バリ発!あのポテトヘッドが手掛けるグルメバーガー「スリーバンズ」

バリ島で一、二を争う有名ビーチクラブ「ポテトヘッド」

「スリーバンズ」は、ビーチクラブで評判のグルメバーガーと創作カクテルを提供するハンバーガーショップ

バリ島を飛び出し、現在シンガポールに2店舗を展開しています。

 


ケオンサイク通りのランドマーク・ビル


■ 「スリーバンズ」の場所・アクセス

オートラムパーク駅の出口Hから徒歩5分ほど。

「スリーバンズ(Three Buns)」がお店を構える旧東亜ビル

ケオンサイク通りの中央に位置するアイコニックな古い建物「スリーバンズ」は、このビルの1階と2階にお店を構えています。

■ セルフ形式の1階 or エアコン完備の2階

面白いのが、1階と2階でサービス形式が異なること。

オープンエアの通路にテーブルを並べた1階は、セルフサービス。ここで食べた場合は、サービス料(10%)はかかりません。

「スリーバンズ(Three Buns)」の1Fテラス
1階席はセルフサービス

対する2階は、エアコン完備でフルサービス方式。

「スリーバンズ(Three Buns)」の2F店内

古いビルの外観からは想像もつかない、クリエイティブで摩訶不思議な空間が広がっています。

「スリーバンズ(Three Buns)」の摩訶不思議な空間

ビンテージ調の家具に、アートな壁、そして所々に飾られた風変わりなオブジェ。

「スリーバンズ(Three Buns)」の2Fソファシート
居心地のよいソファ席は人気

何だか楽しくなる、おもちゃ箱のような店内です。

 


「スリーバンズ」創作系グルメバーガー


■ 他にはない!独創的なメニュー

クリエイティブなのは、お店の内装だけではありません!

メニューに並ぶハンバーガーやドリンクも、個性派揃い

「スリーバンズ(Three Buns)」のメニュー

「ランボー」「ウォーターメロン・マン」といったユニークな名前がついたハンバーガー。

どんな味がするんだろうと想像を膨らませながら、注文します。

■ 色鮮やかなフルーティー・ドリンク

まずは乾杯! といってもお酒ではありません。

「スリーバンズ(Three Buns)」のフローズンドリンク

フレッシュなフルーツをピューレにしたフローズン・ドリンク。

黄色いほうが「マンゴー・タンゴ」で、赤いほうが「クリス・クロス・クラッシュ」

■ 果たしてハンバーガーの実力は?

お待ちかねのハンバーガーがやってきました。

注文したのは、「クール・ハーク」「ベイビー・ヒューイ」

「スリーバンズ(Three Buns)」のハンバーガー

一般的なハンバーガーと比べると、小ぶりなサイズ。

バンズから、はみ出さんばかりビーフパティはブラックアンガス150g。

「スリーバンズ(Three Buns)」のベイビーヒューイ(Baby Huey)

パクリとかぶりつけば、中はほんのりとピンク色。希望通りのミディアムで仕上がっています。

「スリーバンズ(Three Buns)」のスモーキン・Bボーイ

イチオシは、燻製の香りが食欲をそそる「スモーキン・Bボーイ」

「スリーバンズ(Three Buns)」のスモーキン・Bボーイ

つやつやと光るブリオッシュ生地のバンスに、ジューシーな肉とベーコン、そして特製のBBQソース。

これぞグルメバーガーの真骨頂。試す価値ありです。

■ 食後はデザート?それともカクテル?

食後は、デザートで夜お茶するのもよし、自慢の創作カクテルを楽しむのもよし。

「スリーバンズ(Three Buns)」のデザートで夜お茶

「スリーバンズ」はランチ〜深夜まで営業。いろんなシチュエーションで使えるお店です。

Three Buns by Potato Head

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ