シンガポール最後のディナーは名物チリクラブ「ジャンボ・シーフード」

『シンガポール旅行を締めくくる最後の日、何を食べようかな?』

今回ご紹介するのは、そんな風に迷っている方におすすめしたいレストラン「ジャンボ・シーフード」

シンガポールを代表する名物料理「チリクラブ」の超有名店。

ちょっと豪華なチリクラブ・ディナーは、旅行のフィナーレにぴったりです。

 


川沿いにレストランやバーが並ぶクラークキー


■ シンガポールのナイトスポット「クラークキー」

「ジャンボ」は、シンガポール国内に6店舗。

中でも、観光客に行きやすいのが、シンガポール・リバー沿いに広がるナイトスポット「クラークキー」

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」のあるクラークキー一帯
日が暮れると、多くの人で賑わうクラークキー

MRTノースイースト線(紫色)のクラークキー駅から地上に上がると、川の両側にレストランやバーが立ち並んでいるのが見えます。

 


大人気「ジャンボ」リバーサイドポイント店


■ 光輝く夜景!シンガポール最後のディナーに

駅側の川沿いを歩くこと、3〜4分。

リバーサイドポイントという商業施設の1階に入っているのが、「ジャンボ」リバーサイドポイント店

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」リバーサイドポイント店

ここは、クラークキーの夜景を一望できる一等地。

水面にキラキラ揺らめくライトアップと、心地よい風が吹き抜けるテラス席は大人気。

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」テラス席
アウトドアのテラス席

暑いのが苦手な子供や年配の人がいる場合、エアコンの効いた屋内席がおすすめ。

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」2階の入口
2階の正面入口

テーブル席がゆったりと配置された1階と2階の店内

モダンで清潔感のある雰囲気は、特別な集まりにも使えます。

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」2階の店内
屋内のテーブル席

■ 予約は必須!公式ホームページから簡単予約

夕方の開店と同時に、多くのお客さんであっという間に満席になるリバーサイドポイント店。ジャンボの店舗のなかでも、最も高い人気を誇るので、予約は必須

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」公式ページからの予約可能

ジャンボの公式ホームページから、店舗と日時・人数を選ぶだけで簡単に予約可能。

旅行の日程が決まったら、早速予約しておきましょう。

 


「ジャンボ」で食べるシンガポール名物チリクラブ


■ カニは時価!チリクラブの相場

チリクラブを食べる前に、気をつけないといけないことは、チリクラブのお値段。

カニは時価ということで、メニューに値段は記載されていません。

慣れていない観光客の場合、『カニは高い』ということは何となく想像できていても、具体的にいくらかは分からないままオーダーしてしまい、あとで請求書を見て真っ青になるということケースも。

産地やサイズによって、カニの値段は変わるので、一概にはいえませんが、だいだい1キロあたり$70前後が相場です。

店員さんにカニの価格・サイズなどをちゃんと確認してから、注文しましょう。

■ チリクラブの美味しい食べ方

料理が運ばれてくる前に、チリクラブと格闘するためのアイテムをチェック。

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」ウェットティッシュ&エプロン
かわいいカニの絵が描かれたジャンボのエプロン

お皿の横にセットされているのが、ソースで汚れた指を洗うフィンガーボールウェットティッシュ

赤いソースが服に飛び散るのを防ぐエプロンに、ビニール手袋を装備すれば、準備完了!

■ ジャンボ特製ソースが絶品のチリクラブ

カニを丸ごとチリソースで炒めたシンガポールの名物グルメ「チリクラブ」

こちらが、ジャンボ自慢の一皿。

ぶった切られた甲羅や爪の部分が、殻付きのままゴロゴロと豪快に入っています。

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」チリクラブとマントウ

チリクラブを頼むとき、実はカニよりも楽しみにしている人が多いと言われるのが、チリクラブのソース

ジャンボ特製のソースは、スパイシーさの中にトマトと溶き卵の隠し味が効いた魅惑のバランス。

一度味わえば病み付きになること、間違いなし。

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」マントウ
チリクラブには欠かせない揚げパン「マントウ」

チリクラブのお供、一口サイズの揚げパン「マントウ」につけたり、炒飯にかけたりして、余すところなく頂くのが流儀です。

 


中華全般!チリクラブ以外のメニューも充実


チリクラブ以外にも、中華全般のメニューが楽しめるジャンボ。特に新鮮なシーフードを使った料理には、定評があります。

■ 野菜の種類・調理方法を選べる「野菜炒め」

メインの箸休めとしても、栄養バランス的にも、1品は欲しい「野菜炒め」

アスパラガス、ブロッコリー、豆苗、カイラン、ホウレンソウなど、数種類の野菜から、好きなものを選べるだけでなく、調理方法まで指定できるのが、ポイント。

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」豆苗の炒め物
豆苗のガーリック炒め

ガーリックや、オイスターソース、X.Oソースなどで炒めたシンプルな野菜炒めは、どれも間違いなしの美味しさ。

■ 子供も大好き!「ヤム芋リング」ホタテ包み

すりつぶしたヤム芋コロッケの中央に、ホタテを入れた「ヤム芋リング」は、ジャンボの人気メニューの一つ。

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」帆立のヤムリング

肉厚なホタテのプリプリ感と、ホクホクとしたヤム芋のやさしい甘みが絶品。小さなお子さんにも、おすすめのメニューです。

■ 迫力の姿揚げ「ティラピアのフライ」

そして店員さんに勧められてオーダーしたのが、「ティラピアのフライ」

1匹丸ごとをフライにしたティラピアの姿揚げは、迫力満点

恐ろしい形相のティラピアに一瞬怯みますが、中身はクセのない、いたって普通の白身魚。ニョニャ風のソースが、味に奥行きを与えています。

チリクラブ有名店「ジャンボ・シーフード」ティラピアのフライ

 


グルメの国シンガポールで、旅行の最後にふさわしい名物料理「チリクラブ」。

シンガポールリバーの夜景を望む「ジャンボ」でのちょっと贅沢なディナーで、有終の美を飾りましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ