自慢の薪がま料理!カトンのベーカリーレストラン「ファイヤーベイク」

カトンにある人気レストラン「ファイヤーベイク(Firebake)」

大型ショッピングモール「I12Katong」が建つ交差点から、更に東へ4〜5分ほど。イーストコーストロード沿いに広がる繁華街の一番端に位置します。

ファイヤーベイクの外観

2017年にオープンするやいなや、薪窯を使ったパンや料理で、瞬く間に評判になった注目株です。

 


店内に流れるヨーロッパの田舎時間


テーブルを4〜5席おけば一杯になるほど、こじんまりとした店内。

それを補うように、キッチンを周りのカウンター席と、テーブルが配置されたアウトドア席があり。

ファイヤーベイクの店内
店内でもエアコンはなし
ファイヤーベイクのカウンター席
店内のカウンター席

ゴテゴテとした余計な飾りのない店内。素朴で実直な印象を与える、木造りのテーブルやカウンター

ヨーロッパの小さな田舎町に迷い込んだような、ゆったりとした心地よい空気が流れています。

 


薪がまで焼き上げる自慢のパン


店内の棚に並ぶ、こだわりパンの数々。お店の薪窯で、一つ一つ素材にこだわって焼き上げられた自慢の品。

ファイヤーベイクのパン

ハード系パンの他に、ドームケースの中には、ミルクパンやスコーンなども並んでいます。

ファイヤーベイクのドリンクとパン
ライムミント(左上)、ニトロ・コールドブリュー(右下)

■ 卵、ポルトベッロ、ベーコンのオーブン焼き

熱々のスキレットで運ばれてきたのは、「ポルトベッロ」というキノコとキャラメリゼされた玉ねぎ、その上に2つの目玉焼きを乗せて、軽く焼き上げたオーブン料理

ファイヤーベイクのベイクドエッグ

横に添えられているのは、「WAVE」という名がついたサワードウ・ブレッド。クセのない味で、どんな料理にも合いそうな白パンです。

■ ボリュームたっぷり「ミートパイ」

もう一品、ブランチやランチにおすすめなのが「ミートパイ」

こんがりした焼き色と、縁のひだ模様が美しすぎて、ナイフを入れるのをためらうほど。

ファイヤーベイクのミートパイ
ミートパイはビーフとチキン2種。写真はビーフパイ

ずっしりと重量のあるパイの中には、ボリュームのあるお肉がゴロリ。

付け合わせのマッシュポテトとグレービーソースが、料理に奥行きをプラス。いい仕事しています。

ファイヤーベイクのビーフパイ

■ もう朝食で食べられない「カヤトースト」

こちらは、ファイヤーベイク流「カヤトースト」。バターとカヤジャムと合わせるのは、何とミルクソフトパン

パンのほのかな甘みが、カヤとバターと引き立てます。

ファイヤーベイクのモーニングセット

ファイヤーベイクの半熟卵とカヤジャム
半熟卵(左)、カヤジャム(右)はカヤトーストの必須アイテム

ドリンク付き(コピ or テ)で$4.5のモーニングセットとして、大人気だったこちらのメニュー。

残念なことに、ファイヤーベイクの営業時間が11時半から(土日は10時〜)に変更になったことで、朝食しては食べられなくなったので、ご注意を。

引き続き、平日のランチメニューの一つとして、ミルクバン(バター&カヤ付き)の注文は可能です。

■ 「スコーンセット」でアフタヌーンティー

昼下がりのティータイムにぴったりなのが、「スコーンセット」

お皿とお揃いのティーポットが登場し、思わずテンションアップ!

ファイヤーベイクのスコーン
素敵な食器はマレーシアのブランド「Claytan」

小ぶりなスコーンは、タルトとスコーンの間のような、ちょっと固めの食感。クロテッドクリームとジャムがついてきて、優雅なアフタヌーンティーが楽しめます。

■ 芳しい香りとコク「ギリシャ式コーヒー」

最後にご紹介するのは、ドリンクメニューからお気に入りの「ギリシャ式コーヒー」

カップに注がれるときに漂ってくる、芳しい香り。これがコーヒーの「アロマ」というものに違いない!

ジェズベ(イブリック)から注がれるグリークコーヒー
ジェズベ、またはイブリックと呼ばれる専用鍋

長い柄のついた専用の鍋「ジェズベ」で煮出したコーヒーは、濃厚でコクのある味わい。イガイガとした粉っぽさはありません。

ファイヤーベイクのギリシャ式コーヒー

お口直しに、チェイサー(水)とギリシャの伝統菓子ルクミ(Loukoumi)が一緒にサーブされる心憎い気遣い。

本格的なグリーク・コーヒーを堪能しました。

 


自慢の薪がまを使った、こだわりのパンや料理。

いつもとちょっと趣向を変えたブランチやディナーにぴったりのレストラン。

カトン散策のついでに、ぜひ寄ってみてください。

Firebake – Woodfired Bakehouse & Restaurant

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ