断面で魅せる進化系ベーグル専門店「トゥーメン・ベーグルハウス」

視覚先行の現代社会。今やベーグルも、断面で魅せる時代

ベーグル専門店「Two Men Bagel House」の美しい断面

インスタなどのSNSで話題になり、急成長したシンガポールのベーグル専門店「トゥーメン・ベーグルハウス」

今回、この人気店のベーグルを、見た目はもちろん、味まで、徹底チェック!

 


朝から人気のベーグル専門店


■ 中心部・西側・北側と、島内に3店舗

現在、シンガポール国内で3店舗を展開する「トゥーメン・ベーグルハウス」

オフィス街やマリーナエリアにも近いCBD(商業中心区)のタンジョンパガーに1軒。

ベーグル専門店「Two Men Bagel House」タンジョンパガー店
タンジョンパガー店

シンガポール西側の拠点ホランドビレッジに1軒と、オーチャードの北側に位置するノビナにも1軒。

島内を満遍なくカバーするような3ヶ所に散らばっているので、どこか1つは行きやすい店舗があるのではないでしょうか。

ベーグル専門店「Two Men Bagel House」ホランドビレッジ店
ホランドビレッジ店

3店舗とも、平日は8時・週末は9時オープンと、朝早くから営業。

店内で食べれるスペースもありますが、席数は限られているので、テイクアウトやデリバリーもおすすめ。

■ 店舗・時期によって異なるメニュー

まず入口のカウンターで、注文・支払いをしましょう。

カウンターの上部や壁などに掲げられた看板で、メニューをチェック。

ベーグル専門店「Two Men Bagel House」のメニュー

メニューは、店舗や時期によって変更あり。「Space Sheep」や「Turr Key to My Heart」といった、ダジャレの効いたメニュー名が面白い。

この既製メニューから注文してもいいし、ベーグルの種類や中身を選びたい人は、カスタマイズすることも可能です。

 


魅せる断面!これぞビジュアル系


■ 味もボリュームも大満足のベーグル

「ロックス(Lox)」は、スモーク・サーモンにクリームチーズという黄金コンビのベーグル。

幾重にも重なった、サーモンピンクの断面が美しい!

ベーグル専門店「Two Men Bagel House」の「Lox」と「Beckie」
Lox(右上)とBeckie(左下)

カリカリベーコンとスクランブルエッグ、チェダーチーズが入った「Beckie」は、朝食にぴったり。

ベーグル専門店「Two Men Bagel House」の「Lean Jean」
Lean Jean

アボガドのグリーンが映えること!

は、粗挽きのトルコ・ソーセージに、アボカドと卵白の滑らかさが組み合わさった「Lean Jean」

辛くないトマトソースがベースのガッツリ系

ベーグル専門店「Two Men Bagel House」の「Hawaiian」
Hawaiian

スパムと、目玉焼き、パイナップルというハワイアンな組み合わせの「Hawaiian」。大人も子供も、誰でも食べられる味。

ベーグル専門店「Two Men Bagel House」の「Finding Wally」
Finding Wally

「Finding Wally」は、ブルーベリー・ベーグルに、クリームやベリー、ナッツ類を挟んだスイーツ系ベーグル。

ベーグル専門店「Two Men Bagel House」の「Hangover Helper」
Hangover Helper

ベーコンに、スクランブルエッグ、ハッシュドポテトに、ガーリックの効いたソースで味付けされた「Hangover Helper」

これで二日酔い(Hangover)が良くなるかどうかは不明ですが、エネルギー・チャージにはもってこいの一品。ランチにおすすめ。

 


フォトジェニックな見た目だけでなく、味も美味しい「トゥーメン・ベーグル・ハウス」。人気も納得のベーグルを、お試しあれ!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ