シンガポール在住フランス人お墨付き!正統派クレープ「Entre-nous」

シティホール(City Hall)駅から徒歩5分ほど、ラッフルズホテルのちょうど裏手側にあたるシーアストリート(Seah St)。

チキンライス屋さんや飲み屋が軒を連ねる通りの中で、ともすれば見過ごしてしまいそうなほど小さなお店「Entre-nous Creperie」

クレープ発祥の地、フランス北西部ブルターニュ産の素材・材料にこだわったクレープ専門店(クレープリー)です。

お店では、素敵なフランス人マダムが出迎えてくれます。

Entre Nousインテリア
ブルターニュの港町を彷彿とさせるようなインテリア

 


本場のクレープに舌鼓


スープやエスカルゴ、キッシュなどのスターターや、デザートが数種類ある以外、メニューの大半を占めるのは、もちろんクレープ。

お食事系とデザート系など合わせて約40種類が並びます。

Entre Nousメニュー

■ 食事系クレープ

ブルターニュ地方にあるブレア島の名がついた「La Brehat」は食事系クレープの代表格。

そば粉を使用したクレープ生地の、ほど良いパリパリ感。中央に落とされた卵をつぶして、エメンタールチーズとハムに絡めながらいただきます。

Entre Nous La Brehat
La Brehat

■ デザート系クレープ

デザート系クレープとしておすすめしたいのは、「Geraldine’s Favourite」

乳製品と塩の産地として名高いブルターニュ地方ならでは、塩バターキャラメルのクレープです。

バターのほのかな塩気がキャラメルの甘さを引き立てています。

Entre Nous Geraldine's Fav
Geraldine’s Favourite

もう1つは、クレープの鉄板チョコバナナ「Stephan’s Favourite」。

このコンビは間違いなし、Everyone’s Favouriteでしょう!

Entre Nous Stephan's Fav
Stephan’s Favourite

一般的に、おかず系のクレープではそば粉を使用するのに対して、デザート系のクレープでは小麦粉を使用(お店では変更可能)。しっとりモチモチした食感が、デザート系クレープの持ち味です。

 


リンゴの発泡酒シードルをお供に


Entre Nousサイダー

クレープには、同じくブルターニュの名産リンゴの微発泡酒「シードル」を合わせるのが本場スタイル。

シードルの酸味と微炭酸が、クレープの甘さやバターをさっぱり爽やかな後味に変えてくれます。

お店では、ブルターニュ流そのまま、グラスではなく、陶製カップで提供されます。シンガポールで、こんな体験ができるなんて楽しいですね!

Entre Nousブルターニュの旗
お店に掲げられているブルターニュの旗

正統派クレープに舌鼓をうちながら、フランス・ブルターニュ地方の文化・伝統にちょっと触れたひとときでした。

[Entre-nous Creperie]

27 Seah St, #01-01 Singapore 188383
http://www.entrenous.sg/

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ