フラワードーム入場無料「フェンネルカフェ」でアフタヌーンティー

ベイエリアに広がる近未来植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」は、シンガポールを代表する観光名所の一つ。

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」フラワードーム側の入口

敷地内のフラワードームに併設する「フェンネルカフェ」で、花や緑に囲まれたアフタヌーンティーはいかがですか?

アフタヌーンティーの後には、フラワードーム内を無料で散策できるというおまけ付き。

 


フラワードーム内の「フェンネルカフェ」


■ レストラン専用入口からアクセス

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」は、MRTのベイフロント駅からすぐ、マリーナベイサンズの裏側に位置する広大な植物園です。

近未来植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

大部分を占める無料のオープンエリアに、有料のアトラクション施設が数カ所点在する園内。

敷地には自由に入れるので、まずは案内看板に従って、ガラス張りの巨大温室「フラワードーム」を目指しましょう。

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」のアクセス・道順
レストラン専用入口はフラワードームの左側

フラワードームに着いたら、左側に設けられたレストラン専用の入口へ。

くれぐれもドームの通常ゲートから入らないように(入場料をとられます)。

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」の入口

「Pollen」というレストランの看板が目印。

こちらのエントランスから入りましょう。

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」は2階

「フェンネルカフェ」は2階。スタッフの人が席まで案内してくれました。

■ 緑と光が溢れるガーデン・カフェ

フラワードーム内の美しい植物に囲まれた店内は、まさにガーデンカフェ。

緑に囲まれた「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」の店内

フェンネルカフェ付近が、地中海沿岸の植物を展示しているエリアになっているからか、テラコッタのタイルなど、どことなく地中海風なインテリア。

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」の店内

スペースは、そこまで広くないものの、ガラス越しに明るい日差しが降り注ぐ店内は開放感いっぱい。

でもドーム内は空調が効いているので、暑くはありません。

 


「フェンネルカフェ」のアフタヌーンティー


■ 色とりどりのスイーツでガーデンパーティー

フェンネルカフェのアフタヌーンティーは、毎日15時から17時まで。

一人あたり$45です。

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」のアフタヌーンティー・メニュー

お茶は、アールグレイをお願いしました。

ティーバッグですが、ドイツの高級紅茶「ロンネフェルト」

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」ドイツの高級紅茶ロンネフェルト

ほどなく、テーブルに運ばれてきたアフタヌーンティー。

3つに分かれる木製ボックスと、プレート1皿で登場。

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」のアフタヌーンティー

まず目を引いたのが、マンダリンオレンジを型どったシュークリームに、チェリーがのったチキンレバーのパルフェ。

両側には、松の実タルトとマシュマロも並んでいます。

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」のスイーツ・プレート

サーモンと卵のサンドイッチ2種類に、マカロンとキッシュ。

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」のサンドウィッチやキッシュ、マカロン

最後のボックスには、スコーン、グジェール(チーズ風味のシュー)、ドーナツ。

スコーン用に、ジャムとクロテッドクリームが添えられています。

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」のスコーン

サンドイッチのほかにも、キッシュやチーズ風味のシューなど、スイーツだけでなく食事系も充実したアフタヌーンティー。

最後まで、飽きることなくいただけました。

■ 無料でフラワードームを散策

アフタヌーンティー後は、フラワードーム内を通り抜けて外の出口へ。

通常だと入場料$20かかるところが、フェンネルカフェのアフタヌーンティー利用者は入場無料の特典付き

これだけでも、かなりのお得感があります。

「フェンネルカフェ(Fennel Cafe)」のアフタヌーンティー後はフラワードームを散策

フラワードーム内のフェンネルカフェでのアフタヌーティ。

花より団子の人も、花も団子も欲しい欲張りさんも、きっと満足できるはず!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ