チーズバー限定!とろ〜り至福のラクレット「ワインコネクション」

お酒が高いシンガポールで、リーズナブルな価格でワインが飲めるお店として大人気の「ワインコネクション」

人気の複合ダイニング施設「ロバートソン・ウォーク」
複合ダイニング施設「ロバートソン・ウォーク」

シンガポールリバー近くに位置する複合商業施設「ロバートソンウォーク」には、ワインコネクション系列のお店が2店。

一つが「タパスバー&ビストロ」で、もう一つが「チーズバー」となっています。

Wine Connectionチーズバーのロゴ

今回は、「チーズバー」だけでいただける大人気のシグニチャーメニューに挑戦します。

 


チーズ天国「ワインコネクション」チーズバー


ワインコネクション・チーズバーがあるのは、施設の正面入り口(タクシーのりば)のすぐ隣。

店内のテーブル席のほか、お店前の通路にもアウトドアテーブルが数席。

Wine Connectionチーズバー外観

入り口から、すでに芳醇なチーズの香りが漂ってくる店内。壁一面に設置されたガラスのショーケースには、様々なチーズが陳列。チーズ好きにはたまらない空間です。

Wine Connectionチーズバー店内

小さいテーブルにハイチェアがいくつも並ぶ客席。

がっつり食事をするにはちょっと窮屈かもしれませんが、バーということで、ドリンクとちょっとしたおつまみを楽しむには十分なスペースといったところでしょうか。

Wine Connectionチーズバー店内

 


シグニチャーの「ラクレット」


チーズバーに来た目的は、もちろんリーズナブルなワインということもありますが、お目当ては「ラクレット」

「ワインコネクション(Wine Connection)」チーズバーのシグニチャーメニュー「ラクレット」

ワインコネクションの中でも、ここチーズバーでしか食べられない限定メニューです。

■ ラクレットセットに付いてくるもの

ラクレットを頼むと、小さなテーブルに所狭しと置かれるセットの数々。

Wine Connectionラクレットのセット

まずは、チーズを溶かすラクレット専用マシーン

左右からあたる電熱でチーズが溶けて、下の小さなフライパンに流れ落ちるという仕組み。

Wine Connectionラクレットマシーン
このチーズは2人前

チーズと一緒にいただく付け合わせとして、生ハム、ポテト、サラダ、そしてパンもセットに含まれています。

Wine Connectionハムやポテトなどのコールドカット
2人分のコールドカット

■ チーズが溶ろけた瞬間が勝負です

すべてが揃ったところで、いよいよマシーンの電源をON!

ほどなく断面が溶けはじめ、下の受け皿にとろ〜りと流れ落ちてくる滑らかなチーズ。

『チーズのナイアガラの滝や〜』(by 彦摩呂風)

などと言っている場合ではありません。

ラクレットの鉄則は「素早さ」。溶けた一瞬を見逃さず、ハイエナのような俊敏さで、お皿に掻っさらいます。

Wine Connection溶けるラクレットチーズ

トロトロのチーズを付け合わせに絡めて、パクリ。

う〜ん、美味しすぎる。

Wine Connectionラクレット

溶けたチーズは、パン、ハム、ポテトのどれとも相性抜群。最初、ちょっと多いかも思った付け合わせも、あっという間になくなっていきます。

もちろん、ワインとのペアリングも最高です。

Wine Connectionラクレット

見た目にも美しいチーズの流れる様子。

口福、眼福、まさに至福のひとときです。この内容で、1人$39はコストパフォーマンス高し! 大満足です

Wine Connectionデザート
デザートは別腹

ラクレット・マシーンの台数には限りがあるようなので、『確実にラクレットが食べたい!』という場合には、予約しておくことをおすすめします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ