欧米人に大ウケのインド料理!?裸足のダイニング「ラグナー」

※ 記事内に広告を含む場合があります

定期的に発症するカレー欲を満たすために、訪れる場所といえばシンガポールの少インドリトルインディア

いつもは在住日本人にも人気の高いインド料理店ムトゥース・カリーマスタードなどに行くことが多いのですが、たまには新しいレストランも開拓したい!

ということで、目をつけたのが「ラグナー・ベアフット・ダイニング」

数年にわたり、ミシュラン・ビブグルマンに輝いているというお店です。

 

LAGNAA

ラグナー・ベアフット・ダイニング


■ 足跡をたどり、リトルインディアの路地裏へ

リトルインディアのメインストリート「セラングーンロード」を進むこと、数ブロック。

ド派手な壁画が目印のUpp Dickson Rdの角で曲がります。

Upp Dickson Rd

レストランや商店が立ち並ぶ狭い路地裏。

裸足の足跡

道しるべとなるのが、歩道に描かれた裸足の足跡。こちらをたどると、お店に到着するという趣向です。

 

■ コンセプトは「ベアフット=裸足」

恰幅のよいシェフの像が出迎えてくれる「ラグナー・ベアフット・ダイニング」

こじんまりとした店舗は、間口は狭く、奥行きが長いという典型的なショップハウス型

通常のテーブル席が並ぶ1階と、座敷タイプの2階に分かれています。

Lagnaa2階の座敷席
2階フロアはエアコン有り

特に、靴を脱いであがる2階席は、「ベアフット(裸足)・ダイニング」と称するラグナーのコンセプトそのもの。

室内で靴を脱ぐ文化のない欧米人には、珍しい体験として人気のようです。

 

FOODS

欧米人に大ウケのインド料理


■ 激辛カレーに挑戦「スパイス・チャレンジ」

お店に掲示されているのが、レベル1〜レベル10まで10段階に設定されたカレーの辛さ

壁面に残る歴代の勝者たちの名前

毎月満月の夜には、激辛カレーの完食に挑む「スパイス・チャレンジ(チリ・チャレンジ)」が開催。

今までにないエンタメ性のあるカレーパーティーは、欧米人に大ウケ。ラグナーの名物イベントになっています。

 

■ 美味しいけど、ちょっと割高?

激辛は苦手なため、普通のカレーをいただきます。

Lagnaaマンゴーラッシー

マンゴーラッシーとパパダムをつまみながら待つことしばし。料理が運ばれてきました!

辛さが苦手な日本人好みの鉄板メニュー「バターチキン」はクリーミーで、間違いない美味しさ。

初めて食べた「Vegetable Koorma」という野菜カレーもクセがなく、誰の口にも合いそうな優しい味でした。

Lagnaaのチャイ

食後はチャイでシメて、おしまい。

お会計は2人$144。他のインド料理レストランと比較しても、やや割高

 

FINAL THOUGHTS

総評


裸足ダイニングや、スパイス・チャレンジなど、ユニークな仕掛けがいっぱいの「ラグナー・ベアフット・ダイニング」

個人的にリピートするかは微妙なところですが、

  • いつもと違うお店に行ってみたい人
  • スパイス・チャレンジに興味がある人
  • 座敷でくつろぎたい人

など、一度トライしてみてはいかがでしょうか。

Lagnaa Barefoot Dining

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ