ラクサが人気「ミュージアム・カフェ」シンガポール文化遺産内の隠れ家

[更新] Chong Wen Ge CafeがMuseum Cafeとして復活 

以前、プラナカン・タイルのギャラリーを併設したカフェとして人気だった「崇文閣カフェ(Chong Wen Ge Cafe)」

2019年に閉店した際には、多くのファンが嘆き悲しみましたが、その後、同じ場所で、同じようなプラナカン・メニューとコンセプトを引き継いで開店したのが「ミュージアム・カフェ」

名前も新たに、復活を遂げたお店に行ってみました。

 


シンガポールの文化遺産「崇文閣


■ 1852年建造の「崇文閣(Chong Wen Ge)

チャイナタウンに程近い、テロックエア(Telok Ayer)駅から徒歩4〜5分。

テロックエア・ストリートに面するシンガポール最古のお寺「シアンホッケン寺院」の隣に、「崇文閣」という建物があります。

歴史的建造物である「崇文閣(Chong Wen Ge)」の外観

門構えが似ているので、一見シアンホッケン寺院の一部のように見えるのですが、全く別物。

1852年に完成した「崇文閣」は、シンガポール初期に建てられた貴重な文化遺産の一つです。

歴史的建造物である「崇文閣(Chong Wen Ge)」の細部

敷地内には、文化と文学を司る道教の神である「文昌帝君(またの名を梓童帝君)」を祀っていたと伝えられている二重塔が。

■ 旧校舎を利用したカフェ・ギャラリー

中国風のパゴダの横にあるのは、1915年に設立された名門校の旧校舎。

「ミュージアム・カフェ(旧・崇文閣カフェ)」の外観

「ミュージアム・カフェ」は、この歴史的建物の中にお店を構えています。

 


プラナカン料理「ミュージアム・カフェ」


■ プラナカン伝統レシピによるローカル名物

床やテーブルに、プラナカン・タイルが使われた素敵な店内。

残念ながら、昔あったプラナカン・タイル・ギャラリーは移転してしまいましたが、お店の雰囲気そのものは、以前と大きく変わらず。

「ミュージアム・カフェ(旧・崇文閣カフェ)」の装飾

食事は、エアコンの効いた店内でとることも、二重塔の1階部分に設置されたテーブル席でとることもできます。

「ミュージアム・カフェ(旧・崇文閣カフェ)」の店内

このカフェでは、「ニョニャ」と呼ばれるプラナカンの女性たちによって受け継がれてきたレシピをもとにしたシンガポール名物を味わうことができます。

■ 豪華!プラナカン風「ニョニャ・ラクサ」

「ミュージアム・カフェ」の名物といえば、ラクサ

崇文閣カフェだったころから変わらぬ味で、不動の人気No.1

「ミュージアム・カフェ(旧・崇文閣カフェ)」の人気メニューであるニョニャ・ラクサ
メニューには「Sing Ramen」と記載

濃いオレンジ色が、かなり辛そうに見えるスープ。

マイルドなココナッツミルクのベースに、時折ピリッとくるスパイシーさがクセになる絶妙なバランスです。

「ミュージアム・カフェ(旧・崇文閣カフェ)」の人気メニューであるラクサ
贅沢にのった大きな海老

上には、尾頭つきの海老がドドンっ!

海老の殻を剥くのに、手がベトベトになるのが難点ですが、プリプリの海老の美味しさには代えられません。

ウェットティッシュを持って、挑みましょう。

■ 名脇役のアチャーが光る「カリーチキン」

もう一つのおすすめメニューは、「ニョニャ・カリーチキン」

カレーのボウルには、大きな骨つき鶏もも肉が2〜3本入っていて、ボリュームたっぷり。

「ミュージアム・カフェ(旧・崇文閣カフェ)」のカレーチキン

特筆すべきは、ライスの横に添えられているプラナカン風ピクルス「アチャー」

日本のカレーについてくる福神漬けのように、ニョニャ・カレーに欠かせない添え物。

初めて食べましたが、シャキシャキした歯ごたえお酢の酸っぱさが、箸休めにぴったり。気に入りました!

「ミュージアム・カフェ(旧・崇文閣カフェ)」のカレーチキン

■ プラナカンの伝統菓子「ニョニャ・クエ」

プラナカンといえば、「ニョニャ・クエ(Kueh)」と呼ばれるお菓子も、忘れてはいけません。

馴染みのない色や形に、尻込みする人も多いのですが、材料や色素は天然のもの。

もち米や芋に、タピオカ、ココナッツミルク、パームシュガー、パンダンリーフなどを使った自然の風味とモチモチした食感が魅力の伝統菓子です。

「ミュージアム・カフェ(旧・崇文閣カフェ)」プラナカンの伝統菓子「ニョニャ・クエ」

「ういろう」や「おはぎ」といった和菓子に通じるところ素朴な味は、観光合間の休憩にぴったり。

 


オフィス街のお膝元にある穴場カフェ。

テロックエアは、チャイナタウンからも徒歩圏なので、チャイナタウンの観光ついでに足を伸ばしてみるのも、おすすめです。

Museum Cafe(旧Chong Wen Ge Cafe)

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ