炭火焼は本店だけ!シンガポールの朝は元祖「ヤクン・カヤトースト」から

[更新] 再訪時の情報と写真追加

カヤトースト(Kaya Toast)で始まるシンガポールの朝。

シンガポールでカヤトーストを広めた元祖といわれているのが「ヤクン・カヤトースト」。国内に50店舗近くを展開、人の集まる駅やモールには必ずある有名チェーン店です。

ヤクン・カヤトーストのロゴ

 


ヤクン・カヤトースト本店へ


数ある店舗の中でも、どうせ行くならおすすめしたいのが、チャイナタウンの東端にある本店

文化保全プロジェクトの一環として整備された商業施設「ファーイーストスクエア(Far East Square)」の一角に位置しています。

ファーイーストスクエア

アーケード内は、古い中国伝統家屋を再現したレトロな街並みが広がっていて、歩いているだけでも楽しいエリア。

土壁のように黄味がかった壁に木製ドアと、情緒たっぷりのヤクン本店。

「ヤクン・カヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)」のファーイースト・スクエア本店の店内

店自体はそれほど大きくはないものの、屋内・屋内合わせると座席数は十分。

エアコンの効いた店内か、開放感のあるアウトドアか、好きなほうを選びましょう。

「ヤクン・カヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)」の厨房キッチン

客席スペースの正面(奥)には、年季を感じさせる厨房。

レジで注文と支払いを先に済ませるシステムは、全店舗共通。

 


シンガポール・カヤトーストの原型


まず注文してほしいのは元祖「カヤトーストセット」

ちょっと茶色い薄切りパンが特徴のヤクンのカヤトーストは、まるでラスクのようなサクサクとした食感。

本店だけで味わえる創業当時の炭火焼を守ったトーストの味は、ことさら特別に感じます。

半熟卵はカヤトーストの定番セット

セットでついてくる半熟卵2個。醤油や胡椒をかけて、ここにトーストをつけながらいただくのが“通”の食べ方

カヤジャムの自然な甘さと、とろりとした卵の滑らかさが、口の中で溶け合うのを堪能しましょう。

ヤクンのテ(紅茶)

コンデンスミルクがたっぷり入ったコピ(コーヒー)もしくは(紅茶)も、シンガポールならではの味わい。

『ソーサーにこぼれている!』などといった細かいことを気にしてはいけません。

これは溢れるほど注いでくれたお店の方のサービスだと、ありがたく受けとっておくべし!

ヤクンのコーヒーカップ

ヤクンの他の店舗ではヤクンのロゴが入ったコーヒーカップが使われているのに対し、ここ本店では、シンガポールの昔からのコピティアムでお馴染みだったカップ&ソーサーで出てくるのもポイント。

 


カヤトースト以外のおすすめメニュー


カヤトースト以外にも、いろんなメニューがある「ヤクン・カヤトースト」。どれも手頃な価格なので、気軽に試して、お気に入りを見つけてください。

■ 蒸し立てホカホカ!スチームブレッド

せいろに入ってやってくる「スチームブレッド」

「ヤクン・カヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)」のスチームブレッド・セット

蒸したてのアツアツのパンは、驚くほどフカフカ。トーストとは違った美味しさで◎。

中身はカヤジャムかピーナッツバターが選べます。

ヤクンのスチームブレッド

■ ハイカラな味!フレンチトースト

「フレンチトースト」も、カヤジャムと半熟卵でいただくのがシンガポール流。

東洋と西洋が融合したハイカラな1品。

「ヤクン・カヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)」のフレンチトースト

■ ベビーカステラ!カヤボール

お次は「カヤボール」。コロンとした小さなボール型は、まさにベビーカステラ。

朝食だけでなく、ちょっと小腹が空いた時のおやつにもぴったり。

「ヤクン・カヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)」のカヤボール

■ カヤクラッカー

カヤジャムとバターを、トーストではなくクラッカーでサンドしたのが、「カヤクラッカー」

「ヤクン・カヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)」のカヤクラッカー

クラッカーのほのかな塩気に、バターとカヤの自然な甘味が醸し出す絶妙なハーモニー

 


シンガポール土産の定番カヤジャム


■ おうちで味わう!カヤトースト

カヤジャムはシンガポール土産の定番アイテム

ヤクンのカヤジャム

このカヤジャムさえあれば、あとはバターをトーストにサンドするだけ。

おうちでシンガポールの朝食を味わうこと可能です。

そしてヤクンとグリコがコラボしたポッキーも見つけたら、即ゲット。期間限定商品なので、なくなり次第終了です。

 


カヤトーストの元祖「ヤクン・カヤトースト」本店での朝食は、シンガポール旅行の楽しい思い出になるはずです。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ