【完全ガイド】予算・目的・エリア別!シンガポールのおすすめホテル

※ 記事内に広告を含む場合があります

旅の満足度や充実度を左右する「ホテル」。

シンガポールは観光大国だけあって、ホテルの選択肢には事欠きません。

今回、予算や目的別に、シンガポール在住者が本当におすすめできるホテルをご紹介。

家族旅行、子供連れ、友達グループ同士、一人旅など、あなたの旅にぴったりなホテルを見つけてください。

 


シンガポールのホテル料金・相場


■ コロナ後、更に上昇するホテル宿泊費

物価の高いシンガポール。残念ながら、ホテル料金も全般的に高めです。

時期や場所にもよりますが、ハイアットやヒルトン、マリオット(シェラトン)といった有名ホテルチェーンで、1泊あたり5万円代〜

マリーナ沿いの5つ星ホテルだと、だいたい5・6万円〜といった感じ。

もちろん、1万円台で泊まれるリーズナブルなホテルもあるので、予算重視の人も諦めないで!

 


シンガポールでおすすめの宿泊エリア


■ シンガポールの主要エリア紹介

シンガポールは、東京都23区より少し大きいくらいの島国。

島の左端に位置するチャンギ空港から、南部に固まった市内中心部へは、タクシーで約20〜30分ほどの距離です。

ホテルを選ぶとき、目安になる主要エリアの特長は以下のとおり。

 

■ おすすめ!王道のマリーナベイ周辺

シンガポールでの滞在におすすめの場所―――それはズバリ、マリーナベイ地区です!

マリーナベイサンズマーライオン、金融街の摩天楼など、いわゆる「ザ ・シンガポール」な風景が広がるのが、このエリア。

シンガポール内での移動に便利なMRT(地下鉄。マリーナ周辺には、6つの駅が設置されています。

沿線 駅名 観光スポット
サークル線 エスプラネード駅 サンテック・シティ
サークル線・ダウンタウン線 プロムナード駅 シンガポールフライヤー
ベイフロント駅 マリーナベイサンズ
ダウンタウン線 ダウンタウン駅 ラオパサ、金融街
イーストウエスト線・ノースサウス線 ラッフルズプレイス駅 マーライオン
シティホール駅 ナショナルギャラリー

ダウンタウン線のベイフロント駅・プロムナード駅からは、チャイナタウンリトルインディアアラブストリートといった主要観光スポットへ、乗り換えなしで数駅

アクティブな観光の拠点としても便利なエリアです。

 

■ 穴場はチャイナタウンやブラスバサー周辺

マリーナベイ周辺のホテルは予算外という場合に、おすすめなのはチャイナタウンやブラスバサー周辺。

どちらもマリーナ湾沿いではないものの、市内中心部にあるので利便性は抜群

有名ホテルチェーンというよりも、独立系ホテルが多いので、価格帯もリーズナブルです。

 

■ ショッピング天国オーチャード

オーチャード駅からサマセット駅にかけて、ショッピングモールが立ち並ぶオーチャード・ロード周辺。

シンガポール随一のブランド街として知られています。

グレートシンガポールセールで賑わうオーチャード

買い物好きには天国のような場所なのですが、位置的には内陸寄り。

各観光スポットへのアクセスという意味では、マリーナやCBD(中央商業地区)のほうが便利。

ショッピングがメインという人にはオーチャードエリアもあり。

 

■ エンタメの拠点セントーサ島

シンガポールの南端に位置するセントーサ島は、エンタメとリゾートの楽園。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールシーアクアリウム「アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク」など、人気アミューズメントパークが揃っています。

「セントーサ島」のオブジェ

また高級ホテルからリゾート、子連れ・ファミリー向けなど、ホテルの選択肢も豊富です。

セントーサ島を拠点にして、朝から夜まで目一杯遊び尽くしましょう!

 

■ フライトに便利なチャンギ空港周辺

シンガポールの空の玄関口「チャンギ空港」は、4つのターミナルに、MRTの駅、ショッピングモールを擁する巨大施設。

ジュエル(Jewel)のシンボル「レイン・ボルテックス(Rain Vortex)」

内・外にホテルもあるので、乗り継ぎや、深夜着・早朝発のフライトがある場合には、空港近くで宿泊するのが便利です。

 


旅のスタイルでホテルを選ぶ!


■ 目的・予算別にホテルを紹介

ホテルを選ぶときに大切なのはロケーションだけではありません。

その土地ならではの歴史を感じるホテルや、デザインにこだわったホテル、もしくは予算重視の旅など、あなたの旅行スタイル・目的に合わせたホテルを見つけてくさだい。

 


実体験!シンガポールのホテル宿泊記


■ 「マリーナベイサンズ」宿泊記

シンガポールに来たなら、一度は泊まってみたいマリーナベイサンズ

天空のインフィニティプールに、55階のクラブラウンジや朝食など、すべてが規格外のホテルでした!

 

■ 「フラトンベイ・ホテル」宿泊記

マリーナベイの景色を存分に楽しみたいなら、フラトンベイ・ホテルがおすすめ。

マーライオン公園に隣接しているので、観光の拠点にもぴったりのラグジュアリーホテルです。

 

■ 「パンパシフィック」宿泊記

マリーナベイ地区に位置するパンパシフィック・シンガポール

サービス・立地・料金と三拍子揃った高級ホテルです。

 

■ 「ホテル・モノ」宿泊記

外観・ロビー・客室が、白と黒のモノトーンに統一されたホテル・モノ

1部屋1万円台〜と破格の料金と、立地もチャイナタウン駅徒歩約3分と申し分なし。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ