きらめく夜景!シンガポール川〜マリーナベイを巡る「リバークルーズ」

【更新】運航再開後の最新情報

都心部を東南に貫くシンガポール川

シンガポール黎明期の19世紀には、積荷を乗せた小型船が行き交った海洋貿易の大動脈

開発・観光地化が進んだ現在、交易船の代わりに、観光船「リバークルーズ」川の主役となっています。

高層ビルを背景にシンガポールリバーを行き交う観光船

今回は、人気の観光アトラクション「リバークルーズ」の見所・コース料金、乗船場所など、詳しくレポート。

コロナ後、運航を再開したクルーズは、以前とは異なる点もあるので、一緒にチェックしていきましょう。

 


シンガポール・リバークルーズとは?


■  リバークルーズとリバータクシー

シンガポール川で船の往来があるのは、上流域にあたる「ロバートソンキー」「クラークキー」「ボートキー」、下流の河口部にあたる「マリーナベイ」「マリーナ・サウス」までの区間。

左岸・右岸に計13の船着場が点在しています。

シンガポール川を巡航する船は、以下の2種類。

  内容
リバークルーズ

月〜木13:00〜22:00
金・土・日・祝10:00〜22:00

シンガポール川の上流〜マリーナベイを、1周約40分で遊覧する観光用クルーズ。現在は発着はクラークキーの船着場からのみ。
シンガポール・リバークルーズの概要

リバータクシー

現在、一時休止中

平日の朝と夕方の通勤時間帯のみ運航。
ロバートソンキー、クレマンソー、クラークキー、ボートキー, エスプラネードの5地点を結ぶ。マーライオンやマリーナベイサンズの船着場にはストップしない。
支払いはEZ-LinkカードもしくはNETSのみで、現金払い不可

リバークルーズ社のリバータクシーが停船する5つのジェッティ

ここからは観光用遊覧船「リバークルーズ」のほうに焦点をあて、説明していきます。

 


人気の観光遊覧船「リバークルーズ」


■ リバークルーズの営業時間・所要時間

リバークルーズの営業時間は以下のとおり。

  • 月〜木    13:00pm〜22:00pm
  • 金・土・日・祝  10:00am〜22:00pm

1時間に1本の運航で、最終ボートの出発は月〜木21時、金・土・日・祝は22時。クルーズの所要時間は約40分となっています。

マリーナベイサンズの正面を進む観光船「リバークルーズ」

朝・昼・夜、どの時間帯のリバークルーズも楽しいですが、一番のおすすめは日が暮れてから

川面を流れる涼しい風に吹かれながら、シンガポールのきらめく夜景の中を進んでいくナイトクルーズは最高です。

Singapore River Cruise

営業時間上記のとおり

所要時間1周約40分

料金大人$25、子供$15(3才から12才)

サイトrivercruise.com.sg/

 

■ リバークルーズの乗り場・周遊コース

シンガポールリバー上流のクラークキーから、河口部のマリーナベイの間を反時計周りに遊覧する「リバークルーズ」。

1周約40分

シンガポール・リバークルーズのルートと8つの船着場
© River Cruise

コース沿いには、ラッフルズ卿上陸ポイント、マーライオン、マリーナベイサンズといったシンガポールの名所が多数。

地上からの眺めとは一味異なる、船上からの景色を堪能しましょう。

 

■ リバークルーズの乗り場:現在はクラークキー発着のみ

ルート上に8つの船着場が設置された「リバークルーズ」。

コロナ前は、どの船着場からでも乗り降りが可能でしたが、現時点では①のクラークキー乗り場からの発着のみとなっています。

  場所 メモ
クラークキー フーターズの前。リバークルーズの発着数が最も多いメイン乗船場
リードブリッジ チリクラブの有名店「ジャンボ」(リバーサイドポイント店)の近く
ボートキー ボートキーの岸に並ぶ飲食店街の真ん中あたり
フラトン フラトンホテルの横
マーライオン公園 マーライオン像のすぐ横
ベイフロント・サウス マリーナベイサンズの南端にある桟橋
エスプラネード エスプラネードの屋外シアターのそば
プロムナード 巨大観覧車「シンガポール・フライヤー」のそば
 
クラークキー乗り場の場所は、こちらの地図で参照してください。

 

■ リバークルーズの料金とチケット売り場

リバークルーズのチケットは、船着場の横に併設されたチケット売り場で買うことができます。

シンガポール・リバークルーズのチケット売り場
クラークキーのチケット売り場

「リバークルーズ」のチケット価格は下記のとおり。

支払いは、各種クレジット・現金に対応しています。

シンガポール・リバークルーズのチケット

レーザーショークルーズとは、マリーナベイサンズのショー「スペクトラ」(毎夜20時と21時)を船上から鑑賞することができる特別便。1日2回、19時半と20時半に出航します。

  大人 子供(3〜12才)
通常リバークルーズ $25 $15
レーザーショークルーズ $38 $22

チケットは、公式ホームページからの購入が可能。

楽天会員だったら、楽天ポイントが使える・貯まる楽天トラベル観光体験での予約・購入が便利です。

予約完了後、メールで送られてくるeチケットのQRコード(印刷不要・スマホ画面でオッケー)をチケット売り場で見せれば、紙のチケットと交換してくれます。

楽天で「リバークルーズ」のチケット購入

 


シンガポール・リバークルーズの見所


■ クラークキーからナイトクルーズに出発!

リバークルーズの主体となるクラークキー乗り場(地図)は、MRTクラークキー駅のE出口から徒歩約5分。

川沿いにバーやレストランが集まるクラークキーは、夜になるとカラフルなイルミネーションに彩られ、一層華やかな雰囲気に。

シンガポール・リバークルーズのクラークキーの乗り場

リバークルーズといっても、大型クルーザーに乗るわけではありません。

開拓時代、シンガポール川を行き来していた「トンカン」を再現したレトロな木造船がリバークルーズの相棒。

屋根のある前方部分のベンチシートと、最後尾の屋外デッキスペースに分かれた小型ボートは、定員45人ほど。

席は指定席ではなく、早いもの順に好きなところに座っていくシステムです。

クラークキーから出発するシンガポール・リバークルーズ

クラークキーを出航し、ゆっくりと下流へと進むボート。

リバーサイドに軒を連ねる飲食店と、オフィス街の高層ビルが共存するボートキー。船内を吹き抜ける心地よい風を感じながら、川沿いの風景を楽しみます。

観光船「リバークルーズ」の窓からの眺め

シンガポールリバーが湾に合流する河口部に建つ「フラトンホテル」

シンガポール・リバークルーズでフラトンホテルを通過
フラトンホテル手前にかかるカバナ橋

美しくライトアップされたカバナ橋とアンダーソン橋をくぐり抜けると、マリーナベイはすぐそこです。

■ 正面からマーライオンにご対面!

湾の入り口で出迎えてくれるのは、シンガポールの守り神「マーライオン」

シンガポール・リバークルーズで船上からマーライオンを拝む

正面からマーライオンに会えるのは、リバークルーズならでは。乗客が写真撮影できるよう、船を左右に旋回してくれます。

■ 船上から見るマリーナベイサンズのショー

マーライオンを後に、ボートはマリーナ湾をくるっと一周。

マリーナベイサンズの正面に来たところで、リバークルーズは最高潮を迎えます。

マリーナベイサンズの正面を進むリバークルーズ

マリーナベイでは、毎日20時・21時(金・土曜のみ22時の回もあり)に、光と水のショー「スペクトラ」が開催。

リバークルーズの船上から見るマリーナベイのレーザーショー「スペクトラ(Spectra)」

このショーを船上から鑑賞できる特別便「レーザーショークルーズ」は毎日2回、19時半と20時半に出航。追加料金が必要となります。

光と水のシンフォニー「SPECTRA」

日時日〜木20:00・21:00、金・土20:00、21:00、22:00

上演時間各15分間

リバークルーズから見るマリーナベイのレーザーショー「スペクトラ」

わざわざ「レーザーショークルーズ」に乗らなくても、特別便の次に乗ることができれば、15分間続くレーザーショーの間に、マリーナに到着するチャンスあり!

狙い目です。 

金融街の摩天楼に向かって進むシンガポール・リバークルーズ

キラキラと輝くシンガポールの摩天楼は、息を飲む美しさ。

まるで銀河に浮かぶ天の川を渡るように、ゆっくりと光の中を進んでいく―――夢のような時間を満喫できました。

 


老若男女、誰でも楽しめる「リバークルーズ」。シンガポール観光で、ぜひ体験していただきたいおすすめ度120%のアトラクションです。

楽天で「リバークルーズ」のチケット購入

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ