イーシュン湖畔のブックカフェ「静思書軒」お茶と本を片手に自分時間

ある晴れた日、北部の町「イーシュン(Yishun)」におでかけ。

安全な国シンガポールにあって、何かと物騒なウワサの多い地区ですが、真っ昼間なら大丈夫だろうということで、Let’s Go!

 


シンガポール最果ての町イーシュン


■ イーシュンへの行き方・アクセス

シンガポール北端に位置するイーシュンへは、交通機関でアクセス可能。

MRTの場合、南北線のイーシュン駅で下車。バスの場合、駅前のバスターミナル「イーシュン・バス・インターチェンジ」を目指せばいいかと。

シンガポール北部の町イーシュン

初めて降り立ったイーシュンは、思った以上にキレイに整備された街並み。

駅前の巨大なショッピングモールに、人々の暮らしが息づくHDB(公団)―――典型的な郊外のローカルタウンといった印象。

治安の悪い無法地帯といった雰囲気は、全くありません。

■ 緑に囲まれた、美しいイーシュン湖

駅前から8〜9分ほど歩いたところで、イーシュン湖に到着。

Yishun Pondと呼ばれているので、正しくはイーシュン池といったほうがいいのかな?

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)のイーシュン湖

満々と水を湛える池に、映り込む青空と緑。吹き抜ける風が、静かに水面を揺らしていきます。

超高層ビルが林立する市街中心部にはない豊かな自然。

これを見るだけでも、わざわざイーシュンまで来た甲斐があったってもんです。

 


湖畔のブックカフェ「静思書軒」


■ WiFi完備!至れり尽せりの青少年センター

イーシュン池のほとりに建つのが、慈済人文青年センター(Tzu Chi Humanistic Youth Centre)。

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)のある慈済人文青少年センター

仏教精神に根ざした非営利団体が運営する青少年センターのような施設で、誰でも出入り自由。

慈済人文青年センターの施設1階
中にはミーティングルームや自習スペースなどが完備。WiFiも利用可能と、至れり尽せりのスポットです。

■ ミニマルなブックカフェ「静思書軒」

このセンターの1階にあるのが、ブックカフェ「静思書軒」

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)の入口

3辺を一面ガラスに囲まれた店内に、燦々と差し込む光。

直線的な白木の木製家具が、クリーンでミニマルな感じ。

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)の店内

店内には、茶葉や茶器、健康食品などの物販スペースもあり。

中央の平台には書籍も並んでいるのですが、内容は青少年センターの母体である仏教団体の関連本が中心。

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)の書籍や食料品など

その点は、TSUTAYAみたいなブックカフェとは異なるので、ご注意を。

本を読みたい場合、自分のお気に入りを持っていきましょう。

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)の窓側カウンター

入口と反対側には、大きな窓から湖を一望できるカウンター席があります。

■ お茶と本で、まったり過ごす自分時間

カウンターもいいけれど、一番のおすすめは屋外のテラス席

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)の屋外テラス席

目の前に広がる、この美しい景色。

いや〜、疲れた心が洗われるようです。

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)イーシュン湖を一望

カフェのメニューは、お茶をベースにしたドリンク類がメイン。

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)のメニュー

パッションフルーツのほのかな甘味と爽やかな香りを生かした「パッションフルーツ・ティー」

エアコンの効いていない屋外で飲むアイスティーは、美味しさも倍増。

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)のパッションフルーツ・ティーと胡麻ペースト

グラスの縁に寄りかかったネコのスプーンに、ほっこり。

ドリンクに付いてきたビスケットも、美味しくいただきました。

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)猫スプーンとクッキー

そのときどきで、ラインナップが変わるというデザート。

3種類のデザートの中から選んだ「セサミ・ペースト」は、濃厚な胡麻の味を楽しむ中華甜品

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)の胡麻ペースト

こちらは、ハイビスカスに似た花を使った「ローゼル・ティー(洛神花茶)」

真っ赤なルビー色をしたハーブティーは、ビタミンC・クエン酸・リンゴ酸など、美容にいい成分がたっぷり。

静思書軒 (Jing-Si Books & Cafe)のローゼル・ティー(洛神花茶)

冷たいドリンクで一息ついたところで、ゆったりとした自分時間のスタート。

持参していた本で読書でも思っていたけど、快適なWiFi環境だったため、ついついiPadを広げてしまった…。

デジタル・デトックスとはいかなかったけど、いつもと違う大自然の中でリフレッシュできたひととき。

たまには、こんな時間も大切ですよね。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ