シンガポールに上陸「串カツ田中」日本人サラリーマンのオアシスに

飲み会文化のないといわれるシンガポール。

しかし日本のサラリーマンたるもの、『仕事帰りのちょっと一杯』で会社や上司の愚痴をこぼすのも、嗜みの一つ。

今度の花金(死語?)に、久しぶりに気の置けない仲間たちと一杯いきませんか?

 


シンガポール・クラークキーに上陸「串カツ田中」


■ クラークキーに出店「串カツ田中」

アフター5に繰り出したのは、シンガポール随一のナイトスポット「クラークキー」。川沿いに並ぶバーやレストランは、毎日、多くの観光客や地元客で賑わっています。

夜になるとライトアップされ、街全体が近未来的に光り輝くなか、レトロな提灯をぶら下げた一軒が営業中。

アジア第1号店として、シンガポールに初上陸した「串カツ田中」です。

串カツ田中の外観

店の前には、開放的なアウトドア席。ドラム缶をテーブル代わりにしたセッティングが、イケてる風。

串カツ田中の店内

木の角材や木目調テーブルが配置された店内は、昭和の居酒屋といった雰囲気。

日本人サラリーマンが集うのに、これ以上の場所はないでしょう。

 


2度漬け厳禁!大阪名物「串カツ田中」


■ 大阪伝統の味を守る「串カツ田中」

もともと大阪・新世界などの下町で親しまれてきた串揚げ。

日本中に200店舗以上を展開する「串カツ田中」は、その串カツ文化を全国に広めた立役者。ソースの2度漬け禁止も、全国区のルールになりました。

串カツ田中のメニュー

串揚げは、5本がセットになった盛り合わせを選んでもいいし、1本ずつ好みの串を頼んでもオッケー。

1本1.2ドル〜とリーズナブルの値段設定です。

■ ハイボールやサワーで乾杯!

昭和風レトロ居酒屋に似合うハイボールやチューハイで、宴のスタート!

串カツ田中のドリンク

生キャベツやマカロニサラダをアテに、待つことしばし。お待ちかねの串揚げがやってきました。

■ カラッとサクサクの絶品串揚げ

串カツ田中の串カツ

まず頼んだのは、定番の串カツ牛と串カツ豚に、アスパラ、タマネギ、レンコンの5串がセットになった「Recomended 5」

サクッと熱々の串揚げを、「串カツ田中」の特製ソースをつけていただきます。

串カツ田中の串カツセット

特に気に入ったのは、丸々1本を揚げたアスパラと、シャキシャキした食感が楽しいレンコン。まさに野菜の旨味を引き出した串揚げに感動。

串カツ田中の串カツ

一緒に、エビ、うずら、ジャガイモも注文。

お腹の具合と相談しながら、1本ずつ追加オーダーできるのも、いいですね。

■ 大阪名物にDIYなど、ユニークなメニュー

串揚げ以外にも、ユニークなサイドメニューが楽しめることで有名な「串カツ田中」。

大阪名物「肉吸い」や「肉うどん」は、シンガポールでも健在。

串カツ田中の肉うどん
肉うどん

もう一つ、串カツ田中で人気のメニューが、自分でつくる「DIY(Do It Yourself)」シリーズ。

串カツ田中のDIYおにぎり

おにぎり用のゴハン・具と一緒に、ビニール手袋がついてくる「DIYおにぎり」。小さなお碗で具を混ぜてから、人数分に握るのは、結構なテクニックが必要?

おにぎり以外には、「DIYたこやき」や「DIYポテトサラダ」もありましたよ。

■ 串カツ屋のデザート串

シメのデザートはアイス…?

串カツ田中のアイス

いやいや、串カツ屋のデザートといったら、やっぱりデザート串でしょ。

串カツ田中のデザート串カツ・バナナ

揚げたことで甘みが増す「バナナ串」。カリッと揚がった外側の衣の中から蕩ける、バナナのトロッとした感じが溜まりません。

最後の最後まで、串揚げを堪能できて大満足。

 


美味しいお酒を片手に、いいことも悪いことも聞いてくれる同僚や友達と過ごすひととき。これぞ日本の飲みニケーション

ああ楽しき哉!サラリーマン人生!

シンガポールで頑張る日本人の皆さん、「串カツ田中」でお会いしましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ