シンガポールのチキンライス界をアイデアで生き抜く四天王「ロイキー」

急激に近代化が進むシンガポールの中で、昔と変わらぬ人々の暮らしぶりを垣間見ることができる下町地区バレスティア(Balestier)

見るからに年季を感じさせる食堂や商店が、今でも現役バリバリで営業中。いつも多くの地元の人たちで、賑わっています。

 


チキンライス一筋の老舗


Loy Kee外観
チキンライス激戦区バレスティア通りにある店舗

「ロイキーベストチキンライス(黎記海南鶏飯/Loy Kee Best Chicken Rice)」も、そのうちの一つ。1953年の創業から半世紀に渡り、チキンライス一筋に庶民の味を守ってきた老舗。

チキンライス四天王(文東記、ロイキー、ファイブスター、チャターボックス)の一つに数えられる名店です。

Loy Kee看板

レトロな趣を残しつつ、綺麗にリニューアルされた店内。明るく清潔なレストランといった雰囲気です。

Loy Kee店内

注文するのは、もちろんチキンライス。

Loy Keeでは、スチーム、ロースト、そしてソイソースの3種類のチキンから選べます。

 


おしゃれなカフェ風ワンプレート?


Loy Keeセット
ロースト

Loy Keeのスペシャルセット

運ばれてきたのは「Loy Kee Special Set」。一人分のチキンライスセットが、おしゃれなウッドトレイでサーブされます。

チキンライスの古豪が繰り出す、思いがけない演出!?に好感度がグーンと急上昇!

Loy Keeチキン

つやつやとしたチキンは、しっとり柔らか。

惜しむらくは、他のチキンライスの名店と比べると、やや肉厚がなく、量的に少し物足りなく感じてしまうことか。

Loy Keeサイドディッシュ

チキンの他に、セットでついてくるのは、チンゲン菜のオイスターソース炒めと、キャベツ入りのスープ。

『野菜も欲しいけど単品を注文するのはなぁ…』と躊躇してしまうことが多いので、この適量サイズのベジが一緒についているのは、嬉しい限り。

チキンライスには欠かせない、ダークソース・チリ・ジンジャーのソース3兄弟が、デフォルトでセットされているのもポイント高し。

Loy Keeソース3点

チキンストックと生姜の風味がしっかり付いたライス。一口噛むごとに味が広がる、チキンにベストマッチの相棒です。

Loy Keeライス

Loy Kee中国茶
中国茶もカップ&ソーサーでカフェ仕様

チキンライスの有名店の中でも、シンガポール随一の長い歴史を誇る老舗ながらも、時代のニーズを柔軟に取り入れ、進化を遂げていくロイキー。

バランスのとれた野菜とのセットメニューや、おしゃれなプレゼンテーションなど、他にはないアイデアで、これからもチキンライスのファン層を広げていってくれることを期待します。

[Loy Kee Best Chicken Rice]

342 Balestier Rd, Singapore 329774

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ