マーライオン観光後にシンガポール川沿いの穴場カフェで朝食「Prive」

シンガポールを訪れる観光客なら一度は行くであろう「マーライオン公園」

世界3大がっかりスポットなどと揶揄されていたのは、昔(移転前)の話。今では、いつも多くの人でごった返しているシンガポール定番の観光名所になりました。

マーライオン公園

最近では、マーライオンを背景に面白ポーズで撮影するのが人気で、ますますマーライオン周りの人だかりは増すばかり。

ゆっくり観光・撮影したい人は、朝の時間帯が狙い目。

まだ暑さも人混みも厳しくならないうちに、マーライオン観光を済ませましょう。

 


マーライオン周辺で朝から開いているカフェ


■ 穴場カフェはミュージアムの中!

さて、朝イチでマーライオン詣(もうで)を終えると、お腹もすいてきました。

マーライオン公園のそばには、レストランやカフェ、バーなどが入った飲食施設もあるのですが、ほとんどが午前11時くらいからのオープン。朝から開いているのはスターバックスくらい。

ちゃんとした朝食を求めて、とりあえずマーライオン後方に見えるフラトンホテルの方向へ

Asian Civilisation Museum内にあるPrive
アジア文明博物館ことACM

そして、フラトンホテル前の橋を渡ったところにあるのが、重厚感ある歴史的な佇まいが素敵な建物。

こちらは、「Asian Civilisation Museum(アジア文明博物館)」、略してACMと呼ばれるミュージアム。

Priveへの案内看板

こちらの1階にあるのが「プリヴェ(Prive)」

博物館自体は午前10時開館なのですが、「プリヴェ」は毎朝8時半(日曜日は朝9時)からオープン

マーライオン周辺の朝食場所としては、貴重しかも穴場的な存在のカフェなのです。

■ シンガポール川沿い!最高のロケーション

博物館内ということもあって、天井が高く、大きな窓・ドア。店全体に広がる明るい日差しが気持ちいい!

Priveの店内

インテリアは、エメラルドグリーンを基調にしたカジュアルな感じ。おしゃれだけどリラックスした雰囲気が、ゆったりした時間を過ごすのにはぴったりです◎。

Priveのアウトドア席
シンガポール川に面したテラス席

外には、開放感溢れるテラス席もあり。しかも、目の前はシンガポール・リバーという最高のロケーション

川から流れる心地よい風に吹かれながら、休憩するのもよし(昼間は暑いかも…)。

 


オールデイ・ブレックファスト


「プリヴェ」の朝食メニューは、朝から午後5時まで注文できるオールデイ・ブレックファストが中心。

■ 名物の「究極の朝食」

Priveの究極の朝食?
Ultimate Signature Breakfast

一番人気は、卵料理にトースト、さらにソーセージ、ベーコン、サラダ、ポテト、豆などがワンプレートに載った「Ultimate Breakfast」。究極の朝食という名のとおり、朝からがっつりパワーチャージができるバランスのとれた一皿。

卵料理は、2つの卵を、オムレツ、スクランブル、目玉焼きなど、希望に応じて調理してくれます。

■ 定番「エッグベネディクト」

カフェの朝食メニューの定番といえば、「エッグベネディクト」

「Prive」では、ベーコンとハムを使った「エッグベネディクト」と、スモークサーモンを使った「エッグロワイヤル」、きのこを使った「エッグトリュフマッシュルーム」の3種類あり。

Priveのエッグベネディクト
Eggs Benedict

■ ヘルシーで美しい「オーツ麦のパンケーキ」

「オーツ麦のパンケーキ」は、小麦粉不使用・グルテンフリーの一品。

パンケーキの上にトッピングされたイチゴやベリーが、目を楽しませてくれます。

チョコレートとピーナッツの別添えソース2種で、自分好みの甘さ加減に調節できるのもGood。

Priveのオーツ麦のパンケーキ
PB&J With Flourless Banana & Oat-Pancakes

■ 子連れや観光客、地元客にも嬉しいサービス

「Prive」をおすすめする理由は、朝食メニューの充実ぶりだけではありません。

  • 11時半からオーダー可能のメニューには、チキンライスやラクサなどシンガポール名物のローカルフードが充実
  • 12歳以下の子供用が頼めるキッズメニュー($12)があり
  • 午後5時から9時までのハッピーアワーでは決められたお酒が50%オフ

などなど。

子連れにも優しく、観光客や地元客にも嬉しいサービスがいっぱい。

Priveのドリンク
ドリンクの種類も豊富

マーライオン公園周辺で、朝食だけではなく、ランチ、ディナーにも使えるお店「Prive」。覚えておいて損はありません!

 


そうそう、お店を出てすぐのACMの一角は、イギリスからやってきたラッフルズ卿が初上陸したとされる地点。

上陸地点に建てられたラッフルズ卿の像

近代シンガポールの父といわれるラッフルズ卿の像が、金融街の高層ビルを背に立つ姿は象徴的。

食事終わりに、こちらも是非寄ってみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ