シンガポールで一度は泊まりたい「マリーナベイサンズ」ホテル宿泊記①

シンガポールにきたら、『やっぱり一度は泊まりたい』と不動の人気を誇る「マリーナベイサンズ」

マリーナベイの正面にそびえる3棟の柱と、頂上にのった船のような姿が威容を誇る、5つ星の高級ホテルです。

ホテルだけでなく、施設内にはショッピングモール、カジノ、シアターなども併設した複合エンターテインメントスポットとして、毎日たくさんの観光客で賑わっているのは周知のとおり。

2011年の開業以来、もはや単なるホテルを超えて、今や押しも押されぬシンガポールを象徴するランドマークとなりました。

マーライオンパークから見るマリーナベイサンズ

ついに今回、満を持して「マリーナベイサンズ」に宿泊!

お部屋の様子から、屋上のインフィニティプール、朝食まで、人気の高級ホテルでの滞在を余すところなく、お伝えしていきます。

 


マリーナベイサンズを予約する前に


■ マリーナベイサンズの部屋の種類

総客室数2500を超える巨大ホテル「マリーナベイサンズ」には、さまざまなルームタイプが存在します。

さらに上位のスイートも存在するのですが、代表的なカテゴリーは以下のとおり。

  設備 ラウンジ 料金目安
デラックスルーム 30㎡
シャワー
× $379〜
プレミアルーム 42㎡
バスタブ
× $409〜
クラブルーム 44㎡
バスタブ
$589〜
グランドクラブルーム 62㎡
バスタブ
$619〜
オーキッドスイート 71㎡
バスタブ
$729〜

55階にある「クラブ55」で、朝食・アフタヌーンティー・カクテルタイムなどが楽しめるラウンジへのアクセスが可能なのは、クラブルーム以上のクラス。

ラウンジの有無ですが、これはホテルでどう過ごすかによると思います。

あまり外出することなく、ホテルでゆっくり滞在したいという場合には、ラウンジがあると何かと便利ですが、アクティブに観光して、ほとんどホテルにいないなら、ラウンジはもったいない気もします。

あと、『絶対バスタブ有りがいい』という場合には、デラックスルームにはシャワールームしかないので、プレミアルーム以上を予約しましょう。

■ さらに眺望・階層で細分化された部屋

そして同じカテゴリーの中でも、階層・眺望によって、更に細分化されているルームタイプ

  階層 眺望
低層階 2〜9階 ハイウェイ側あるいはザ・ショップス側
ガーデンビュー 10〜39階 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ側=シンガポール海峡側
ハーバービュー 40階以上
シティビュー 19〜39階 マリーナ側
スカイビュー 40階以上

シンガポールといえばイメージする景色、マリーナ越しに浮かぶ超高層ビルの摩天楼というのが見れるのは、シティビューとスカイビュー

マリーナベイサンズのシティビューの眺め
マリーナ側を望むシティビュー/スカイビュー

海側のハーバービューというのは、マリーナベイとは反対のシンガポール海峡側(つまりガーデンズ・バイ・ザ・ベイと同じ方角)になるので、ご留意を。

マリーナベイサンズのガーデンビュー/ハーバービューの眺め
ガーデンビュー/ハーバービューの眺め

インターネットの予約サイトには、各部屋の写真や、宿泊客たちの正直な口コミが掲載されているので、チェックしてみましょう。

Marina Bay Sands

>> 口コミをチェック

 


日本語対応カウンターで楽々チェックイン


■ タワー1にある総合フロント

「マリーナベイサンズ」宿泊当日。

ワクワクする気持ちを代弁するかのような快晴のもと、意気揚々とタクシーで乗り込みます。

橋を渡ればマリーナベイサンズ

タクシーを降りたのは、「マリーナベイサンズ」にある3つのタワーのうち、タワー1

入口をくぐると、今までにみたこともないような長〜いチェックイン・カウンターが目に入ります。

マリーナベイサンズTower 1にあるフロントデスク
タワー1にある総合フロント

メモ

チェックイン:    15時

チェックアウト: 11時

■ 「日本語対応デスク」でもチェックイン可能

総合フロントが混雑していた場合、ロビーラウンジ「Renku」前に設置された日本語対応デスクに行ってみましょう。

マリーナベイサンズ日本人対応デスク

ここには、10時から19時まで日本人スタッフが常駐。チェックインも可能な上、何かあったときに日本語で相談にのってもらえる心強い存在です。

■ カードキーは1人1枚

チェックインもスムーズに終了し、ルームキーをゲットしました!

マリーナベイサンズのカードキー

このカードは、部屋の出入りのほか、屋上プールの入場時にも必要になる重要アイテム

宿泊する全員分のカードをもらいましょう。

メモ

子供も一緒の場合は、子供用のカードをもらうのを忘れずに。

マリーナベイサンズのロビー

アサインしていただいたのはタワー2のお部屋ということで、タワー1からタワー2まで移動します。

明るくて気持ちの良い光が差し込む、吹き抜けの大空間を歩きながら、タワー2のエレベーターホールへ。

いよいよお部屋に向かいます!

マリーナベイサンズのタワー2のエレベーター

メモ

マリーナベイサンズの1〜3のタワーは、各棟ごとにエレベーターが異なり、お互いに行き来することは不可能。チェックイン時に、自分の部屋がどのタワーに属しているのか確認すべし。

 


これが「マリーナベイサンズ」の客室だ!


■ ハーバービュー・クラブルーム

今回、お世話になるのは、4761号室。47階に位置するハーバービューの「クラブルーム」に2泊の予定。

マリーナベイサンズの部屋へ

キングサイズの大きなベットがあっても、まだ余裕の感じられる広々とした部屋

高級感とモダンさを兼ね備えた室内は、ベージュを基調としたインテリアで上品にまとめられています。

マリーナベイサンズのクラブルーム

枕元のサイドテーブルには、iPhoneのドッキングステーションあり。自分のスマホに入った音楽を流したり、そのまま充電できるのがGood。

マリーナベイサンズのセーフティーボックスはクローゼットの中

セーフティボックスはクローゼットの中に設置されています。

■ マリーナベイサンズ名物「タオルアート」

巨大なベットの上でちょこんと鎮座していたのは、タオルで形作られたワンちゃん

マリーナベイサンズのタオルアートの犬

これは、マリーナベイサンズのハウスキーピング名物、「タオルアート」と呼ばれるサービス。毎日変わる、このタオルアートを楽しみにしている宿泊客も多いとか。

マリーナベイサンズのタオルアート

部屋に戻ってくるたびに出迎えてくれる、キュートなタオルアートに癒されます。

■ 「ハーバービュー」の部屋からの眺め

47階、部屋からの眺望は、こんな感じ。

47階からのハーバービュー
大きなタンカーが行き来するシンガポール海峡

窓の向こうには、「ハーバービュー」の名にふさわしく、地平線いっぱいに広がるシンガポール海峡が一望。

マリーナベイサンズのバルコニー

外には、小さなバルコニー付き。夜になると、幻想的に輝く「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」のライトアップが楽しめます。

■ バスタブに、ダブルシンク!

次は、バスルームを覗いてみましょう。

マリーナベイサンズのバスルーム

マリーナベイサンズのシャワールーム

大理石で一面を覆われたバスルームには、肩までしっかり浸かれる深いバスタブと2つ並んだダブルシンクが完備。

もちろんシャワールームも、ちゃんとあります。

マリーナベイサンズのアメニティ
トレイに並んだアメニティ・セット

デザイン性だけでなく、機能面でもパーフェクトなバスルームです。

■ コーヒーはネスプレッソ、紅茶はTWG

最後に、ミニバー関係のチェック。

ミニ冷蔵庫には、ビール、ワインといったアルコール飲料から、ソフトドリンクがセット。最近流行りの?自動チャージ・システムなので、中身を動かさないように注意。

自由に使えるのは、右上のスペースのみ。

マリーナベイサンズのミニバー

部屋にはネスプレッソのコーヒーマシーンとカプセルが置いてあり、本格的なコーヒーが自由に飲めるようになっているのは嬉しいですね。

シンガポールを代表する高級ブランド「TWG」の紅茶も用意されています。

マリーナベイサンズのコーヒー&紅茶

マリーナベイサンズのルームツアーは、ひとまず以上。

部屋の無料コーヒー・紅茶は、また後でゆっくり頂くことにして、今からクラブルーム以上の宿泊客が使えるラウンジ「クラブ55」に潜入してきます!

宿泊記②「クラブ55」へ続く

 

Marina Bay Sands

ランク ★★★★★

エリア マリーナ(ベイフロント駅直結)

地図 10 Bayfront Ave, Singapore 018956

料金目安 3万8000円〜(1泊1室)

>> 空室・料金をチェック

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ