ここは日本?畳の間と禅庭でくつろぐ抹茶カフェ「フヴァーラ(Hvala)」

※ 記事内に広告を含む場合があります

今年もあっという間に、12月。

年の瀬で忙しく過ごされている皆さま、お疲れさまです。

まるで日本にいるような気分でくつろげるカフェで、抹茶でも一服。ちょっと一息つきませんか?

 


禅を感じる抹茶カフェ「Hvala」


■ 「Hvala」って? 何て発音するの?

日本茶専門ティーハウスということをコンセプトに、シンガポールで複数店舗を展開する「Hvala」

「フヴァーラ(Hvala)」サマセット店の店内

「Hvala」とは、『ありがとう』を意味するクロアチア語で、「フヴァーラ」と読みます。

なぜ日本風カフェにクロアチア語の店名なのか、いまいち理由はわかりませんが、旅行で訪れたクロアチアに魅了されたオーナーによる命名だそうです。

 

■ 階段席や畳の間がある和モダン・カフェ

見てのとおり店内は、日本的な禅・ミニマリズムを意識したインテリアで統一。

「フヴァーラ(Hvala)」サマセット店の階段シート
サマセット店の階段席

オーチャード・ロードの裏手にあるサマセット店で目を引くのは、石段を模したような階段シート

「フヴァーラ(Hvala)」店内の雰囲気

手水鉢(ちょうずばち)が置かれ、白石の砂利と飛び板が敷かれた床。窓の外に見える、眩しいほどの緑の借景

―――禅寺のような静謐な雰囲気に包まれています。

「フヴァーラ(Hvala)」のチャイムス店の店内
チャイムス店の畳の間

チャイムス店の奥には、なんと畳の間が!

シンガポールで、畳の上で足を伸ばして、くつろぐことができるなんて思ってもいませんでした。

 


こだわりの抹茶・日本茶で一服


■ 日本茶にちなんだ豊富なドリンク・デザート

日本から厳選された茶葉を仕入れている「フヴァーラ」。

シンガポールでも人気・認知度の高い抹茶はもちろん、緑茶、ほうじ茶、玄米茶といった幅広い日本茶メニューが揃っています。

「フヴァーラ(Hvala)」抹茶パラダイス

しかも、ドリンクだけでなく、お茶を使ったデザートメニューも豊富。

「フヴァーラ(Hvala)」抹茶プチガトー

フォークを入れると、鮮やかなグリーンの断面が現れる「抹茶ガトー」。濃厚な抹茶味が楽しめるガトーショコラです。

「フヴァーラ(Hvala)」深蒸し茶

一般的な煎茶より、じっくり蒸した「深蒸し茶」は、渋みが少なく、まろやかな味わい。

お茶の濃い緑色が映えるガラスの茶器も素敵。

「フヴァーラ(Hvala)」の柚わらび餅
柚わらび餅

お抹茶と一緒にいただいたのは、「わらび餅」

定番のきな粉わらび餅に、抹茶わらび餅、柚わらび餅の3種類がありました。

「フヴァーラ(Hvala)」抹茶アイスと抹茶ラテ

冷たい「抹茶アイス」に合わせるのは、温かい「抹茶ラテ」

「フヴァーラ(Hvala)」チョコレートトリュフ

チョコレートケーキやワッフルなど、お茶好き以外でも楽しめるメニューもあるので、ご安心を。

「フヴァーラ(Hvala)」のワッフル

海外にいると、知らず知らずのうちに、肩の力が入りがち。

そんなときには、癒しのオアシス「フヴァーラ」へ。心に沁みいる日本のお茶と和の雰囲気。ホッと一息つくのにもってこいのお店です。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ