今夜はブギーバック!絶景マリーナとハンバーガー「オーバーイージー」

マーライオン公園にやってきました。

といっても、用があるのはマーライオンではなく、そのお隣。マーライオン公園に隣接する商業施設「ワン・フラトン」。今日はここでディナーです。

ベイフロントに整備された遊歩道を通って、早速お店に向かいます!

 


レトロダイナーで気分は1960’s


■ ワンフラトン1階「オーバーイージー」

10数軒のレストランやバーが並ぶ「ワン・フラトン」の中でも、マーライオン側に近い1階にある「オーバーイージー」

チリクラブの有名店「パームビーチ」の隣に位置しています。

OverEasyの看板

ボリュームたっぷりな料理と、ノリの良い音楽がテーマのアメリカン・ダイナーです。

■ オールディーズの世界にタイムトリップ!

お店の雰囲気は、映画で見た古き良きアメリカン・ダイナーそのものの。

OverEasyのインテリア
開放的なオープン扉

赤と白の格子模様のビニールフロアに、ドアやテーブルの脚などに使われたブルー。

メタルフレームのテーブルにベンチシート。壁際には、古いアーケードゲーム機まで。

OverEasyのインテリア

レトロ感満載のネオンサインやポスターなど、インテリア小物も抜かりなし。

おしゃれだけど、尖りすぎていないカジュアルさが素敵な店内。

OverEasyのバーカウンターと店内

フレンドリーな店員さんが、温かく出迎えてくれました。

■ 目の前はマリーナベイサンズ

店内も捨てがたいけど、今回案内してもらった席は、お店の前に設けられたテラス席

そんなんです。ここ「オーバーイージー」のウリといえば、この眺め! 

OverEasyのドリンクとマリーナベイサンズ

マリーナベイサンズを真正面に拝むことのできる最高のロケーションで、テンションMAX。気分良く乾杯です。

 


ハンバーガー片手にレーザーショー


■ メニューもサイズもアメリカン!

アメリカのダイナー料理が中心の「オーバーイージー」。

OverEasyのメニュー

メニューには、朝食ワンプレートやエッグベネディクトといったオールデイ・ブレックファストから、ハンバーガーやステーキといった肉食系メニュー、大人数でシェアするためのパーティープレートまで並びます。

ドリンクには、ダイナーには欠かせないシェイクもあり。

OverEasyのアメリカンな食事

注文後、テーブルに運ばれてきた料理は、どれもアメリカン・サイズ!ボリュームたっぷりです。

■ 本格派!シグニチャーのハンバーガー

「オーバーイージー」のシグニチャーといえば、ハンバーガー。

まず、こちらは「トリュフバーガー」

見てください!ツヤツヤと光る、美味しそうなバンズを。

OverEasyのトリュフバーガー

その間には、ハンバーガーの主役である和牛パティ、とろーりと溶けるスイスチーズ、キャラメライズされたタマネギとキノコ類の3重層。

OverEasyのハンバーガー

ここにクリーミーなトリュフ・マヨネーズソースが加わって、文句なしの100点満点。グルメバーガーの真骨頂です。

OverEasyのTo Die For Burger

お次は「To Die For バーガー」に、アボカドのディップ「グァカモーレ」をプラス。

こちらは、レタスに、トマト、チェダーチーズと王道の具がサンド。メニューの名前どおり、『このためになら死んでもいい』と思わせる究極のハンバーガーです。

■ その他メニュー

ハンバーガー以外に、大きな海老がたっぷり載った「海老のリングイネ」もオーダー。

OverEasyの海老リングイネ

レモンバターソースに、ピリッと効いたチリ。エビの旨味を生かしたシンプルな味つけがGood。

 


毎日、20時、21時、22時(金・土のみ)に開催されるマリーナベイサンズのレーザーショー「スペクトラ」

OverEasyのテラス席からマリーナベイサンズのレーザーショー鑑賞

もちろん「オーバーイージー」のテラス席では、座ったままバッチリ鑑賞できる特典つき。

マリーナのど真ん中、パーティー気分で盛り上がりたいときに、ぴったりのお店です。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ