ハロウィン村の骸骨ジャックが目印!おしゃれカフェ「シンメトリー」

目前に迫ったハロウィン。皆さん、何か計画されていますか?

シンガポールでは、最近の日本国内でみられる驚くほど熱狂的な盛り上がりはありませんが、仮装グッズやお菓子の詰め合わせなどが、目につくようになってきました。

ハロウィンといえば、真っ先に思い浮かぶのが、オレンジ色のカボチャのお化け「ジャック・オー・ランタン」

でも今回登場するのは、ジャックはジャックでも、骸骨のほう

映画『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』で、ハロウィン・タウンの住民でありながら、クリスマスを計画して大騒動を巻き起こす張本人「ジャック・スケリントン」です。

 


アラブストリート地区に馴染むアートなカフェ


Symmetryジャックとサリー

ジャックと、彼に思いを寄せるサリーが仲良く座っているのは、「シンメトリー(Symmetry)」というお店の入口。

ブギス(Bugis)駅から徒歩8〜10分、ビクトリア・ストリート沿いにあるレストラン・バーです。

ハロウィンの時期だけではなく、年中いつ行っても、この入口のベンチに陣取っている2人。お茶目な見張り番として、すっかりカフェの目印となっています。

Symmetry店内

店内に一歩入ると、表とはまた違った雰囲気。

クールで男前なインテリア。ところどころに飾られている個性的なアートやディスプレイが、お店のユニークなセンスを代弁しているかのよう。

Symmetry壁に飾られているアート

 


カフェにも、食事にも使えるメニュー


時間帯、曜日によって内容が変わるメニューの中から、今までに食べたことのあるものをいくつかご紹介。

Symmetryアボカドトースト

人気の「アボカド・トースト」は、アボカドの緑に、コーンの黄色、フルーツトマトの赤色と、彩りが美しい一皿。

パッと見、ランチには物足りなく見えますが、2つのポーチドエッグがトッピングに埋まっていて、食べ終わる頃にはお腹いっぱいに。

Symmetryロブスターパスタ

大きいロブスターの半身がドーンと豪快にのせられた「ロブスター・リングイネ」はディナーメニューの一品。

見た目も、プリプリとした食感も悪くないのに、奇をてらったようなソースの味が、せっかくの素材を台無しにしている印象。

普通でいいから、クリーム系とかシーフードに合うソースで味わいたかった…。ロブスターがもったいない。

Symmetryワッフル
ハーフサイズでこのボリューム

「シンメトリー・ワッフル」は、外はカリっと中はふわふわ。アイスとベリーソースと一緒に頬張る「口福」のひととき。間違いのない定番メニューです。

フル(4枚)かハーフ(2枚)か、サイズが選べるのも嬉しいポイント。

Symmetryのドリンクドリンクのラインナップも充実。定番から、他では見ないちょっと珍しい飲み物まで、いろいろ楽しめます。

Symmetryテラス席
鮮やかなグリーンの扉と窓が素敵

ビクトリア・ストリート側には、テラス席もあり

涼しい午前中や夕方には、開放感のある屋外の席で、ゆったり過ごすのもおすすめです。

Symmetry入口

ハロウィンの日も、ハロウィンじゃない日も、毎日お客さん来るのを待っているジャックとサリー。

アラブストリート界隈にきたら、ぜひ会いに行ってみてください。

[Symmetry]

9 Jalan Kubor, #01-01, Singapore 199206
http://www.symmetry.com.sg/

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ