【攻略】シンガポール「マーライオン公園」と公認マーライオン6体巡り

※ 記事内に広告を含む場合があります

シンガポールを訪れた旅行者なら一度は行くであろう定番の観光スポット「マーライオン公園」

マリーナ湾に向かって、水を吐く「マーライオン像」は、シンガポールを象徴する風景の一つです。

シンガポールの2大ランドマーク「マーライオン」と「マリーナベイサンズ」

今回は、マーライオンの由来とともに、マーライオン公園へのアクセス、周辺ガイドなど、マーライオン観光に役立つ情報を大特集。

また、マーライオン公園以外にも、シンガポール各地に点在している公認マーライオンもご紹介します。

 


「マーライオン」の基本情報


■ マーライオンの由来・歴史

ライオンの頭に、魚の尾をもつ姿から、「Mer(海)」+「Lion(ライオン)」と名付けられた「マーライオン(英語:Merlion/中国語:鱼尾狮)」。シンガポールの建国神話をもとにした架空の生き物です。

ライオンの頭は、別名ライオン・シティとも呼ばれるシンガポールの象徴。

その昔、サング・ニラ・ウタマ王子(Sang Nila Utama)が、シンガポールへ上陸した際にライオンに出会ったことから、この土地を「シンガプーラ(サンスクリット語で「ライオンの都」という意味)」と命名したことに由来します。

魚の尾は、小さな漁村(テマセック)から貿易港として発展を遂げたシンガポールの海洋国としての起源を示したもの。

マーライオン公園(Merlion Park)の碑文

1972年、シンガポールの初代首相リー・クアンユー(Lee Kwan Yew)氏によって、除幕式が執り行われました。

 

■ マーライオン公園の場所・行き方

マーライオンがあるのは、シンガポール川がマリーナ湾に合流する河口地点に広がる「マーライオン公園」

マーライオン公園に建つ「マーライオン像」

MRTの最寄り駅であるラッフルズプレイス(Raffles Place)駅から、徒歩約7分ほど。

また、ダウンタウン(Downtown)駅からも徒歩約10分で行くことができます。

 

■ 入場無料!営業時間と定期清掃

マーライオン公園は、年中無休・24時間オープン入場料は無料です。

ただマーライオン像自体は、定期清掃やら工事修理などで、たまに非公開になる(囲いで覆われる)ことがあります。

メンテナンスの日程については、シンガポール観光局の公式ページに掲載されるので、気になる方は確認しましょう。

Singapore Tourism Board

 


シンガポールの象徴「マーライオン」


■ 世界三大がっかりスポット返上!

高さ8.6メートル、重さ70トンという巨大なマーライオン像。

昔は「世界3大がっかりスポット」の1つと揶揄されたこともありましたが、マリーナベイ地区の再開発とともに、正真正銘シンガポールを代表する観光名所となりました。

シンガポールを象徴する景色:マーライオンとマリーナベイサンズ

2010年に開業した統合型リゾートマリーナベイサンズを背景に、口から水を吐き出すマーライオンの堂々たる勇姿

もう、がっかりスポットなんて言わせません!

マーライオン像の移転

1972年の建設当時は、今よりもっとシンガポール川の河口に近い場所に設置されていたマーライオン。1997年にエスプラネード橋が完成すると、マーライオンが遮られてしまう事態に陥ったため、2002年に現在の位置(120m東)へと移転しました。

 

■ 小さいミニ・マーライオンも必見

マーライオン本像と背中合わせに立っている「ミニ・マーライオン」も、お忘れなく!

マーライオン本像の後ろにある「ミニ・マーライオン(Mini Merlion)」

こちらは高さ約2メートルと、本像に比べて約1/4の大きさ。

つぶらな黒い瞳に、チョロチョロと水を吐く健気な姿にキュンとします。

 

■ 毎夜開催!レーザーショーとの競演

青空に映える昼のマーライオンもいいけれど、ライトアップされた夜のマーライオンも見逃せません。

マーライオンとマリーナベイサンズのレーザーショー「スペクトラ」の競演

シンガポールのきらめく夜景に浮かび上がる白亜の姿。

毎日2回(金・土は3回)開催されるマリーナベイサンズのレーザーショー「Spectra」との光の競演は圧巻です。

Spectra

日時日〜木:20時・21時、金・土:20時・21時・22時

サイトjp.marinabaysands.com/

 

■ プロジェクション・マッピングで七変化

毎日のライトアップとは別に、イベントなどに合わせて実施されるのが、プロジェクション・マッピング

プロジェクション・マッピングで金ピカになったマーライオン

まばゆいゴールドや、シンガポールの国旗カラーである赤と白など、さまざまな色や模様をまとうマーライオン。

プロジェクション・マッピングで七変化のマーライオン

この年末、マリーナベイのカウントダウン・イベントに合わせて、2023年12月26日〜31日の間、プロジェクション・マッピングが実施される予定です。

 


マーライオン公園の周辺ガイド


■ マリーナベイ地区の定番観光スポット

マーライオン公園のあるマリーナベイ周辺には、マーライオン以外にも観光スポットがたくさん。

シンガポール近代化の父と呼ばれるラッフルズ卿の上陸地点に、歴史的なコロニアル建築が集まるパダン周辺。

上陸地点に建てられたラッフルズ卿の像

対岸には、シンガポールのランドマークマリーナベイサンズや、近未来型植物園ガーデンズ・バイ・ザ・ベイなど、見どころがいっぱい。

マーライオン観光後に訪れたいマリーナベイ地区の定番スポット

マーライオン観光後に訪れたいマリーナベイ地区の定番観光スポットについては、以下の記事にまとめました。

 

■ マーライオン公園近くのレストラン

マーライオン観光のあとに、近くで食事やカフェ休憩をするなら、マーライオン公園内にある商業ダイニング施設「ワン・フラトン(One Fullerton)」がおすすめ。

マーライオン公園内に併設された商業施設「ワン・フラトン(One Fullerton)」

シンガポールのおしゃれカフェを代表するPS.カフェに、グルメハンバーガーが人気のアメリカン・ダイナーOverEasy(オーバーイージー)」、シンガポール名物チリクラブの有名店パームビーチなど、多彩なレストラン・カフェ・バーが10店舗以上。

スターバックス「モスバーガー」といった、お馴染みのチェーン店もあります。

 

また、マーライオン公園の近くには、「フラトンホテル」フラトンベイホテルがあるので、高級ホテルでアフタヌーンティー飲茶というのはいかが?

ザ・ランディングポイントジェイドともに、人気のスポットなので、早めに予約をしておきましょう。

 

■ 公園内には、お土産ショップはなし

シンガポール随一の観光スポットであるにもかかわらず、マーライオン公園内には、お土産ショップはありません。

「五谷豊(WuGuFeng/ウーグーフェン)」のマーライオン・マンゴー・ショートブレッド・クッキー

マーライオン型のマーライオン・クッキーやチョコなど、シンガポールの定番土産については、以下の特集記事を参照してください。

 


公認マーライオン6体を制覇せよ


シンガポールには公式マーライオンが何体いるか、ご存知ですか?

街中で出会う非公認マーライオン
非公認マーライオン

マーライオン公園にある本家マーライオン以外にも、政府公認のマーライオンは全部で6体

島内各地に点在するマーライオン像を巡りながら、全制覇を目指しましょう!

 

❶ マーライオン公園のマーライオン像

1972年に制作されたオリジナル(本物)が、マリーナ湾のほとりに立つマーライオン像。

マーライオン公園に建つ「マーライオン像」

最も有名なマーライオン像と行っても過言ではないでしょう。

 

❷ マーライオン公園のミニ・マーライオン

2体目は、本像と同じく、マーライオン公園にいる「ミニ・マーライオン」

水を吐き出す「ミニ・マーライオン(Mini Merlion)」

小さいながらも、ちゃんと水を吐いています。

 

❸ マウント・フェーバーのマーライオン

シンガポールの南西部、海抜約100メートルの小高い丘の頂上に広がるマウント・フェーバー(Mount Faber)公園

セントーサ島とシンガポール本島を結ぶケーブルカーの乗り場があることでも有名なスポットです。

「ダスク(Dusk)」マウント・フェーバーにあるマーライオン
マウント・フェーバーにあるマーライオン

この公園内には、全長約3mのマーライオン像が鎮座しています。

Mount Faber Park

 

❹ シンガポール観光局のマーライオン

「シンガポール政府観光局(Singapore Tourisum Board)」は、シンガポールの観光全般を監督し、マーライオンの管理をも担う政府機関。

オーチャードにあるシンガポール観光局の入り口に建つ「マーライオン」

オーチャードの西端、グレンジロード沿いにある観光局のエントランス(車寄せ)には、ちょっと面長のマーライオン像が立っています。

 

❺・❻ アンモーキオの双子マーライオン

シンガポールの北東部に位置する郊外の町アンモーキオ(Ang Mo Kio)にあるのが、地域の自治体によって建立された「双子マーライオン」

アンモーキオ(Ang Mo Kio)のHDB前に佇む1対のマーライオン

HDB(公団)の駐車場ゲート前を左右に1体ずつ、さながら門番のごとく1対のマーライオンが見守っています。

アンモーキオ(Ang Mo Kio)のHDB前に佇む1対のマーライオン

実はこの双子マーライオン、制作前にシンガポール観光局の事前承認を得ていなかったため、撤去されそうになったこともあったとか。

今では観光局のお墨付きを得て、正式に公認マーライオンとなりました。

 

【解体】セントーサ島のマーライオンタワー

かつて、公認マーライオンの1つに数えられていた「マーライオンタワー」

2019年に閉鎖・取り壊されたセントーサ島の「マーライオン・タワー」
高さ37mの巨大なマーライオン像

セントーサ島のド真ん中にそびえ立つランドマークとして、長年親しまれていましたが、一帯の再開発プロジェクトにともない2019年に閉鎖・解体されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ