ゲバラのもとに集え!キューバ・サンドイッチ革命「El Cubanos」

SOTA(School of the Arts)、NAFA(Nanyang Academy of Fine Arts)、Lasalleといった、アート系の学校が数多く集まるベンクーレン(Bencoolen)駅周辺

Selegie Rdにある学生宿舎

斬新でクリエイティブな校舎に負けず劣らず、異彩を放つセレジーロード(Selegie Rd)沿いの建物

シンプルな黒い躯体に、窓側の白い四文字単語が、バウハウス的モダニズムを彷彿とさせる佇まい。

一体何かと思えば、「学生用の宿舎」

Selegie Rdにある学生宿舎

この建物の1階に入っているのが、今回の本題となるカフェ・レストランです。

 


キューバの英雄チェ・ゲバラがシンボル


軒下に一列に並ぶ、赤と青が特徴的な国旗。

『どこの国だっけ?』と頭をひねる前に、店名が教えてくれました。

「El Cubanos(エル・キューバノス)」

そうです、日本からは遥かに離れた遠い国キューバ

El Cubanos外観

そういえば、メキシコやスペイン料理のレストランは行ったことがあっても、キューバっていうのは初めてかも。

興味津々でワクワクしながら、いざ店のドアを潜ります。

El Cubanosインテリア

エメラルド・グリーンの壁に囲まれた、こじんまりとした店内。

びっしりと隙間なく飾られた写真には、古いコロニアルな街並み、クラシックなアメ車、葉巻、陽気な人々など。

キューバに思いを馳せる風景がいっぱい。

El Cubanos壁の写真

そして店の奥から、客席をじーっと睥睨しているのは、チェ・ゲバラ

El Cubanosチェ・ゲバラ

かの有名なキューバ革命の英雄の、お出ましです。

 


キューバ・スタイル・サンドイッチとは


席について、早速メニューをチェック。

El Cubanosメニュー
メニューの表紙にもチェ・ゲバラ!

ふむふむ。お店のウリはキューバ・スタイル・サンドイッチらしい。

キューバ・スタイルが何なのか分からないまま、とりあえず、シグニチャーと書かれているものをオーダー。

El Cubanosバージン・モヒート

料理を待つ間、キューバ発祥のカクテル「モヒート」で乾杯。

ただ、こちらのモヒートは、ノンアルコールの「バージン・モヒート」

「El Cubanos」のオーナーはムスリムのため、お酒は置いていないので悪しからず。

■ キューバ風プレス・サンドイッチ

やってきました。

こちらが、シグニチャーの「Pulled Beef Cubanos」

両面をこんがりと焼くプレス・サンドが、キューバの伝統スタイル。

中に挟まれているのは、ほぐした牛肉に、溶ろけるチーズ、マッシュルームなど。ハラペーニョとスパイシーソースの辛さがシビれます。

El Cubanosキューバ・サンドウィッチ
波のような焼き目が食欲をそそるプレス・サンド

もう一つは、ビーガン仕様の「Wild Mushrooms Cubanos」

しめじや椎茸などキノコ類の食感とクリーミーなソースに、ピリッとくるハラペーニョがアクセント。

El Cubanosクリーミーマッシュルーム・サンドウィッチ

■ ケサディーヤ

薄いトルティーヤ生地で具を折り挟んだ「ケサディーヤ」も、ラテン料理の定番メニュー。

チキンと溶けたチーズで、ボリューム満点!

El Cubanosチキン・ケサディーヤ

■ お得なセットは$12.9

午後6時までなら、セットミールが断然お得。

好みのキューバ風サンド一つに、ソーダとマッシュルームスープがついて、なんと$12.9

食べ盛りの学生・若者に大人気の、ボリュームたっぷり&財布に優しいお店です。

El Cubanosプロモーション・セット

 


イタリアのパニーニに似た見た目でありながら、ボリュームのある具とヒリヒリくる辛さが特徴のスパイシー・サンドイッチ。

常夏のシンガポールにぴったりの、ホットなキューバ風プレス・サンドを、ぜひお試しあれ!

[El Cubanos]

1A Short St, #01-01, Singapore 188210

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ