりのドアを進むと、半地下にもスペースが広がっています。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」インテリア

無骨さと個性が入り混じった、クールな店内。

まさにインディーズ系カフェといった雰囲気です。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」イーストコースト店の店内
イーストコースト店の店内

2018年には、シンガポールのカトン地区イーストコーストロード沿いに2号店をオープン。

限られたスペースながら、こちらも「フォーティハンズ」のエッセンスを感じさせる素敵な空間となっています。

 


「フォーティハンズ」のメニュー


■ フォーティハンズで飲める!あのコーヒー

案内してもらった席で、しばしメニューを拝見。

決まったら、カウンターに行って、オーダー・支払いを済ませます。

料理やドリンクは、スタッフの人が持ってきてくれるので、あとは席で待つだけ。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」メニュー

「フォーティハンズ」でハズせないのが、コーヒー。

シンガポールを代表する焙煎所「コモンマン・コーヒー・ロースターズ」のコーヒー豆を使用した一杯。

香り高く、バランスのとれた酸味とコク。

チョンバルで美味しいコーヒーを飲むなら、ここ!

「フォーティハンズ(Forty Hands)」コーヒー

フードは、オールデイ・ブレックファストとして、終日オーダーできる「エッグベネディクト」

「フォーティハンズ(Forty Hands)」エッグベネディクト

厚切りベーコンの上に載せられたポーチドエッグ。ナイフを入れると、黄身がとろ〜りと溢れる出すパーフェクトな茹で上がり。

具は、ベーコンかステーキの2種類から選択できます。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」エッグベネディクト

こちらは、チョンバルベーカリーのクロワッサンを使った「クロック・ムッシュ」

ハムに、追加の目玉焼き、そして雪のように振りかけられたフワフワのチーズ。朝食にぴったりの一皿。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」クロックマダム(目玉焼き入り)

柔らかなチキンと、クリーミーなモッツァレラチーズ、フレッシュなトマトとバジルが絶妙にマッチした「ペスト・チキン・パニーニ」

「フォーティハンズ(Forty Hands)」ペストチキン・パニーニ

付け合わせのサイドに、ポテトかサラダを選べるのもGood。

■ローカル・インスパイアの個性派メニュー

王道のカフェ・メニューだけ囚われないのが、「フォーティハンズ」。

ローカルフードにインスピレーションを得た、ユニークなメニューは見逃せません。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」あんまん(Tau Sar Pau)

その一つが、滑らかなこしあんがギッシリ詰まった名物あんまん! 

おしゃれカフェで、抹茶ラテを片手に、あんまんをパクつくのも乙なもんです。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」あんまん(Tau Sar Pau)

中華セイロとホーローボウルのセットで届いたのは、「扣肉包(Kung Bak Pau)」

トロトロになるまで煮込まれた豚の角煮を、蒸しパンのバンズに挟んでいただく中華風バーガー。甘辛のタレが絶品。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」豚の角煮の中華包バーガー(Kung Bak Pau扣肉包)

最後に紹介したいのが、英連邦諸国で親しまれている軽食スナック「クランペット」

「フォーティハンズ(Forty Hands)」クランペット
バター、ジャム、ハニー付き

ありがちなパンケーキではなく、「クランペット」をラインナップするところが、また憎い!

甘さも控えめで、好みでジャムやバターと合わせて、ペロリといけちゃいます。

「フォーティハンズ(Forty Hands)」イーストコースト店の壁アート
イーストコースト店の壁アート

オリジナリティに溢れるスタンスで、独自路線を進む「フォーティハンズ」。

チョンバルという街のカルチャーを満喫できる、素敵な場所です。

Forty Hands

閉店

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ