リトルインディアの隠れたコーヒーオアシス「ジュエル・カフェ&バー」

オフィス街を中心に10店舗以上を展開する「ジュエル・コーヒー」

2011年に、シェントン・ウェイの1軒から始まったコーヒー専門店は、たちまちコーヒー愛好家の心を掴み、急成長。

数年のうちに、CBDではお馴染みの顔となりました。

CBDにあるJewel Coffeeの店舗
Tanjong Pagar Centre店

注文カウンターと、横に設けられたカフェスペース。小洒落た感じではあるものの、それ以上でもそれ以下でもありません。効率重視のオフィスビルや駅ビルに入ったコーヒーショップでは、よくあるタイプ。

そんな「ジュエル・コーヒー」が構えるという唯一の2階建の路面店を訪ねて、オフィス街から離れたリトルインディアへ向かいます。

 


居心地抜群の隠れ家カフェ


■ バクテー通りに現れたおしゃれカフェ

ファラーパーク(Farrer Park)駅前から、セラングーンロードに対して直角方向に伸びるラングーンロード(Rangoon Rd)

リトルインディアの一端に漂うディープ感と、老舗のバクテー屋さんが軒を連ねるローカル感が混じりあった、独特の雰囲気。

Jewel Cafeの外観

最近ではポツポツと、新しいカフェがオープンし、にわかに活気づいてきている注目の通りです。

このカフェブームの火付け役となったのが「ジュエルカフェ&バー(Jewel Cafe&Bar)」。

小さな雑居ビルの間に埋もれるように、ひっそりと佇んでいる外観。うっかりすると見逃してしまいそうなほど。

Jewel Cafeのロゴ

入口正面が路面より1mほど高くなっていて、普通の目線ではカフェが見えにくくなっているので、ロゴを目印に探しましょう。

外のテラス席を通って、店内に入ります。

Jewel Cafeのテラス席
黒板のチョークアートがいい味出してます

吹き抜けのある高い天井に、ゆったりしたテーブル間隔で、開放感のある空間が広がる1階。くつろげるソファーシートがある2階。

どちらも、人が多くなっても圧迫感がないのは、カフェでの居心地の良さを左右する大きなポイントですよね。

2階から見た1階フロア

ソファシートもある2階席
2階席のソファーシートは人気

客層も、家族や友人のグループもいれば、パソコンを開いて仕事をしている人、本を読んでいる人など様々で、思い思いに過ごしている雰囲気。

親切でありながら、ほっといてくれる店員さんの距離感が絶妙です。

 


実力派カフェのこだわりメニュー


■ 本格コーヒーで至福のカフェタイム

カプチーノ

まずは、コーヒー(カプチーノ)で一息。キメの細かいクレマが、コーヒーの苦味を和らげています。

そして店員さんがおすすめしてくれたティラミスを注文。美味しい!

Jewel Cafeのティラミス
ティラミス

■ パワーブランチで最高の週末を

週末のブランチで注文した、カフェの定番エッグベネディクトも、バター風味が効いてGOOD!

Jewel Cafeのエッグベネディクト
エッグベネディクト

ランチで食べたカルボナーラも、ベーコンの塩気とチーズソースのバランスばっちり。文句なし!

カフェ飯と侮れない、フードメニューのレベルの高さに脱帽です。

Jewel Cafeのカルボナーラ
ローマ カルボナーラ

 


リトルインディア界隈で、ゆっくり落ち着ける貴重な場所「Jewel Care&Bar」。

『雰囲気良し・サービス良し・味良し』の先駆者カフェとして、これからもラングーンロードのカフェ戦国時代を牽引してくれることを期待しています!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ