シンガポールの歴史を刻む!憧れの「コロニアル・ホテル」に泊まりたい

そこ此処に残るコロニアル建築が、植民地時代の面影を留めているシンガポール。

歴史と逸話に彩られたクラシックなホテルに宿泊して、優雅な休日を過ごしてみませんか?

 


シンガポールの至宝「ラッフルズホテル」


■ 別格!シンガポールの名門ホテル

1887年に開業した名門ホテル「ラッフルズ」。いくら近代的な最新ホテルができようとも、伝統と格式でラッフルズの右に出るものはありません。

白亜のラッフルズホテル

19世紀『東洋一のホテル』と謳われました白亜の館は、今も眩しいほど。

シンガポールスリング発祥の地ロングバーや、英国作法に則ったアフタヌーンティーなど、館内のいたるところに歴史と逸話が残ります。

様々な逸話に彩られたラッフルズのシンボル
© Raffles Hotel

大規模な改修工事を経て、部屋はリノベーション済み。クラシカルな雰囲気を残しつつ、モダンで洗練された雰囲気に生まれ変わりました。

ラッフルズホテル改装後の部屋
© Raffles Hotel

いつの時代も旅人を惹きつけて止まないラッフルズで、特別な時間を。

Raffles Hotel

ランク ★★★★★

エリア シティ(シティホール駅の目の前)

地図 1 Beach Rd, Singapore 189673

料金目安 6万円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

 


旧中央郵便局「フラトンホテル」


■ ギリシャ神殿のような重厚な列柱建築

シンガポールリバーがマリーナベイに流れ込む河口地点に建つ「フラトンホテル」。

かつては中央郵便局だった建物は、シンガポールでは貴重なネオ・クラシカル様式で、古代ギリシャの神殿のような列柱が重厚な雰囲気。

川沿いに建つ重厚なフラトン(Fullerton)

目の前はマーライオンパーク。ホテルB1Fの地下通路から、マーライオンパークに直結という絶好のロケーション。

最寄りのラッフルズプレイス駅までは徒歩5〜8分

フラトン(Fullerton)ホテルの部屋
© Fullerton

The Fullerton Hotel Singapore

ランク ★★★★★

エリア マリーナ(ラッフルズプレイス駅まで徒歩約7分)

地図 1 Fullerton Square, Singapore 049178

料金目安 2万6000円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

 


文化財「グッドウッドパーク・ホテル」


■ ドイツの古城風!とんがり屋根が目印

もともとドイツ人の社交クラブであった建物を改装して、1929年に開業した「グッドウッドパークホテル」。とんがり屋根が特徴的な本館は、シンガポールの文化財に指定されています。

グッドウッドパークホテル(Goodwood Park)の正面外観
© Goodwood Park

オーチャードからほど近い場所ありながら、敷地内は緑に溢れ、リゾート感いっぱい。

グッドウッドパーク(Goodwood Park)の部屋
© Goodwood Park Hotel

北京ダックで有名な中華レストランミンジャンや、3年連続ミシュラン1つ星のアルマなど、秀逸ぞろいのホテル内ダイニングも見逃せません。

Goodwood Park Hotel

ランク ★★★★

エリア オーチャード(オーチャード駅まで徒歩約7分)

地図 22 Scotts Rd, Singapore 228221

料金目安 2万2000円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

 


ブギス駅直結「インターコンチネンタル」


■ 優雅なプラナカン・スタイル

白い大理石の外観が輝く「インターコンチネンタル」は、歴史地区アラブストリートにほど近い場所に建つヘリテージホテル

クラシカルなコロニアル建築に、プラナカン様式と中華風スタイルをミックスさせたシンガポールならではのインテリアが素敵。

インターコンチネンタル・シンガポールのロビー
© InterContinental

MRTブギス駅に直結し、どこに行くにも便利なロケーション。

隣接している大型ショッピングモール「ブギス・ジャンクション」も、快適なシンガポール滞在を強力サポート。

インターコンチネンタル・シンガポールの部屋
© InterContinental

InterContinental Singapore

ランク ★★★★

エリア アラブストリート(ブギス駅直結)

地図 80 Middle Rd, Singapore 188966

料金目安 2万8000円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

 


米朝会談の舞台「カペラ・シンガポール」


■ セントーサ島の中心に建つコロニアル・ホテル

日本人にあまり知名度がなかった「カペラ・シンガポール」を、一躍有名にしたのが2018年の米朝首脳会談

トランプ大統領と金正恩委員長の直接対話が行われた歴史的な舞台となりました。

カペラ・シンガポールの外観
© Capella Singapore

コロニアル様式の本館は、1880年代の2階建バンガロー

セントーサ島の中心部、ホテルが建つ緩やかな丘からは、シンガポール海峡が望めます。

カペラ・シンガポールの部屋&プール
© Capella Singapore

MRTのハーバーフロント駅への無料シャトルバス・サービスあり。

Capella Singapore

ランク ★★★★★

エリア セントーサ島

地図 1 The Knolls, 098297

料金目安 3万8000円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

 


その他、シンガポールのホテル特集は、以下のリンクからチェック!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ