半日モデルプラン「シンガポール動物園」見どころとおすすめの回り方

年間約190万人が訪れるシンガポールの人気スポット「シンガポール動物園(Singapore Zoo)」

「ナイトサファリ」リバーワンダーと並び、シンガポール3大動物園の一つに数えらています。

シンガポール動物園の入口広場の看板

鬱蒼としたジャングルの奥に広がる園内では、生息地に近い自然な環境で動物の飼育を行う「オープン・コンセプト」を採用。

野生動物たちのありのままの生態を、間近に観察することができます。

今回、広大な「シンガポール動物園」を半日で満喫するモデルプランを作成。

動物はもちろん、ショーにアクティビティー、レストランなど、見逃せないポイントを効率的に回る方法を伝授いたします!

 


シンガポール動物園の基本情報


■ 営業時間とピークシーズンの混雑

  • 開園時間 8:30am〜18:00pm
  • 定休日  なし

年末年始・旧正月など関係なく、年中無休でオープン。

来園者の多くなる土日やホリデーシーズンは混雑が気になりますが、一旦パークに入ってしまえば、広い園内で気になるほどではありません。

ただし昼食時のレストランが混み合うのは覚悟しましょう。

閉園時間は午後6時ですが、最終入場は午後5時まで。

 

■ シンガポール動物園のチケット料金・購入

入場チケットの料金は、以下のとおり。

シンガポール動物園だけでなく、3大動物園の複数パークを1日で回れるマルチチケットもあり。

チケットは、公式ホームページからの購入が可能。

  大人 子供(3〜12才)
シンガポール動物園 $48 $33
シンガポール動物園+リバーワンダー $78 $50
シンガポール動物園+リバーワンダー+ナイトサファリ $98 $70

楽天会員だったら、楽天ポイントが使える・貯まる楽天トラベル観光体験での購入が便利です。

予約完了後、メールで送られてくるeチケットのQRコード(印刷不要・スマホ画面でオッケー)を、入口で見せるだけ。

万が一、当日行けなくなっても90日間有効で安心。

楽天で「シンガポール動物園」のチケット購入

 

■ シンガポール動物園への行き方

シンガポール北部の郊外、マンダイ野生動物保護区に位置する「シンガポール動物園」

電車を使って行く方法もありますが、周辺には駅がないため、MRTの駅から更にバスに乗り継がなくてはなりません。

よっぽど時間があるという人以外は、手取り早くタクシーで行きましょう。シンガポールの市街中心部から30〜40分ほど。

アクセス方法については、別途詳しく記載していますので、下記をご参照ください。

 

■ 持ち物や服装について

また、シンガポール動物園はピクニック・エリアがあり、フードやドリンクの外部からの持ち込みがオッケー。屋外エリアが多いので、暑さ・日焼け対策、水分補給のドリンクなどを準備して出掛けましょう。

  • 帽子・日傘
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • 虫よけスプレー
  • 飲み物

 


シンガポール動物園の地図・楽しみ方


■ 園内マップと所要時間

「シンガポール動物園」の面積は、東京ドームの約5.5倍にあたる26ヘクタール

シンガポール動物園の地図マップ
クリックで拡大表示 © Singapore Zoo

世界各地の生態系を再現した11のゾーンに区分けされた園内。貴重な絶滅危惧種を含む約300種2,800匹の哺乳類、鳥類、爬虫類が生息しています。

ゾーン 主な動物
オーストラレージア カンガルー、ワラビー、ヒクイドリ
エレファント・オブ・アジア ゾウ
フラジャイル・フォレスト ピグミーマーモセット、オオコウモリ、リュウキュウムラサキ
エチオピア大地溝帯 マントヒヒ、ミーアキャット、ヌビアアイベックス
霊長類の王国 クロザル、ドゥクラングール、パタスモンキー
レインフォレスト・キッズワールド ウサギ、ヤギ、ポニー
爬虫類の庭 ゾウガメ、コモドドラゴン、イリエワニ
レプトピア ジュウジメドクアマガエル、アゴヒゲトカゲ
トータス・シェルター ビルマホシガメ、インドホシガメ
ツリートップス・トレイル ブラウンキツネザル、シロガオサキ
ワイルド・アフリカ ライオン、ヒョウ、チーター、キリン、シマウマ、シロサイ

シンガポール動物園での所要時間は、アクティビティ(ショー・餌やり)への参加、レストランでのランチを含めると約6時間前後

アクティビティをスキップしたり、駆け足で回れば、もっと短縮することも可能です。

 

■ 無料!4つの乗り場を巡回するトラム

広大な園内の移動には、トラムが便利。トラム乗車は入場料に含まれているので、追加料金は不要

シンガポール動物園の園内トラム

パーク内の4つの乗り場を反時計回りに巡回しています。

 

■ シンガポール動物園の回り方

園内を回る順路については、特に決まりはありません。

まずは、参加したいアクティビティ・ショーの時間を確認してから、進む方向・ルートを決めるのがポイント。

ショーは全て無料で、予約不要です。

ショー 場所 時間
スプラッシュ・サファリ ショーファンデーション・アンフィシアター 11:30am、17:00pm
アニマル・フレンズ レインフォレスト・キッズワールド 13:30pm、16:00pm
レインフォレスト・ファイトバック ショーファンデーション・アンフィシアター 12:00pm、14:30pm

対する、餌やり体験は競争率も高く、早めの予約が必須。

餌やり体験 場所 時間
ゾウ エレファント・オブ・アジア 9:30am, 11:45am, 16:30pm
キリン ワイルド・アフリカ 10:45am, 13:50pm, 15:45pm
ヤギ レインフォレスト・キッズワールド 11:30am, 15:30pm
シロサイ ワイルド・アフリカ 13:15pm
ゾウガメ 爬虫類の庭 13:15pm

アクティビティの予約は公式サイトから。餌代として$8がかかります。

Feed the Animals

サイトwww.mandai.com/

 

見どころと半日モデルプラン


09:00am

■ 週末・祝日限定!動物たちとの朝食

「アーメン・レストラン」で、土・日・祝日に開催されているのが「ブレックファスト・イン・ザ・ワイルド」

動物たちと一緒に朝食がとれる、またとないチャンスです。

登場するのは、コアリクイ、アカハナグマ、コンゴウインコ、そしてオラウータンなど、日によって変わります。

オラウータンと一緒に朝食を食べる「ジャングル・ブレックファスト」
© Singapore Zoo

座席は、基本的に早いもの勝ちの先着順。動物たちに近い前列中央のテーブルに座りたい場合は、早めに行くべし。かわいい動物たちとの記念撮影も可能。

朝食はビュッフェ形式。ローカルフードから西洋料理まで幅広いメニューが楽しめます。

要予約です。

Breakfast in the Wild

日時土・日・祝日のみ、午前9:00〜10:30

場所アーメンレストラン(テラス)

料金大人$45、子供$35(6〜12才まで)

サイトwww.mandai.com/

 

10:30am

■ アシカ・ショー「スプラッシュ・サファリ」

次に目指すのは、アーメンレストランから少し歩いたところにある「ショーファンデーション・アンフィシアター(Shaw Foundation Amphy Theatre)」

毎日2回、アシカのショー「スプラッシュ・サファリ」が実施されています。

シンガポール動物園の「スプラッシュ・サファリショー」
© Singapore Zoo

ショーは、約20分間。キュートなアシカが水上で跳ねたりジャンプしたりと、華麗なパフォーマンスを見せてくれます。

舞台中央のプール付近に設定されているスプラッシュ・ゾーンは、水がかかる可能性のあるエリア。濡れたくない人は、それ以外の場所に座りましょう。

  場所 時間
スプラッシュ・サファリ ショーファンデーション・アンフィシアター 10:30am、17:00pm

 

10:50am

ここからは、「霊長類の王国」〜「エレファント・オブ・アジア」〜「オーストラレージア」、「エチオピア大地溝帯」と、園内の左側をめぐります。

■ 5頭のアジアゾウが暮らすサンクチュアリ

絶滅の危機に瀕しているスマトラゾウを含む、5頭のアジアゾウが暮らす「エレファント・オブ・アジア」。5頭ともすべてがメスという女の園です。

シンガポール動物園のゾウ長い鼻をゆらしながら、ゆったりと歩く姿がキュート!

芸達者なゾウたちが多彩な技を披露してくれるショー「エレファント・プレゼンテーション」は、一時休止中です。

  場所 時間
エレファント・プレゼンテーション エレファント・オブ・アジア 一時休止中

 

■ おなじみの動物から貴重種まで

「エレファント・オブ・アジア」を抜けると、「オーストラレージア」と、「エチオピア大地溝帯」周辺。

おなじみカンガルーやワラビーから、見たことのない動物たちまで、次から次へと出会えます。

シンガポール動物園のカンガルー

 

■ 白い毛皮にブルーの瞳!ホワイトタイガー

「ホワイトタイガー」のエリアにやってきました。

シンガポール動物園のホワイトタイガー

白い毛皮に、クリスタルブルーの瞳。気高く美しい姿に目が釘付け!

池に飛び込んだり、ボールで遊んだり、珍しい姿を見せてくれたサービス精神旺盛な?ホワイトタイガー。

シンガポール動物園のホワイトタイガー

 

12:15pm

■ 「アーメン・レストラン」でランチ

ホワイトタイガーの施設から、園内の中央にある「アーメンレストラン」周辺に戻ってきたところで、ランチタイム!

「シンガポール動物園(Singapore Zoo)」のアーメン・レストラン(Ah Meng Restaurant)

レストラン内には、ローカルフードから中華、ウエスタンまで、いろんな料理が揃っています。

「シンガポール動物園(Singapore Zoo)」のレストランで食べたナシレマ
シンガポール名物の一つ「ナシレマ」

そんなにお腹が空いていないなら、キュートな動物型の蒸しまんじゅうはいかが?

パンダはあんまん、ホッキョクグマはコーンカスタードのクリームが入り。

 

13:00am

■ サバンナの世界「ワイルド・アフリカ」

今度は、園内右側にある一大ゾーン「ワイルド・アフリカ」へと出発

シンガポール動物園のチーター

ここは、チーター、ライオン、シマウマ、ヒョウなどの肉食獣と、シロサイ、シマウマ、キリンなど、アフリカのサバンナに生息する野生動物の宝庫。

「シンガポール動物園(Singapore Zoo)」の「ワイルド・アフリカ」の動物たち

 

13:50am

■ 予約必須!ドキドキの「餌やり体験」

動物たちと触れ合える「餌やり体験」は、「シンガポール動物園」の人気アクティビティの一つ。

  場所 時間
ゾウ エレファント・オブ・アジア 9:30am, 11:45am, 16:30pm
キリン ワイルド・アフリカ 10:45am, 13:50pm, 15:45pm
ヤギ レインフォレスト・キッズワールド 11:30am, 15:30pm
シロサイ ワイルド・アフリカ 13:15pm
ゾウガメ 爬虫類の庭 13:15pm

今回は、13時50分からワイルド・アフリカで実施されるキリンの餌やりに挑戦

シンガポール動物園で「キリンの餌やり」体験
© Singapore Zoo

動物の顔が近づくドキドキの瞬間。シャッターチャンスをお見逃しなく!

 

14:30am

■ 「レインフォレスト・ファイトバック」

もう一つの人気ショー「レインフォレスト・ファイトバック」を観覧。

「スプラッシュ・サファリ」と同じショーファンデーション・アンフィシアターで開催されます。

シンガポール動物園のアニマルショー

20分ほどのショーの最後は、ショーで活躍した動物との写真タイム

シンガポール動物園の「レインフォレスト・ファイトバック」ショー

動物たちとの至近距離での記念撮影は、忘れられない思い出になりますね。

  場所 時間
レインフォレスト・ファイトバック ショーファンデーション・アンフィシアター 12:00pm、14:30pm

 

このショーを見終わると、時刻はだいたい15時前後。午前中から約6時間に及ぶ「シンガポール動物園」半日プランの終了。

暑い中での散策、お疲れさまでした!

 


帰路につく前に


■ 「ギフトショップ」でお土産さがし

帰る前に、入口ゲート近くにあるギフトショップをチェック。

「シンガポール動物園(Singapore Zoo)」の入口横にあるギフトショップ

ぬいぐるみやTシャツといったお土産の定番から、デザイン性の高い雑貨小物まで、動物をテーマにした素敵な商品が揃っています。

「シンガポール動物園(Singapore Zoo)」のギフトショップで売ってるお土産

シンガポール動物園のお土産さがしにぴったりです。

 

■ 帰りのタクシー乗り場

往復送迎付きのツアーなどで来ていない場合、気になるのが帰りの足。

「リバーワンダー(River Wonders)」タクシー乗り場

Grabなどの配車アプリで車を呼べればベストですが、なかなかつかまらない時間帯・時期も。

その場合、駐車場エリア(往路で降ろされた場所)に、タクシー乗り場があるので、ここでタクシーを拾いましょう。

 


「シンガポール動物園」総評


「シンガポール動物園」、「ナイトサファリ」、「リバーワンダー」と、シンガポールに3つ動物園の中で、まさに王道をゆくのが「シンガポール動物園」。

  • 熱帯ジャングルに囲まれた自然の環境
  • ホワイトタイガーやアジアゾウ
  • エンターテインメント性の高いショー
  • 餌やりなどの貴重な体験

など、子どもから大人まで楽しめる魅力がいっぱい。

ただ、広大な園内を歩き回るのは、思った以上に体力を消耗するので、無理のないプランで楽しんでください!

 

楽天で「シンガポール動物園」のチケット購入

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ