本格フレンチビストロ「Taratata Bistrot」パリっ子気分でワインで乾杯

[更新] 再訪時の情報・写真を追加

オートラムパーク駅とチャイナタウン駅の中程を南北に向かって延びる「Keong Saik Rd(ケオンサイクロード)

夜になるとおしゃれなバーやレストランが賑わいをみせる、今シンガポールで最も“アツい”通りの一つです。

 


シンガポールにあるパリの下町ダイニング


「Taratata Bistrot」は、2011年にオープンしたフレンチビストロ

Taratata Bistroの店内
真紅のシートが大人な雰囲気

通りに面した入口は大きくはないものの、こじんまりと居心地の良い空間が広がる店内。

シックで洗練されたインテリアが、パリの街角にありそうな素敵なお店です。

 


珠玉のフレンチメニューに舌鼓


メニューには、フレンチの名品・定番がズラリ。

フランス人シェフ(兼オーナー)が、伝統レシピに基づいてつくる正統フレンチの味が楽しめます。

■ 前菜

まずは前菜から。

Taratata Bistroのオニオンスープ
オニオンスープ

スープの定番「オニオンスープ」は、玉ねぎとチーズのトロトロのハーモニーが楽しめる一品。

熱々のうちに、召し上がれ。

Taratata Bistroの前菜
マッシュルームスープやトマトとツナの冷製サラダ

「ホワイトアスパラガス」は、ヨーロッパに春を告げる季節の野菜。

素材そのものを生かす、シンプルなオランデーズソースと一緒に、旬の味覚を満喫します。

Taratata Bistroのホワイトアスパラガス
立派なホワイトアスパラガス

上質な貝のようなコリコリとした食感が魅力の「エスカルゴ」

オーブンで焼かれ、ガーリックバターの風味が、さらに食欲をそそります。

ココットに残った、旨味が凝縮したソースも、パンにつけてペロリ。

Taratata Bistroのエスカルゴ
エスカルゴ

■ メイン

外はパリパリ、中はしっとり柔らかな「鴨のコンフィ」は、フランスを代表する郷土料理。

付け合わせのマッシュポテトも、舌触りがクリームのように滑らかで申し分なし。

Taratata Bistroの鴨のコンフィ
鴨のコンフィ

鮮やかなロゼの色が美しい「ラム肉のロースト」は、柔らかくジューシーでパーフェクトな焼き上がり。

口に入れると、ふわっと鼻孔を抜ける羊特有の素朴な芳香がたまりません。

Taratata Bistroのラム(子羊)肉のロースト
ラム(子羊)肉のロースト

「アンガスビーフのステーキ」もボリューム満点。

エシャロットの甘みと赤ワインのコクで、シチューのような深い味わいのソースが、たっぷりかけられています。

アンガスビーフ
アンガスビーフのエシャロットソース

イチオシは、ムール貝の白ワイン蒸しとフレンチフライがセットになった「ムール・フリット」!

ムール・フリット
ムール貝の白ワイン蒸し

■ デザート

ディナーの最後に欠かせないデザート。

生クリームとアイスにストロベリーソースがかかった「ストロベリー・メルバ」

カクテルグラスで登場したおしゃれなデザートで、フレンチの夜を大満足に締めくくり。

Taratata Bistroのストロベリーメルバ
ストロベリーメルバ

 


ワインやチーズのラインナップも充実。美味しい料理の数々に、ついついワインが進みます。

『こんな素敵なお店が似合い大人になりたいな〜』と思いつつ、今夜も乾杯!

Bonne Appetit!

[Taratata Bistrot]
35A Keong Saik Rd, Singapore 089142
http://taratata.sg

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ