工場を改装!ハードコアなコーヒーショップ「Chye Seng Huat Hardware」

シンガポールのおしゃれカフェ特集では必ず名前が挙がる「Chye Seng Huat Hardware(再成發五金)」

何回聞いても、店名の発音が難しく覚えられないので、略して「CSHH」。

独自路線で、シンガポールのサードウェーブを牽引する人気カフェの秘密に迫ります!

CSHH屋号の看板


オンボロ金物屋の中は、おしゃれカフェ


お店があるのはジャランベサール・スタジアムのすぐ近く。

最寄りのMRTダウンタウン線(青色)のベンデマー(Bendemeer)駅から徒歩4〜5分。もしくはファラーパーク(Farrer Park)駅やラベンダー(Lavendar)駅から徒歩10分前後。

日本で大人気の「ティラミスヒーロー」の本店があることでも知られるTyrwhitt Rdに面しています。

CSHHアクセス

この周辺は、昔から金物屋や工具店が集まるエリアだったようで、この年季の入った建物も、もともとはその一つ。

「Hardware」という屋号が掲げられたゴツい風貌からは、ここがコーヒーショップだとは思わないでしょう。

CSHH外観

お店に入るには、ショップハウス正面にある扉ではなく、左側にある錆びついた鉄扉のほうから。

恐る恐る大扉の向こうを覗いてみると、素敵なカフェがあるじゃないですか!

CSHH入口


コーヒー専門業者のこだわり抜いた一杯


CSHHカフェ入口

シンガポールで古くから豆の販売・焙煎を扱ってきたコーヒー専門業者「Papa Palheta」。カフェ「CSHH」は、「Papa Palheta」が本社兼ロースター施設内にオープンしたコーヒーバー。

CSHHコーヒー哲学
壁に書かれた「Papa Palheta」のコーヒー哲学

それぞれのコーヒー豆に合ったベストな焙煎と抽出方法による、「Papa Palheta」こだわりのが一杯が飲める旗艦店です。

CSHHコーヒーバー

店内中央にドーンと配置されたO字カウンターはバリスタさんのステージ。注文ごとに、コーヒーを一杯いっぱい丁寧に入れてくれる姿を見ることができます。

カウンター席以外に、テーブル席が店内壁際と中庭にも数席。フリー・シーティングです。


気分・フードに合わせてコーヒーを楽しむ


■ カフェラテ

クロワッサンとカフェラテは、朝食のゴールデンコンビ。甘みと苦味のバランスがあるカフェラテは、朝の目覚めの一杯として、パーフェクト。

CSHHクロワッサン

■ デイリーブリュー

マグカップにたっぷりの量が嬉しいデイリーブリューのラージサイズ。ビターなコーヒーのお供には甘いフレンチトーストを。

CSHHフレンチトースト

■ ハンドブリュー

コーヒーでは珍しいデカンタのような瓶と、陶器のコップのセットで運ばれてきたハンドドリップ。少し酸味のあるエチオピア産コーヒー豆「SUKE QUTO」のコーヒーと、甘酸っぱいフローズンベリーチーズケーキで、午後の気分転換に。

CSHHチーズケーキ

■ コールドブリュー

酸味の少ないマイルドな水出しコーヒー。クリーミーなカルボナーラとの相性がバッチリです。

CSHHカルボナーラ

■ アイスラテ

たっぷりのフォームがまろやかなアイスラテ。人気のピリ辛万能調味料「シラチャーソース」がかかったホットドックと一緒にいただきました。

CSHHシラチャードッグ

■ ニトロコーヒー

窒素ガスを注入し、ビールサーバーのような専用タップから注がれたニトロコーヒー。クリーミーな泡立ちが、あたかもビールと見間違うようなルックス。屋外の席で飲めば、開放感もひとしお。


コーヒーへの情熱とこだわりに溢れる「CSHH」。美味しいコーヒーが飲みたくなったら、ぜひ、こちらへ行ってみてください。

ちなみに、こちらはWifiがないので、ノマドカフェとしては不向きかも。あと、週末はかなり混むので、落ち着いた雰囲気を楽しむには平日がおすすめです。

[Chye Seng Huat Hardware]

150 Tyrwhitt Rd, Singapore 207563
http://www.cshhcoffee.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ