オーチャードで人気のカジュアル・フレンチ「ビストロ・デュ・ヴァン」

オーチャードのど真ん中にある「ビストロ・デュ・ヴァン」

2009年のオープン以来、入れ替わりの激しいシンガポールの飲食業界で10年間、伝統的なフレンチの味を守り続けてきた老舗レストラン。

今回、本格派フランス料理を手頃な値段でいただける、大人気のランチコースをご紹介します。

 


裏通りの隠れ家「ビストロ・デュ・ヴァン」


■ 通称レザミ通り!ショーセンター1階

オーチャードロードとスコッツロードの交差点の一角に位置する商業施設「ショーセンター」。日本人には、「伊勢丹スコッツ」が入っている建物といったほうが早いかもしれません。

ショーセンター1階にあるビストロ・デュ・ヴァンの店舗

このビルの1階、オーチャードロードの反対に位置するクレイモア・ヒル側は、通称レザミ通り

高級レストラン「Les Amis」や、日本料理「青木」といった、「ビストロ・デュ・ヴァン」が属するレザミグループの系列店が軒を連ねています。

ビストロ・デュ・ヴァンの看板サイン

黒のガラス戸でシックにまとめられた入口は、隠れ家的な雰囲気。

ビストロ・デュ・ヴァンの店内インテリア

扉を開けると、そこはパリ! 

大理石のカフェテーブルに、タイル床、ポスターと、パリの下町に似合う空間が広がっています。

 


リーズナブルなランチ・コース


■ 週末もオッケー!3コースのセットランチ

「ビストロ・デュ・ヴァン」のメニューには、前菜からスープ、メインディッシュにデザートまで、伝統的なレシピによるフレンチの定番が並んでいます。

その時の一押しメニューが書かれている店内の黒板も要チェック。

ビストロ・デュ・ヴァンのメニュー

アラカルトの注文もいいのですが、ランチはお得に頼めるコースセットが断然おすすめ。

ランチセットは平日のみというお店が多いなか、週末もオーダー可能な3コース・セットランチ。これは嬉しい!

また、店名にフランス語でワインを意味する「Vin」とつくだけあって、ワインリストも充実。グラスワイン$16〜楽しめます。

■ 前菜からメインディッシュ級の満足度

3コースの始まりは、アントレから。

表面にこんがりと焼き色のついた「フォアグラのソテー」

外側のカリッとした食感に、中のとろける味わい。フルーツの自然な甘味を生かしたソースが、フォアグラの濃厚さを引き立ててます。

ビストロ・デュ・ヴァンのフォアグラ

チーズのたっぷりかかった熱々の「オニオン・スープ」は、「ビストロ・デュ・ヴァン」の名物の一つ。

タマネギの甘味とコクをギュッと濃縮した正統派オニオンスープを堪能できます。

ビストロ・デュ・ヴァンのオニオンスープ&エスカルゴ

ガーリックバターの香りが食欲をそそる「エスカルゴ」。言うまでもなく、パンとの相性が最高の一皿です。

ビストロ・デュ・ヴァンのパン

■ メイン「アンガス牛のリブアイ・ステーキ」

メインディッシュに選んだのは、「アンガス牛のリブアイ・ステーキ」

窮屈そうにお皿に載せられたステーキは、ボリュームたっぷり。希望通り、ミディアム・レアに焼き上げられたジューシーなお肉。

ビストロ・デュ・ヴァンのアンガス・ステーキ

深みのあるレッドワイン・ソースが、肉の味に奥行きを与えています。

■ 珠玉のデザート

食後のデザートには、「アップルパイのバニラ添え」をチョイス。

温かいサクサクのパイに、冷たいアイスクリームという、温・冷スイーツの黄金コンビ。美味しくないわけありません。

ビストロ・デュ・ヴァンのアップルパイ

デザートにサーブされた紅茶もティーバッグながら、シンガポールの紅茶ブランド「1872クリッパーティー」を使っているところにこだわりを感じます

ビストロ・デュ・ヴァンの1872クリッパーティー

最後のデザートまで完成度が高く、大満足の3コース・ランチですが、一つだけ心残りが…。

「ビストロ・デュ・ヴァン」の名物デザート、「スフレ」を味わっていないこと。

ビストロ・デュ・ヴァンのスフレ

オーダーを受けてから、20分をかけて焼き上げられる「スフレ」は、驚くほどフワフワ。芳醇なグラン・マルニエの香りが漂う珠玉のデザート。

残念ながら、スフレはランチコースのデザート・オプションには含まれていませんが、アラカルトで注文する価値あり!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ