在住日本人御用達!お腹いっぱい食べるなら「焼肉亭・青ちゃん」

今日は久しぶりの焼肉ナイト

お邪魔するのは、シンガポールの日本人界隈で有名な焼肉店「青ちゃん」

実は、シンガポール在住うん年にもかかわらず、今回が初訪問

朝からソワソワ、ランチも抑えめ。お腹の準備も万端で、いざ出陣です!

 


日系焼肉店の老舗「青ちゃん」


■ オーチャードのコンコルドホテル2階

ドビーゴート駅とサマセット駅の中ほどに位置する「コンコルド・ホテル&ショッピング・センター」

2つの駅からオーチャード・ロード沿いに歩いて、約7〜8分ほど。この建物の2階に、「焼肉亭・青ちゃん」があります。

「焼肉青ちゃん」入口

赤提灯が出迎えてくれる、お店の入口。

年季を感じる「コンコルド・ホテル&ショッピング・センター」の内部とあいまって、まさに昭和レトロ

シンガポールで出会う、懐かしい日本の雰囲気に、ホッとします。

「焼肉青ちゃん」看板

店内は、メインの客席エリアのほかに、個室も多数。

「焼肉青ちゃん」テーブル席

日本人のお客さんが多いお店では、逆に日本人同士の会話や視線が気になったりするもの。個室で気兼ねなく過ごせるのはいいですね。

 


コスパ最高!美味しい焼肉


■ 上質な肉をリーズナブルな値段で

メニューには、日本産・オーストラリア産の和牛やイベリコ豚など、厳選されたお肉が並びます。シーフードや野菜に、麺・飯などの一皿料理も充実。

しかも、どれも良心的な価格設定がうれしい!

「焼肉青ちゃん」第一弾の肉

スタートは、お決まりの「ネギ塩タン」から!

網の上でサッと炙って、両面に軽く焼き色がつくくらいで出来上がり。

弾力のある食感と、ギュッと詰まったタンの旨味が、噛むごとに楽しめます。

「焼肉青ちゃん」ネギ塩タン

続いて、「カルビ」。全体にまんべんなくサシが入った美しい赤身は、見ただけで新鮮さが分かります。

口の中でジュワっと溶け出す、肉汁と脂の甘味がたまりません。

「焼肉青ちゃん」カルビ

クセがなくて食べやすい「ハラミ」も、焼肉店に行ったら、絶対にオーダーする一皿。

「焼肉青ちゃん」ハラミ

お腹が空いていたため、初っ端からガッツキすぎてしまいましたが、仕切り直しのベジタイム

「焼肉青ちゃん」アスパラガス

アスパラガスに、トウモロコシ。網で焼くと、香ばしさ・美味さが倍増!

「焼肉青ちゃん」トウモロコシ

これは、パッケージもかわいい「凍結梅酒」

「焼肉青ちゃん」凍結梅酒

第2ラウンドのお肉が登場。

「焼肉青ちゃん」第二弾の肉

ここら辺に来ると、何を頼んだかの記憶もあやふや…。タン塩のおかわりとロースだったかな?

■ シメは、クッパと焼きおにぎり

シメに、たっぷりの野菜と玉子が入ったクッパ雑炊

胃袋が洗われるような鶏ガラスープのやさしい味にほっこり。

「焼肉青ちゃん」野菜クッパ

そして、「焼きおにぎり」。網の上で、こんがりと美味しそうに焼けました。

「焼肉青ちゃん」おにぎり

 


初めての「焼肉亭・青ちゃん」でしたが、リーズナブルなお値段で、心ゆくまで上質なお肉を味わえることに感動。

肉・部位の種類が豊富で、サイドや料理にも大満足。

在住日本人に人気があるのも納得のお店。シンガポール・オーチャード周辺で日本の焼肉屋さんをお探しなら、ぜひ訪れてみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ