町工場がコーヒーの聖地に!「チャイセン・ファット・ハードウェア」

「チャイセン・ファット・ハードウェア(Chye Seng Huat Hardware)」、略して「CSHH」。

シンガポールのカフェ特集で、必ず名前が挙がる人気店の一つ。

CSHH屋号の看板

今回は、独自路線でシンガポールのサードウェーブを牽引するコーヒーショップの秘密に迫ります!

 


町工場がインダストリアル・カフェに変身


■ 新旧が入り混じるジャランべサール周辺

お店があるのはジャランベサール・スタジアムのすぐ近く。

最寄りのMRTダウンタウン線(青色)のベンデマー(Bendemeer)駅から徒歩4〜5分。もしくはファラーパーク(Farrer Park)駅やラベンダー(Lavendar)駅から徒歩10分前後。

CSHHアクセス

日本でも有名になったティラミスヒーローの本店があることでも知られるTyrwhitt Rdに面しています。

■ オンボロ町工場がイケてるカフェに大変身

この周辺は、昔から金物屋や工具店が集まるエリアだったようで、この年季の入った建物も、もともとはその一つ。

CSHH外観

「Hardware」という屋号が掲げられたゴツい風貌からは、ここがコーヒーショップだとは思わないでしょう。

CSHHカフェ入口

一歩入ると、無骨な工場の雰囲気を残したまま、クールなインダストリアル風に改装された内部。

CSHHコーヒーバー

店内の中央には配置されたO字のオープンキッチン。カウンターに座ると、バリスタの店員さんがコーヒーを一入れてくれる姿を間近で見ることができます。

CSHH入口

カウンター以外、壁際に2−4人用のテーブル席がある他、外の中庭にもテラス席があり。

 


コーヒー専門業者のこだわり抜いた一杯


■ コーヒーロースター併設のカフェ

チャイセン・ファット・ハードウェアは、シンガポールで古くから豆の販売・焙煎を扱ってきたコーヒー専門業者「パパ・パレータ(Papa Palheta)」がオープンした旗艦店。

CSHHコーヒー哲学
壁に書かれたコーヒー哲学

敷地内には、ロースターが併設。

それぞれのコーヒー豆に合ったベストな焙煎と抽出方法によるコーヒーを提供するというのが、パパ・パレータのこだわりです。

■ コーヒー党を魅了する、こだわりの一杯

まずは自慢のハンドドリップで、チャイセン・ファット・ハードウェアのコーヒーを腕試し。

3種類の中からチョイスしたのは、エチオピアのスケクト農園で生産されたコーヒー豆「SUKE QUTO」。

「チャイセンファット・ハードウェア(Chye Seng Huat Hardware)」エチオピアのスケクト農園のコーヒー

デカンタのような瓶と、陶器のコップのセットでサーブされるハンドブリュー。

爽やかな酸味と、フレッシュな香りが凝縮したコーヒー。

「チャイセンファット・ハードウェア(Chye Seng Huat Hardware)」ハンドブリュー

その他、「カプチーノ」、「ラテ」はもちろん、「エスプレッソ」、「モカ」、「コールドブリュー」まで、コーヒー党を満足させる充実ラインナップ。

「チャイセンファット・ハードウェア(Chye Seng Huat Hardware)」スペシャルティ・コーヒー

個人的なおすすめは、ビールのような「ニトロコーヒー」。窒素ガスを注入したクリーミーな味わいがお気に入りです。

 


定期的に変わるフードメニュー


コーヒーのみならず、フードにも力を入れているチャイセン・ファット・ハードウェア。

定期的に更新されるレギュラーメニューや、季節やイベントに合わせた期間限定メニューもあって、飽きることはありません。

■ コーヒーと一緒に!朝食・デザート

朝9時に開店するチャイセンファット・ハードウェア。

カフェラテとクロワッサンの朝食で、1日をスタート。

CSHHクロワッサン

パンダンやグラマラッカといったローカルフレーバーを生かした「パンケーキ」も人気。

「チャイセンファット・ハードウェア(Chye Seng Huat Hardware)」パンダン・パンケーキ

フルーツを美しくトッピングした「フローズンチーズケーキ」「フレンチトースト」は、コーヒーブレイクのお供にぴったり。

「チャイセンファット・ハードウェア(Chye Seng Huat Hardware)」チーズケーキやフレンチトーストのスイーツ系メニュー

■ つまみ系からガッツリ系フードまで

ピリ辛万能調味料シラチャーソースがかかったホットドッグに、山盛りのポテト。

「チャイセンファット・ハードウェア(Chye Seng Huat Hardware)」ホットドッグ

定番メニューであるパスタやハンバーガー。

「チャイセンファット・ハードウェア(Chye Seng Huat Hardware)」カルボナーラやハンバーガー等のフード系メニュー

ボリュームのあるガッツリ系も、軽くつまめるスナック系もあるので、朝から夜まで利用できるカフェです。

 


コーヒーへの情熱とこだわりに溢れる「チャイセン・ファット・ハードウェア」。

シンガポールで美味しいコーヒーが飲みたいときや、ぜひ行ってみてください。

週末はかなり混むので、落ち着いた雰囲気を楽しむには平日がおすすめです。

 

Chye Seng Huat Hardware(再成發五金)

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ