シンガポールの近未来植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」徹底解剖

2012年、あのマリーナベイサンズの裏手にオープンした植物園ガーデンズ・バイ・ベイ

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ・イーストからの景色

植物園と言っても、そんじょそこらの植物園じゃありません!

人々の度肝を抜く魅せ方に長けたシンガポール。

作り上げたのは、巨大なガラスドームに、鉄骨のスーパーツリーがそそり立つ、規格外の未来型テーマパーク

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」の全景

今回は、このガーデンズ・バイ・ザ・ベイを徹底解剖。

広大な園内を120%遊び尽くすための、見どころ・秘訣を大公開します!

 


「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」の場所・行き方


■ MRTベイフロント駅直通の地下通路

マリーナベイサンズの奥(裏側)に位置するガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。

MRT最寄り駅は、ベイフロント(BayFront)駅となります。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」へ続く地下道

改札を出ると、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイへとつづく直通地下通路があるので、頭上の案内板の矢印に従って、進んでいきましょう。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」の入口

地下通路の突き当たりを上がると、もうそこはガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。

園内の大半は無料ゾーンなので、敷地内に入るための特別なゲート等はありません。

 


ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの基本情報


■ 営業時間・定休日

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、午前5時〜深夜2時まで開放されています。

各施設の営業時間は、通常9時〜21時まで。フローラル・ファンタジーのみ10時〜19時(土日・祝日は20時まで)。

たまにイベントやメンテナンスのために、営業時間の変更や閉館があったりするので、行く前に公式ホームページで確認しましょう。

 

■ 入場チケットの料金・予約・購入について

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの園内は無料で入れますが、温室ドームや展望台など一部の施設は有料。

入場券は、公式サイトでオンライン購入が可能。

  大人 子供(3〜12才)
フラワードーム
+クラウドフォレスト
$28 $15
フローラル・ファンタジー $20 $12
OCBCスカイウェイ $10 $6
スーパーツリー展望台 $14 $10

楽天会員だったら、楽天ポイントが使える・貯まる楽天トラベル観光体験での予約・購入が便利です。

予約完了後、メールで送られてくるeチケットのQRコード(印刷不要・スマホ画面でオッケー)を、施設入口で見せるだけ。

万が一、当日行けなくなっても60日間有効で安心。

楽天で「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」のチケット購入

 

■ 園内マップで行き先を決めよう!

約10万平方メートル、東京ドーム約21.6個分もの広さを誇るガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」の全景

シンガポールの暑い日中に、あてもなく園内を動き回るのは、体力がいくらあっても足りません。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ園内マップ
クリックで参照元表示 © Gardens by the Bay

だいたい行きたいスポットの目星を決めてから、移動するのが鉄則。

園内にある案内標識やマップで、進行方向を確認しましょう。

 


3つの有料展示!温室ドームの中は別世界


■ 常春のガーデン「フラワードーム」

園内の北端、2つある巨大ドームの一つが、「フラワードーム」

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」のフラワードーム(Flower Dome)

室温23〜25℃に保たれた常春の世界には、5大陸から150種3万株以上の植物が集結。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」のフラワードーム(Flower Dome)

春、中秋節、クリスマス、旧正月と、季節に応じたテーマでの展示を実施しているのも、楽しみの一つです。

 

■ 雲の中を空中散歩「クラウド・フォレスト」

フラワードームの隣に位置する「クラウド・フォレスト」。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」のクラウド・フォレスト(Cloud Forest)

入口をくぐって、目に飛び込んでくるのは、ドームの天井にまでそびえる約35mの「雲霧林」

頂上から地上へと降りる観覧ルートは、霧に包まれた空中回廊

幻想的な雲の中を歩けば、天空の城ラピュタのような世界を体感できます。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」のクラウド・フォレスト(Cloud Forest)
滝の裏側も必見

蘭・ウツボカズラ、シダなどの高地植物に覆われた密林の山頂から、流れ落ちる。マイナスイオンも迫力も満点です!

 

■ インスタ映え「フローラル・ファンタジー」

2019年、駅直通の地下通路を上がってすぐのところにオープンしたばかりの「フローラル・ファンタジー」

ここでは、生花だけでなく、アーティフィシャル・フラワー、プリザーブドフラワーなども活用した空間ディスプレイを展開。

華麗なる花々が競演するワンダーランドは、インスタ映え間違いなし!

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」のフローラルファンタジー(Floral Fantasy)
フラワーファンタジーの花の回廊

前述した「フラワードーム」と「クラウド・フォレスト」の温室ドームとは離れた場所にあるので、間違えないように。

 


巨大樹の森!スーパーツリー・グローブ


■ シンボル!スーパーツリー・グローブ

園内の中心部に位置する「スーパーツリー・グローブ」は、高さ25m〜50mのスーパーツリー18本が立ち並ぶ巨大樹の森

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」スーパーツリー・グローブ(Supertree Grove)

約200種以上の植物に覆われた鉄骨のツリーは、未来型植物園ガーデンズ・バイ・ザ・ベイにふさわしいシンボルツリー

誰でも無料で入れる広場です。

■ OCBCスカイウェイ&スーパーツリー展望台

せっかくなら、スーパーツリーに架けられた全長128mの吊り橋「OCBCスカイウェイ」で、空中散歩してみませんか?

園内や市街地、そしてシンガポール海峡まで、地上22mの高さから眺める360度のパノラマビューは最高。

地上50m、18本のスーパーツリーの中で最も高いセンターツリーの頂上にある「スーパーツリー展望台」に上がることも可能です

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」スーパーツリー・グローブの空中回廊スカイウェイ(OCBC Skyway)
全長128mの「OCBCスカイウェイ」

この2つのアトラクションは有料ですが、やる価値あり。

どちらか一つだけ選ぶとしたら、「OCBCスカイウェイ」がおすすめ。

 

■ 光と音楽のショー「ガーデン・ラプソディー」

「スーパーツリー・グローブ」の楽しみは、日中だけではありません。

日が沈むと、光を帯び始める巨大樹によって、たちまち幻想的な雰囲気に変貌する一帯。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」夕暮れのスーパーツリー・グローブ

さらに、午後7時45分と午後8時45分の2回、音楽と光のエンターテイメント・ショー「ガーデン・ラプソディー」を毎日開催。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」のガーデンラプソディ(Garden Rhapsody)

音楽に合わせて、イルミネーションが煌めく、荘厳なスペクタクル。

どこか見知らぬ惑星に迷い込んだような、異次元の世界観に、どっぷり酔いしれてください。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」のガーデンラプソディ(Garden Rhapsody)

この「ガーデンズ・ラプソディー」は無料、予約も不要。

ショー開始の15分くらい前に、スーパーツリー・グローブ広場へ行って、場所取りをすれば、バッチリです。

Garden Rhapsody

日時毎日午後7時45分と午後8時45分の2回開催

場所スーパーツリー・グローブ広場

料金無料

 


見どころ満載!無料でここまで楽しめる


広大なガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内には、いたるところに楽しめる仕掛けが隠されています。

無料で、見逃せないスポットをご紹介。

■ 4つの屋外庭園「ヘリテージ・ガーデン」

「フラワードーム」や「クラウド・フォレスト」へと向かう道の途中にあるのが、「ヘリテージ・ガーデン」

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」のヘリテージ・ガーデンズ(Heritage Gardens)
中国庭園(左)、インディアン・ガーデン(右)

シンガポール多民族・多国籍文化のルーツである中国・インド・マレー・植民地時代それぞれをテーマにした4つの屋外庭園です。

 

■ 緑の怪物の棲み家「ウェブ・オブ・ライフ」

「ウェブ・オブ・ライフ」は、スーパーツリー・グローブ広場の外周、東側に伸びる道沿いにあるトピアリー(刈り込み装飾)ガーデン。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」木々で巨大な動物をかたどったガーデンWeb of Life

樹木をオラウータンや鳥などの形に刈り込んだ、緑のモンスターたちに出会えます。

 

■ 「プラネット」他、200点以上のアート作品

屋外・屋内問わず、200以上のアートが点在するガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」のアート作品「Planet」by Marc Quinn
Planet by Marc Quinn

中でも有名なのが、長さ9m・高さ3mの巨大な赤ちゃんが宙に浮かぶ「プラネット(惑星)」

イギリスの現代美術アーティスト、マーク・クイン(Marc Quinn)氏の彫刻作品です。

 

■ 水辺で休憩「ドラゴンフライ・レイク」

歩き疲れたら、トンボたちが舞う「ドラゴンフライ・レイク」のそばで、ひと休み。

水しぶきを上げる噴水が、なんとも涼しげ。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」ドラゴンフライ・レイク(Dragonfly Lake)

湖の岸辺には、ボードウォークが整備されており、ウォーキング・コースとしても人気です。

 


自然、エンターテインメント、建築デザインなど、あらゆる要素が見事に融合したガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」睡蓮の池
夕暮れのガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

従来の植物園の概念を覆す、未来型テーマパーク。

シンガポールに来たら、絶対訪れてほしいスポットです。

楽天で「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」のチケット購入

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ