ミシュラン1つ星レストラン「アルマ」創作系キュイジーヌのディナー

オーチャード駅の交差点から、スコッツロード沿いを10分ほど歩いた場所にある「グッドウッドパーク・ホテル」

とんがり屋根にヨーロッパの古城のような外観が素敵なコロニアル・ホテルです。

「アルマ」のあるグッドウッドパーク・ホテル

このホテルは、北京ダックで有名なレストランミンジャンや、ハイティービュッフェで人気のラウンジ「レスプレッソ」など、レベルの高いダイニング揃い。

Alma by Juan Amadorの外観

今回は、ホテル1階(入口は駐車場側)にあるレストラン「アルマ・バイ・ファン・アマドール」にお邪魔しました。

 


ミシュラン1つ星の高級レストラン


■ 3年連続ミシュラン1つ星のレストラン

スペイン語でを意味する「アルマ」

ヌーベル・キュイジーヌの旗手として知られるスペイン系ドイツ人シェフ、フアン・アマドール氏が、自身のルーツであるスペインやドイツの味をベースに、アジアのエッセンスをプラスした料理を目指してオープンしたレストラン。

シンガポール版ミシュランにおいて、2016年から3年連続で1つ星を獲得しています。

ミシュラン1つ星Alma by Juan Amador

現在、エグゼクティブ・シェフとして厨房を指揮するのは、レザミやジョエル・ロブションといった名だたるレストランで腕をふるっていたハイカル・ジョハリ氏

新しい味への探求は、さらに加速していきそうな予感です。

■ モダンなファイン・ダイニング

白と木目調のシックなインテリアに、鮮やかな赤がアクセントに使われた店内。上品さとモダンさを兼ね備えたファイン・ダイニングにふさわしい雰囲気。

Alma by Juan Amadorの店内

クロスがピシッと敷かれたテーブルには、グラスやカトラリーがセッティングされています。

Alma by Juan Amadorの店内

 


「アルマ」のディナーメニュー


■ 夜のディナーメニュー

「アルマ」のディナーは、3種類

  • 4品コース:$117++
  • 6品コース:$158++
  • 8品コース:$197++

さすがミシュラン1つ星の高級レストラン、なかなかのお値段です。

メモ

4品コースは、月曜日から木曜日のみ。

Alma by Juan Amadorのメニュー
6コースのディナーメニュー

今回は、6品のコースをチョイスしました。

 


創作ヨーロピアン・キュイジーヌのフルコース


■ 「アルマ」自慢のワインで乾杯

注文後、まずはワインで乾杯!

Alma by Juan Amadorのワイン

フランスからイタリア、スペイン、カリフォルニアなど、世界各国のワインが並ぶ「アルマ」ご自慢のワインセラー

料理に合わせて、ワインのペアリングをお願いすることも可能です。

■ コース前から魅せるフュージョン・スナック

コースが始まる前に、アミューズとしてサーブされるのが、4種類の「スナック」「ポテト・ブレッド」。Alma by Juan Amador「アミューズ」

特におもしろかったのが、ウナギ風味のフォアグラが、コーヒートーストにサンドされた「フォアグラ・スナック」

Alma by Juan Amador「フォアグラ・スナック」

カヤトーストの袋を想起させる茶色いペーパーバックでの登場といい、まさにシンガポール文化に触発された一品です。

■ ヌーベル・キュイジーヌの真骨頂

スナックが終わると、いよいよコースがスタート。

1品目は「北海道産ホタテ」

フレッシュで肉厚のホタテに、爽やかな酸味のパッションフルーツ・ソースがよく合います。

Alma by Juan Amador「北海道のホタテ」

2品目の「あん肝レバー」は、赤い彩りを添えるビーツが、デザートのように美しい1品。

Alma by Juan Amador「あん肝」

3品目の魚料理として、サーブされたのは「ブリ」

ソースには味噌が使われており、和食のブリの照り焼きそのもの。ご飯が欲しくなる味です。

Alma by Juan Amador「ブリ」

メインの一つ「イベリコポークの豚トロ」

外側を備長炭で炙ったポークから漂う、食欲をそそる香り。

濃厚な豚トロの脂も、リンゴ・ピューレのおかげで、後味さわやか。あっという間にペロリと完食。

Alma by Juan Amador「イベリコ豚」

もう一品のメインは、「ピレネー産ラム肉」

断面がローズ色のラム肉は、焼き加減がパーフェクト。

北アフリカのスパイス、スペイン産アンチョビ、アプリコットなどのソースを組み合わせることで、いろんな味が楽しめる一品です。

Alma by Juan Amador「ピレネー産ラム肉」

6品目の最後は、「ホワイト・ロシアン」。

イタリアン・コーヒー「エスプレッソ」、メキシコのコーヒーリキュール「カルーア」、マレーシアの黒砂糖「グラマラッカ」を一皿にまとめげたデザート。

■ 食後のプチフール

6品出たところで、ディナー終了と思いきや、最後の最後にテーブルに並べられた「プチフール」の数々。

シンガポール在住者なら知っている「ジェム・ビスケット」を模していたり、一つ一つ凝っています。

Alma by Juan Amador「プチフール」

食後のコーヒーもしくは紅茶を飲みながら、美しい焼き菓子もいただきました。

 


良い意味で予想を裏切る、料理の数々。

新しい味と食感に出会うフュージョンの妙に魅せられたディナーでした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ