シンガポールスリング発祥の地ラッフルズホテル「ロングバー」で乾杯

シンガポールという国名を冠する「シンガポールスリング(Singapore Sling)」

文字通り、シンガポールで生まれたカクテルはシンガポール航空の機内ドリンクとして供されるなど、国を代表する名物の一つとなりました。

さっかくシンガポールに来たのなら、本場のシンガポールスリングで乾杯とでも行きたいところ。

それなら、ラッフルズホテルの「ロングバー(Long Bar)」以上に相応しい場所はないでしょう。

なんたって、この「ロングバー」こそ、シンガポールスリング発祥の地なのですから!

 


ラッフルズホテル発祥のシンガポールスリング


■ シンガポールスリング誕生秘話

シンガポールスリングが生まれたのは、時を遡ること1915年

白亜のラッフルズホテル

当時、イギリスの植民地だったシンガポールにおいて、欧米人たちの社交の場だったのが、最高級ホテル「ラッフルズホテル」

社交界のマナーとして、人前でお酒を飲めなかった女性たちのために、フルーツジュースに見えるようなカクテルを作ったのが、「シンガポールスリング」の始まり。

 


ラッフルズホテル「ロングバー」は営業中


■ ラッフルズ「ロングバー」への行き方

MRTシティホール(City Hall)駅もしくはエスプラネード(Esplanade)駅からすぐの場所に立地しているラッフルズホテル。

ラッフルズホテル「ロングバー」への階段

ロングバーへの入口があるのは、ノースブリッジロード側の1階

シンガポールスリングの絵と歴史について書かれた大きな看板が目印。ここにある階段から、2Fにある「ロングバー」へと行くことができます。

ラッフルズホテルの2階にある「ロングバー」
ピーナッツが描かれた床のタイルが道しるべ

入口で、シンガポールスリング片手に出迎えてくれるのは、ニャン・トン・ブーン(Niima Tong Boon)氏

シンガポールスリング生みの親である伝説のバーテンダーです。

シンガポールスリングの生みの親ニャン・トン・ブーン

「ロングバー」の営業時間は、午前11時〜午後11時まで。

平日の早い時間でも行列ができていることもありますが、皆さん「シンガポールスリング」を一杯飲んだら帰っていくという感じなので、回転は早いです。

ちなみにドレスコードは特になし! 観光途中に、Tシャツ&サンダル姿で気軽に立ち寄れるのは、うれしいですね。

■ コロニアルな雰囲気漂う「ロングバー」

改装された後も、歴史ある「ロングバー」のクラシカルな雰囲気は変わらぬまま。

ラッフルズホテル「ロングバー」の店内

黒いラタンの椅子と、モノクロのタイル床。シックで上品な内装は、さすが名門ラッフルズホテル。

ラッフルズホテルの「ロングバー」のクラシックなファンや階段

天井を飾るレトロな団扇形ファンも、現役で稼働中。

南国のエキゾチックでコロニアルな空間に、うっとりと酔いしれます。

 


「ロングバー」シンガポールスリングの流儀


■ バラ色のトロピカルカクテル

「ロングバー」で注文するのは、もちろんシンガポールスリング。

一杯、税別$32(約2,600円)と値段は安くはありませんが、「ロングバー」だけで味わえる元祖シンガポールスリング。ここで試さなきゃ、後悔します!

シンガポールスリングを作る「ロングバー」のバーテンダー

次々に入る注文に対応するため、カウンターで休む間もなくシェイカーを振り続けるバーテンダー。

ラッフルズホテル「ロングバー」発祥のシンガポールスリング

ジンベースに、パイナップルジュースやライムジュース、キュラソーを加えたフルーティーな風味。グレナデンシロップとチェリーリキュールで色付けされた美しいバラ色

シンガポールにぴったりのトロピカルカクテルです。

■ ピーナッツ殻は床に投げ捨てOK!

もう一つ、「ロングバー」に欠かせないのがピーナッツ。

席に案内されると、麻布に入ったピーナッツ(無料)がテーブルに置かれています。

ラッフルズホテル「ロングバー」のピーナッツ袋

面白いのが、中身のピーナッツを食べたあとの殻は、床に投げ捨てるという「ロングバー」の流儀

ピーナッツの殻が散らばっている「ロングバー」の床
床には空になったピーナッツ殻がいっぱい

食べたものを床に放り投げるなんて、普段許されないことができるという快感。「ロングバー」では堂々とポイ捨てしましょう!

 


ラッフルズ・ブティックでロングバーのお土産


シンガポールスリングを堪能したら、ホテル1Fにあるラッフルズ・ブティックに寄るのを忘れずに。

1Fのラッフルズ・ブティックで購入できるロングバーのお土産
© Raffles Boutique

ロングバー名物のピーナッツや、シンガポールスリング・フレーバーの紅茶など、ロングバーに関連するお土産がいっぱい!

「ラッフルズ・ブティック」の営業時間は午前9時〜午後21時まで。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ