マリーナ湾を周遊「シンガポール・リバークルーズ」きらめく夜景を満喫

都心部を東南に貫くシンガポール川

シンガポール黎明期の19世紀には、積荷を乗せた小型船が行き交い、海洋貿易の大動脈として活躍したエリアです。

開発・観光地化が進んだ現在、交易船の代わりに川の主役となったのが、観光船

高層ビルを背景にシンガポールリバーを行き交う観光船

今回は、人気の観光アトラクション「リバークルーズ」の見所、コース、料金、乗船場所などの詳細をお届けします。

 


シンガポール・リバークルーズとは?


■  リバークルーズとリバータクシー

シンガポール川で船の往来があるのは、上流域にあたる「ロバートソンキー」「クラークキー」「ボートキー」、下流の河口部にあたる「マリーナベイ」「マリーナ・サウス」までの区間。

左岸・右岸に計13の船着場が設置されています。

リバークルーズ社が運航する船は、「リバークルーズ」と「リバータクシー」の2種類。

  内容
リバークルーズ

大人$25/子供$15
9:00〜23:00

シンガポール川の上流〜マリーナベイの間、1周約40分のコースを遊覧。8つの発着場から乗り降り可能。
シンガポール・リバークルーズの概要

リバータクシー

$5
平日8:00〜10:00、17:00〜19:00

平日の朝と夕方の通勤時間帯のみ運航。
ロバートソンキー、クレマンソー、クラークキー、ボートキー, エスプラネードの5地点を結ぶ。
支払いはEZ-LinkカードもしくはNETSのみで、現金払い不可

リバークルーズ社のリバータクシーが停船する5つのジェッティ

マーライオンやマリーナベイサンズの船着場にストップしない「リバータクシー」は、どちらかというと地元の「通勤の足」

本記事では、シンガポール観光におすすめの「リバークルーズ」のほうに焦点をあて、レポートしていきます。

■ シンガポール・リバークルーズ8つの乗り場

シンガポール・リバークルーズのマップ地図

上流のクラークキーから、河口部のマリーナベイの間を反時計周りに遊覧する「リバークルーズ」。1周約40分の船旅です。

下記、ルート上にある8つの船着場から乗り降りすることが可能。

  場所 メモ
クラークキー フーターズの前。リバークルーズの発着数が最も多いメイン乗船場
リードブリッジ チリクラブの有名店「ジャンボ」(リバーサイドポイント店)の近く
ボートキー ボートキーの岸に並ぶ飲食店街の真ん中あたり
フラトン フラトンホテルの横
マーライオン公園 マーライオン像のすぐ横
ベイフロント・サウス マリーナベイサンズの南端にある桟橋
エスプラネード エスプラネードの屋外シアターのそば
プロムナード 巨大観覧車「シンガポール・フライヤー」のそば

通常、乗りこんだ船着場と同じ場所に戻ってくるという周遊(往復)が基本。

ただ途中下船することも可能で、例えばクラークキーから乗って、マーライオン公園もしくはマリーナベイサンズ(ベイフロント・サウス)で降りるというのもあり。

その場合は、必ずチケットを買うときに窓口で『○○で降りたい』と伝えましょう。

船は8つの船着場に必ず停まる各停ではありません。乗降客がいない場所は停止することなく通り過ぎてしまいます。

バスのような降車ボタンが船内にあるわけではないので、乗る前に係員に伝えておくのが重要。

メモ

途中下船の場合、一度下船したらクルーズはそこで終了。降りた地点からクルーズを再開することはできません

■ リバークルーズの料金とチケット売り場

シンガポール・リバークルーズのチケット売り場

各乗り場の横には、チケット売り場が併設されているので、ここでチケットを買いましょう。

「リバークルーズ」の支払いは、各種クレジット・現金に対応。

  一般料金 Voyagin割引
通常リバークルーズ 大人$25(約2,016円)
子供$15(約1,227円)

8%オフ 
大人1,855円
子供1,129円

途中下船するショートクルーズ

大人$18
子供$15(子供のショートクルーズ用の料金設定なし)
レーザーショークルーズ 大人$38
子供$22

シンガポールの割引チケットでおなじみのサイト「Voyagin(ボヤジン)」でも、リバークルーズの取り扱いがありますが、このeチケットはクラークキーの乗り場でしか引き換えできません

他の乗り場を利用する人、途中下車したい人は、直接カウンターで買いましょう。

シンガポール・リバークルーズのチケット

■ シンガポール・リバークルーズの営業時間

リバークルーズの営業時間は、毎日9時から23時まで(最終ボートの出発は22時半)。だいたい15分〜30分間隔で運行されています。

朝・昼・夜と、どの時間帯のリバークルーズも楽しいけれど、一番のおすすめは日が暮れてから

シンガポールのきらめく夜景の中を進んでいくナイトクルーズは最高です。

 


シンガポール・リバークルーズの見所


■ クラークキーからナイトクルーズに出発!

8つある乗船場の中でも、リバークルーズの主体となるクラークキー乗り場(上図①)は、MRTクラークキー駅のE出口から徒歩約5分。

川沿いにバーやレストランが集まるクラークキーは、夜になるとカラフルなイルミネーションに彩られ、一層華やかな雰囲気に。

シンガポール・リバークルーズのクラークキーの乗り場

リバークルーズといっても、クルーザーに乗るわけではありません。

開拓時代、シンガポール川を行き来していた「トンカン」と呼ばれるレトロな木造船がリバークルーズの相棒。

屋根のある前方部分のベンチシートと、最後尾の屋外デッキスペースに分かれた小型ボートは、定員45人ほど。

席は指定席ではなく、早いもの順に好きなところに座っていくシステムです。

クラークキーから出発するシンガポール・リバークルーズ

クラークキーを出航し、ゆっくりと下流へと進むボート。

リバーサイドに軒を連ねる飲食店と、オフィス街の高層ビルが共存するボートキー。船内を吹き抜ける心地よい風を感じながら、川沿いの風景を楽しみます。

シンガポールリバーが湾に合流する河口部に建つ「フラトンホテル」

美しくライトアップされたカバナ橋とアンダーソン橋をくぐり抜けると、マリーナベイは目の前です。

シンガポール・リバークルーズでフラトンホテルを通過
フラトンホテル手前にかかるカバナ橋

■ 正面からマーライオンにご対面!

湾の入り口で出迎えてくれるのは、シンガポールの守り神「マーライオン」

シンガポール・リバークルーズで船上からマーライオンを拝む

正面からマーライオンに会えるのは、リバークルーズならでは。乗客が写真撮影できるよう、船を左右に旋回してくれます。

■ マリーナ湾のレーザーショー「スペクトラ」

マーライオンを後に、ボートはマリーナ湾をくるっと一周。

南岸には金融街の摩天楼、東岸にはマリーナベイサンズ、北岸には、ドリアンの形をしたエスプラネードシアターが望めます。

リバークルーズから見るマリーナベイのレーザーショー「スペクトラ」

毎日20時、21時(金・土曜のみ22時の回もあり)には、マリーナベイサンズの光と水のショー「スペクトラ」が開催。

このショーを船上から鑑賞できる「レーザーショークルーズ」は、19時半と20時半に出航する特別便。

大人$38、子供$22と、通常のリバークルーズより若干値段もアップ。

リバークルーズから見るマリーナベイのレーザーショー「スペクトラ」

ただ、わざわざ「レーザーショークルーズ」に乗らなくても、特別便の次に乗ることができれば、15分間続くレーザーショーの間に、マリーナに到着するチャンスあり!狙い目です。 

光と水のシンフォニー「SPECTRA」開催時間

日~木20:00、21:00

金・土20:00、21:00、22:00

上演時間各15分間

金融街の摩天楼に向かって進むシンガポール・リバークルーズ

眼前に広がるシンガポール金融街の摩天楼は、まるで宇宙に浮かぶ未来都市のよう。圧巻です!

 


今回は、マリーナベイサンズ南側にある桟橋「ベイフロント・サウス」で途中下船。

クラークキーからマリーナベイサンズへの移動を兼ねて、約半周というショートトリップでしたが、マーライオンやレーザーショーも十分堪能できました。

船に揺られながら、老若男女、誰でも気軽に楽しめる「リバークルーズ」。シンガポール観光で、自信を持っておすすめできるアトラクションの一つです。

Singapore River Cruise

営業時間9:00〜23:00(最終ボートは22時半出発)

所要時間1周約40分

料金大人$25、子供$15(3才から12才)

サイトrivercruise.com.sg/

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ