シンガポールで噂の渋谷トーストって何?「Dong Po Colonial Cafe」

[追記] 閉店

DongPo外観アラブストリートの中心地、サルタンモスクからすぐ、カンダハールストリート(Kandahar St)にある「ドンポー・コロニアルカフェ(東坡茶室/Dong Po Colonial Cafe)」

毎日、朝早くから多くのローカル・観光客が訪れる人気店。

 


時の流れが止まったレトロ喫茶室


DongPo店内

DongPoディスプレイ

壁には昔のポスターが飾られ、棚にはヴィンテージの小物が飾られている店内。

カフェというよりも、喫茶室といったほうがしっくりくるノスタルジックな雰囲気に溢れています。

 


シンガポールの朝を彩る定番から新商品まで


お店のシステムは、席をまず確保してから、カウンターに注文しにいく方式。

メニューは、朝食セットが数種類。どれも$5前後という良心的な値段。

DongPoメニュー

練乳がふんだんに入ったコピ(コーヒー)もしくはテ(紅茶)がついてくるのが、シンガポールのお約束。

■ カヤトースト

シンガポール名物「カヤトースト」のセットA。

ドンポーお手製のカヤジャムに、板状バターが挟まった薄切りトースト。一緒に付いてくる半熟たまごをたっぷりつけて、甘じょっぱいハーモニーを楽しみます。

DongPoカヤトースト

■ スコーン

英国式アフタヌーティーでおなじみの「スコーン」がついたセットE。スコーンだけを提供してくれるお店はなかなかないので、スコーン好きにとっては嬉しいセット。

欲を言えば、クリームがホイップクリームではなく、クロテッドクリームだったら完璧なんだけどなぁ…。まぁ$4.2というお値段ですから、贅沢は言えませんね。

DongPoスコーン
スコーンは1セットにつき1個
DongPoジャム
ドンポーお手製のジャム。種類は選べます

■ 渋谷トースト

DoPongセットG

そして、セットGにあるのが「渋谷トースト」なるもの。

注文してみれば、何のことはない、いわゆる食パンをブロックのまま使ったハニートースト。昔カラオケ店などで流行ったヤツです。

DongPo渋谷トースト
1人でも食べきれる小ぶりサイズ

今、シンガポールをはじめとする東南アジアでは、これがフォトジェニックということで人気なのだとか(インスタで#shibuyatoastで検索するとイロイロ出てきます)。

日本を飛び出し、異国の地で進化し続けるハニートースト。「渋谷トースト」と呼び名は変わっても、トーストにバニラアイスとハニーは万国共通の黄金コンビ。永遠に不滅です!

■ 手作りケーキやパイ類

DongPoガラスケース

もちろんセットメニューではなく、ガラスケースに並んでいるケーキやパイ類などを選ぶもことも可能です。

DongPoのロングカップ

決して洗練されたケーキではありませんが、昔からのレシピで手作りした優しい味にほっこり。どれもリーズナブルなお値段なのも◎

DongPoシュークリーム
カスタードクリームたっぷりのシュークリーム

 


DongPoポスターレトロ喫茶で、昔懐かしい定番トーストを味わうもよし、トレンディー(もはや死語?)な渋谷トーストを楽しむもよし。

たまにはノスタルジックな気分に浸りながら、ゆったりした時間を過ごすのも悪くないですね。

東坡茶室/Dong Po Colonial Cafe(閉店)

地図56 Kandahar St, Singapore 198904

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ