今注目のスウェーデン流ほっこりタイム「フィーカ」を楽しむ北欧カフェ

黄金ドームが輝く「スルタンモスク」のお膝元、アラブストリート。このアラビアンな異国情緒が漂う界隈で、目を引く北欧スタイルのカフェがあります。

お店の名前は「フィーカ」

看板の下には、スウェーデン・カフェ&ビストロという文字が添えられています。

 


スウェーデンの習慣「フィーカ」とは?


■ スウェーデン人が大切にするゆとり時間

店名になっている「フィーカ」とは、スウェーデンの言葉

お店の壁に書かれた説明によると、「ゆっくりと立ち止まり、日々の幸せを実感する時間」。

「Fika Cafe」フィーカとは

北欧の国スウェーデンで生活の一部として根付いている、この友だちとコーヒーなどを飲みながらおしゃべりをする文化。

新しいコミュニケーションや休憩のとり方として、日本でも最近注目されはじめている習慣です。

 


ナチュラル&シンプル!北欧スタイル「フィーカ」


■ アラブストリートにある北欧カフェ

アラブストリートの突き当たりに位置する「フィーカ」。

「Fika Cafe」の看板

寄せ木づくりの壁や床に、白と木目を基調としたテーブルとイス。

シンプルなのに、温かみの感じられる居心地のよい雰囲気。

「Fika Cafe」の店内

まさに、北欧スタイルのお手本といえるようなインテリアです。

「Fika Cafe」の店内

片側がガラス張りになっているので、明るい店内。アラブストリートに面した通りにも、屋外席もあります。

 


知られざるスウェーデンの食文化


■ スウェーデンといえばミートボール?

スウェーデンといえば、真っ先に思い浮かべるのが、スウェーデン発祥の家具量販店「イケア(IKEA)」

このイケアに併設されたレストランの定番メニューが「ミートボール」であることから、スウェーデン料理の代名詞的存在となった「ミートボール」。

「Fika Cafe」のミートボールパスタ

フィーカの「ミートボール・パスタ」は、ガーリックとオリーブオイルにチリがピリッと効いた味付け。幅広のフィットチーネとの相性抜群。

■ 北欧のご馳走!肉厚サーモン

バルト海や北海に面したスウェーデンを代表するご馳走が、サーモン。

「Fika Cafe」のグリルサーモン・キヌア

肉厚サーモンと、キヌアを組み合わせた、「サーモン・グリル」

オーガニックやローフードの先進地域、北欧らしいヘルシーな一品。

■ クレープみたいなパンケーキ

「パンカーカ」と呼ばれるスウェーデン風パンケーキ。

通常イメージするフワフワのパンケーキとは異なり、生地をクレープのように薄く焼き上げるのが特徴。

「Fika Cafe」のスウェーデン・パンケーキ

アイスクリームにホイップクリーム、チョコシロップが添えられた甘いデザートは、フィーカタイムにぴったり。

 


アラブストリートにある「フィーカ」。観光で疲れたときに、ゆっくり寛げる北欧カフェで、ほっこり休憩タイムはいかがですか?

Fika Swedish Cafe and Bistro

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ