カトンのモダンカフェ「シンポポ」で楽しむシンガポール懐かしの味

最近、よくカトン周辺に出没しています。

他のスポットほど観光地化されておらず、雰囲気が落ち着いているのと、人々が普通の暮らしを営む日常のなかに、面白そうなお店がポツポツと溶け込んでいる感じが気に入っています。

今回のお店も、そんなカトン散策時に立ち寄ったカフェ「シンポポ」です。

 


Awfully Chocolateが手がける新カフェ


Sinpopo外観

カトンのランドマークI12 Katong」が建つ交差点から、ジョー・チアットロード(Joo Chiat Rd)へ入ると、すぐ見えてくるのが「シンポポ(Sinpopo)」。

同じJoo Chiat Rdに本社を構える人気チョコレート専門店「Awfully Chocolate」が立ち上げた新しいカフェ。

カトン地区が育んだ独特のプラナカン食文化を伝えていくために、ローカルフレーバーをモダンにアレンジしたメニューが特徴です。

Sinpopo看板ロゴ

店内は、シンプル&モダンでありながら温かみのあるインテリアで、すっきりとした印象。

タイルの床や、窓ぎわの鉄格子扉がレトロさを加味しています。Sinpopo店内インテリア

Sinpopoインテリア

壁や扉に飾られたポスターや絵も、絶妙のハズし具合。

綺麗なんだけど、どこか寂れた取り残された雰囲気が漂うお店の空気が、ここカトンの長閑な雰囲気と相まって、とても居心地がいいです。

Sinpopoレトロインテリア
ブルース・リーもモノクロでおしゃれな感じ

 


シンガポールの懐かしの味をモダンにアレンジ


■ グラマラッカ・ケーキ

椰子を原料とするパームシュガー「グラマラッカ」を使ったケーキ。

黒糖の深いコクと豊かな風味、ほのかな(甘過ぎない)甘さがしっとりとしたスポンジに染み込んだ一品。おすすめ!

Sinpopoグラマラッカケーキ

■ パンダン・スフレ

緑色の色づけといえば、日本では抹茶ですが、シンガポールや東南アジアではパンダンという植物の葉

キメ細やかで冷たいスフレは、アイスのようなムースのような新食感。口の中でスッと溶けていきます。

Sinpopoパンダンスフレ

■ マシュマロ・チーズケーキ

チーズケーキとマシュマロという初めての組み合わせ。

焦がして溶けたマシュマロは、かなりの粘着力。これをチーズケーキと合わせる意図は不明…。普通に美味しいですけどね。

Sinpopoマシュマロチーズケーキ

■ パンダンココナッツ・シェイク

冷たいシェイク、暑いシンガポールで休憩にぴったり。ミルキーでやさしい甘さが、疲れた身体をリチャージ。生き返ります。

Sinpopoココナッツシェイク

 


定員さんもフレンドリーで、かつ適度に放置しておいてくれるので、いつも長居してしまう「シンポポ」。

Awfully Chocolateグループということで、ケーキのクオリティーは折り紙つき。

メニューにはローカルフードをベースにした食事メニューもあったので、ランチにも行ってみたいと思います。

[Sinpopo]

458 Joo Chiat Rd, Singapore 427671
https://www.sinpopo.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ