香港発エッグタルトの有名店「タイチョン・ベーカリー(泰昌餅家)」

中華スイーツの代表格、「エッグタルト」

シンガポールでも、街の飲茶屋さんや菓子店などでよく売られている、ごくごく一般的なオヤツです。

TaiCheongBakeryの名物エッグタルト

そんなエッグタルトのために、シンガポーリアンが行列をなすお店「タイチョン・ベーカリー(泰昌餅家)」

1954年に、香港で創業したエッグタルトの名店です。

 


タイチョン・ベーカリーの店舗・場所


■ シンガポールに3店舗

香港では知らない人がいないという老舗ベーカリーが、満を持してがシンガポールに進出したのは、2016年

それから約3年の間に、シンガポール国内に3店舗を展開するまでになりました。

TaiCheongBakeryのオーチャード高島屋店
オーチャード高島屋店はB2階のデパ地下フロアに2ヶ所

オーチャード高島屋には、デパ地下の食品・菓子コーナーにお店があるだけでなく、隣に併設されたフードコートにもストールを出店。

TaiCheongBakery外観
ホランドビレッジ店

ホランドビレッジにある路面店は、小さいながらもカフェのような雰囲気。

最近では、ノべナにも3店舗目がオープンしました。

 


クッキー生地の香港式エッグタルト


■ タイチョン・ベーカリー名物!エッグタルト

まず入手したのは、タイチョン・ベーカリー名物の「エッグタルト」。

手土産にも使える、エメラルドグリーンが綺麗な持ち帰り用ボックス

1箱には、エッグタルトやパイが4つまで入ります。

TaiCheongBakeryの箱

箱の中から現れたのは、直径約5cmほどのツヤツヤと光り輝くエッグタルト。

黄色がオリジナルで、緑がパンダンフレーバー。各$2。

TaiCheongBakeryのエッグタルト

外側は、一般的なパイ生地とは異なる、しっかりとしたクッキー生地

西洋菓子のテクニックを取り入れたという「タイチョン・ベーカリー」発祥のスタイル。以降、香港式エッグタルトの特徴の一つと言われています。

TaiCheongBakeryのエッグタルト

中のエッグ・カスタード部分は、滑らかなプリンのような感じ。スルッとした喉こしで、さっぱりとした甘味が広がります。

甘さ控え目のエッグタルトは、午後のティータイムのお供にぴったり。

 


香港式ご飯メニュー


■ 香港のローカル味!フードメニュー

オーチャード高島屋のフードギャラリーと、ホランドビレッジ店で楽しめる、フードやドリンクメニューも人気。

TaiCheongBakeryのメニュー

ふかふかの「フレンチトースト」や、練乳がかけられた「円形トースト」といった、香港スタイルの朝食メニュー。

TaiCheongBakeryのトースト類

こちらは、卵でとじた具材が、ライスの上にのせられた「三色滑蛋飯」という名前の料理。

TaiCheongBakery3色玉子飯

プリッとしたエビや、しゃきしゃきした野菜、甘みのあるチャーシューといった、たっぷりの具材と、トロっとした卵のハーモニー

そこに醤油ベースの味付けが加わって、美味しくないわけがありません。

TaiCheongBakeryドリア

その他、チーズたっぷり熱々の「ドリア」や、大振りのチキンやビーフを使った「カレーライス」など、ボリュームたっぷりなメニューもあり。

一品、$15以内のものが多いので、サクッとしたランチにぴったりです。

Tai Cheong Bakery

地図391 Orchard Rd, #B2 Takashimaya Food Hall, Singapore 238872

サイトhttps://www.taicheong.com.sg/

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ