「シンガポール動物園」でするべき5つのコト!半日満喫モデルプラン

年間190万人が訪れるシンガポールの人気スポット「シンガポール動物園」

「ナイトサファリ」「リバーサファリ」と並び、シンガポール3大動物園と称される野生動物保護区の一つです。

シンガポール動物園の入口広場の看板

日没後にオープンする夜の「ナイトサファリ」に対して、昼の「シンガポール動物園」などと紹介されることも多いのですが、ここを普通の動物園だと思ったら大間違い!

今回、朝から、帰りのシャトルバスが出る14時半までを想定した半日モデルプランで、「シンガポール動物園」の楽しみ方を伝授いたします。

 


シンガポール動物園の基本情報


■ 営業時間とピークシーズンの混雑

  • 開園時間8:30am〜18:00pm
  • 定休日なし

観光立国シンガポールの人気スポットというだけあって、年末年始・旧正月など関係なく、年中無休でオープンしている「シンガポール動物園」。

来園者の多くなる土日やホリデーシーズンは、混雑が気になりますが、チケット窓口で多少並ぶことがあるくらい。

一旦パークに入ってしまえば、広い園内で気になるほどではありません。ただし昼食時のレストランが混み合うのは覚悟しましょう。

■ シンガポール動物園への行き方

シンガポール北部の郊外、鬱蒼とするジャングルの奥に位置する「シンガポール動物園」。シンガポールの市街中心部からは、タクシーで30〜40分、シャトルバスで約1時間ほど。

アクセス方法については、別途詳しく記載していますので、下記をご参照ください。

■ 持ち物や服装について

また、シンガポール動物園は、ピクニック・エリアがあり、フードやドリンクの外部からの持ち込みがオッケー。暑いので、水分補給のための飲み水は必須です。

  • 飲み水(ペットボトルなど)
  • 帽子・日傘
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • 虫よけスプレー

■ 最新情報は公式ホームページでチェック

イベントやショーのスケジュールなどの最新情報は、下記の公式ホームページで確認してください。

シンガポール動物園(Singapore Zoo)

 


シンガポール動物園のマップ


■ シンガポール動物園の地図

「シンガポール動物園」の面積は、東京ドームの約5.5倍にあたる26ヘクタール

シンガポール動物園のマップ・地図
クリックで拡大表示 © Singapore Zoo

世界各地の生態系を再現したゾーンに区分けされ、貴重な絶滅危惧種を含む約300種2,400頭の動物が生息しています。

  主な動物
ツリートップス・トレイル ブラウンキツネザル、シロガオサキ
エチオピア大地溝帯 マントヒヒ、ミーアキャット、ヌビアアイベックス
オーストラージア カンガルー、ワラビー、ヒクイドリ
霊長類の王国 クロザル、ドゥクラングール、パタスモンキー
エレファント・オブ・アジア ゾウ
フローズン・ツンドラ タヌキ、クズリ
ワイルド・アフリカ ライオン、ヒョウ、チーター、キリン、シマウマ、シロサイ
爬虫類の庭 ゾウガメ、コモドドラゴン、イリエワニ
フラジャイル・フォレスト ピグミーマーモセット、オオコウモリ、リュウキュウムラサキ
レインフォレスト・キッズワールド
ウサギ、ヤギ、ポニー

■ シンガポール動物園の回り方

チケットカウンターで入場券をゲットしたら、すぐ左横にあるゲートから、いざ入園!

シンガポール動物園のチケット

回り方について、特に決まりはありませんが、スタートする前に、見たい動物、参加したいショーやアクティビティなどの時間を確認して、だいたいの目星をつけてから動くのがおすすめ。

そうでないと、シンガポール動物園はかなり広いので、右へ左へ行ったり来たりする羽目に。

■ 園内4つの乗り場を巡回するトラム

シンガポール動物園の園内トラム

また離れている場所への移動は、トラムを使うのも手。トラムは、園内の4つの乗り場を反時計回りに巡回しています。

 


1. オラウータンとの朝食「ジャングル・ブレックファスト」


■ シンガポール動物園でオラウータンとの朝食

朝一番、開園時間の8時半に乗り込んで、真っ先にすることといえば、腹ごしらえ!

オラウータンと一緒に朝食を取れる「ジャングル・ブレックファスト」は、シンガポール動物園の人気アクティビティの一つ。

「アーメン・レストラン」毎朝9時から開催されています。

オラウータンと一緒に朝食を食べる「ジャングル・ブレックファスト」
© Singapore Zoo

「ジャングル・ブレックファスト」の座席は、基本的に早いもの勝ちの先着順オラウータンに近い前列中央のテーブルに座りたい場合は、早めに行くべし。

9時半になると、お待ちかねのオラウータンが登場。参加者は、一緒に写真撮影することができるので、列に並びましょう。

朝食はビュッフェ形式。ローカルフードから西洋料理まで幅広いメニューが楽しめます。

場所 アーメンレストラン
時間 午前9:00〜10:30(毎日開催)
料金
大人$35
子供$25(6〜12才まで)

「ジャングル・ブレックファスト」の朝食は大人気なので、あらかじめの予約が必須。

シンガポール動物園の入場券と「ジャングル・ブレックファスト」がセットになったお得なチケットは、下から購入できます。

《10%OFF》ジャングル・ブレックファスト朝食付+シンガポール動物園の割引チケット

 


2. シンガポール動物園で必見のアシカ・ショー


午前10時すぎ、オラウータンが帰っていったところで、朝食を終えて、そろそろ次に向かいます。

■ 人気のアシカ・ショー「スプラッシュ・サファリ」

目指すのは、10時半からスタートするアシカのショー「スプラッシュ・サファリ」

アーメンレストランから少し歩いたところにある「ショウファンデーション・アンフィシアター(Shaw Foundation Amphy Theatre)」で、1日2回行われています。

シンガポール動物園の「スプラッシュ・サファリショー」
© Singapore Zoo

キュートなアシカが水上で跳ねたりジャンプしたりと、華麗なパフォーマンスを見せてくれます。

  場所 時間
スプラッシュ・サファリ ショウファンデーション・アンフィシアター 10:30am、17:00pm

 


3. 芸達者なゾウたちが繰り広げるのショー


1回目のアシカ・ショー「スプラッシュ・サファリ」が終わるのが、だいたい午前11時前。

ここからは、しばらく動物たちを見て回りましょう。

「霊長類の王国」〜「エレファント・オブ・アジア」〜「オーストラジア」、「エチオピア大地溝帯」と、とりあえず園内の左半分を攻めてみることに。

■ ゾウと「エレファント・プレゼンテーション」

シンガポール動物園のゾウシンガポール動物園には、5匹のメスの「アジアゾウ」がいます。長い鼻をゆらしながら、ゆったりと歩く姿が可愛らしい!

ちょうど午前11時半からは、芸達者なゾウたちが多彩な技を披露してくれるショー「エレファント・プレゼンテーション」があるので、是非お見逃しなく。

  場所 時間
エレファント・プレゼンテーション エレファント・オブ・アジア 11:30am、15:30pm

 


4. シンガポール動物園で野生動物たちに会う


■ おなじみの動物から見たことのない貴重種まで

「エレファント・オブ・アジア」を抜けて、「オーストラージア」と、「エチオピア大地溝帯」周辺を探索。

シンガポール動物園のカンガルー

おなじみカンガルーやワラビーから、見たことのない動物たちまで、次から次へと出会えます。

■ ホワイトタイガー

そして、遂にやってきたのが、「ホワイトタイガー」のエリア。

シンガポール動物園のホワイトタイガー

白い毛皮に覆われた、気高く美しい姿に目が釘付け!

ジィーっと見つめていたら、 こちらへと一直線にやってきたホワイトタイガー。『視線があった!?』と思ったら、池に浮かんでいるボールがお目当だったようです。

シンガポール動物園のホワイトタイガー

ホワイトタイガーの施設から、園内の中央にある「アーメンレストラン」周辺に戻ってきたところで、時刻はだいたい12時半過ぎ

レストランの席が空いていれば、ランチもいいですが、混雑ですぐ座れない場合は、レストランに並ぶよりも先に進みましょう。

いずれにせよ、こまめな休憩と水分補給は忘れずに!

■ サバンナを生きぬく肉食獣の世界

今度は、園内右側にある一大ゾーン「ワイルド・アフリカ」へと出発

シンガポール動物園のチーター

ここは、チーター、ライオン、シマウマ、ヒョウなどの肉食獣と、シロサイ、シマウマ、キリンなど、アフリカのサバンナに生息する野生動物の宝庫。

シンガポール動物園の「ワイルド・アフリカ」の動物たち

 


5. シンガポール動物園で餌やり体験


■ キリンやゾウと間近に感じる「餌やり体験」

「シンガポール動物園」最後のメインイベントとして、残っているのが「餌やり体験」

  場所 時間
ゾウ エレファント・オブ・アジア 9:15am, 13:30pm, 14:30pm
キリン ワイルド・アフリカ 10:45am, 13:50pm, 15:45pm
ヤギ レインフォレスト・キッズワールド 11:30am, 15:30pm
シロサイ ワイルド・アフリカ 13:15pm

メモ

餌やりは人気のうえ、参加人数に限りがあるため、開始時間の15分前には開催場所に行って、並んでおくようにしましょう。
ちなみに、参加そのものは無料ですが、与える餌は別途購入する必要あり。

 

ゾウ、キリン、ヤギ、シロサイなど、餌やりが可能な動物のなかで、今回はキリンの餌やりに挑戦

3回あるフィーディングタイムのうち、13時50分からの回に参加します。

シンガポール動物園で「キリンの餌やり」体験
© Singapore Zoo

キリンの餌やりが終わったころには、時刻は2時過ぎ。ここまで朝早くから、暑い中、園内を歩き回ること約5〜6時間。メインどころは、だいたい制覇しました!

体力も限界にきたところで、2時半のシャトルバスに乗って、市内へ帰れば、おすすめ半日プランは無事終了です。

《送迎バス》シンガポール市内〜動物園 シャトルバス乗車チケット

 

 


体力・時間のある人に! 他のアクティビティ


いやいや、

『まだまだ体力も時間も十分!』

『2時半で帰るなんて早すぎる!』

という遊び足らない人向けに、さらにアクティビティをご紹介。

■ 「レインフォレスト・ファイトバック」

「スプラッシュ・サファリ」と同じシアターで行われる、もう一つのショーが「レインフォレスト・ファイトバック」

シンガポール動物園のアニマルショー

20分ほどのショーの最後は、ショーで活躍した動物との写真タイム。動物たちとの至近距離での記念撮影は、忘れられない思い出になりますね。

シンガポール動物園の「レインフォレスト・ファイトバック」ショー

  場所 時間
レインフォレスト・ファイトバック ショウファンデーション・アンフィシアター 12:30pm、14:30pm

■ シンガポール動物園でポニーライド

シンガポール動物園の一番奥にある「レインフォレスト・キッズワールド」

ちびっこたちが、楽しく動物たちに触れ合うためのエリアで、ウサギ小屋や、ヤギの餌やり体験などのアクティビティが充実。

シンガポール動物園の「ポニーライド」
© Singapore Zoo

なかでも人気なのが「ポニーライド」

かわいいポニーに乗って、小さなコースを回ります。ちゃんとインストラクターがついてくれるので、安全面でも安心。

チケットは、レインフォレスト・キッズワールド内にあるチケットカウンターで購入できます。参加できるのは、身長120cm以下の子供のみ。

ChildS$ 6.00
場所 レインフォレスト・キッズワールド
料金
子供$6(身長120cm以下)

■ キッズが大喜び!水遊び「ウェット・プレイエリア」

同じく「レインフォレスト・キッズワールド」にあるのが、子供たちが水遊びできる「ウェット・プレイエリア」

シンガポール動物園の「ウェットプレイエリア」
© Singapore Zoo

動物を型どった遊具に、ウォータースライダーや噴水シャワーなど、子どもたちが喜ぶ仕掛けがいっぱい。

遊ぶ予定がある場合、水着を持っていきましょう。

 


シンガポール動物園のお土産・ショップ


■ 「マンダイマート」でお土産さがし

ゲート近くにあるギフトショップ「マンダイマート」は、シンガポール動物園のお土産さがしにぴったり。

人気のぬいぐるみから、Tシャツなど、幅広い人に喜ばれるグッズが揃います。

シンガポール動物園のギフトショップ
© Singapore Zoo

■ キュートな軽食が揃う「ワイルドデリ」

マンダイマートの隣にある「ワイルドデリ」では、軽食フードを販売。

動物を型どったパンや肉まんなど、かわいすぎて食べられない!? インスタ映えも抜群!

シンガポール動物園のデリで売っているパンやパオ

 

《10%OFF》ジャングル・ブレックファスト朝食付+シンガポール動物園の割引チケット

 

《送迎バス》シンガポール市内〜動物園 シャトルバス乗車チケット

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ